犬と歩く夙川

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/fukuchan

日の名残り

ヨーロッパの貴族の館を舞台にした映画はセットの中に様々な本物が出てくるので、好きです。族の館の執事が主人公だということで カズオイシグロの『日の名残りDVDで見て、原作を読みました。

活字は好きですが、文学作品は好みがものすごくはっきりしていて、合わないものは疲れるのであまり読みません。でもこの方の作品は何冊か読もうと思って持ってます。まさかノーベル賞をとられるとはと、びっくりしました。

動画は字幕入りでyoutubeでも見ることができます。
もう一度、読み直して見ましょう。








goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061521/p11667893c.html
本のはなし | コメント( 2 )

このアンソニーパーキンスの演技は珠玉の出来だと思います。VHSもDVDも買いました。日本語訳と原書も買って読みました。

[ モンセ分店薬局 薬剤師徒然日記 ] 2017/10/06 20:50:27 [ 削除 ] [ 通報 ]

モンセ分店薬局様 このカットはどうしてもハンニバル・レクターを思い出してしまいます。翻訳物は原語じゃないと微妙なよさはわからないといいますが、原語で読むのはなかなか大変です。

[ ふく ] 2017/10/07 10:02:40 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
二列目の人生 隠れた異才たち
図書館の文庫本、貸出中止
新刊本
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ふくイメージ
西宮を中心に古書や古い新聞に書かれた記事をもとに阪神間の昔をたどったり、出典になった本や古書の紹介をしたり、備忘録的ではありますが、ぼちぼちと更新いたします。もちろん犬の話し、海外ミステリー、書画骨董、食べもの、ワインの話しなども、たまには織り交ぜて書きたいと思います。
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 12月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

おすすめリンク