犬と歩く夙川

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/fukuchan

里むすめ

鳴門金時、なかでも里浦農協の里むすめが美味しいらしい。

わざわざ買いに行かないのですが、
たまたま通った板野の農協直販所で里むすめが一箱千五百円だったので
買ってみました。

と言っても、私はお芋があまり好きではないのて、ローカーボ食にしているので、
程々にして、メインはお犬様です。


冷暗所で湿度を保ちながら保存するのが美味しいお芋を作る方だそうですが、なかなか難しいです。食べ頃のものを購入するほうがよいでしょう。焼き方は低温で焼く、特性のホイルを使う、特別の焼き芋用の鍋を使うなど、いろいろあるようです。


47番だか57番だかの芋が一番美味しいそうですが、これはなかなか市場に出ないそうです。










goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061521/p11667926c.html
たべもの情報 その他 | コメント( 2 )

里浦の芋畑の土は少し塩分を含んでいるので甘味があると農家の人が言ってました。里浦の海岸は良型のキスが釣れるので昔は良く行ったもんです。

[ Z探偵団 ] 2017/10/07 0:45:04 [ 削除 ] [ 通報 ]

Z探偵団様 里浦で検索するとキス釣りのサイトがたくさん出て来てびっくりしました。塩分を含んだ砂地は稲よりも芋の栽培に適していたことや、米の生産調整が行われたりしたため、さつま芋の栽培が増えたそうです。ところが川の上流にダムなどができた結果、砂が上流から流れてこなくなり、砂の入手が問題になって、最近では韓国から砂を輸入していると聞きました。釣りはできませんが、魚売っているところも探してみます。

[ ふく ] 2017/10/07 9:37:51 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
ブリ
フレデリックカッセルの焼き菓子
プリン
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ふくイメージ
西宮を中心に古書や古い新聞に書かれた記事をもとに阪神間の昔をたどったり、出典になった本や古書の紹介をしたり、備忘録的ではありますが、ぼちぼちと更新いたします。もちろん犬の話し、海外ミステリー、書画骨董、食べもの、ワインの話しなども、たまには織り交ぜて書きたいと思います。
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 12月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

おすすめリンク