犬と歩く夙川

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/fukuchan

久世福のだしパック

久世福のだしパック、五種類試してみました。

なんで思ったのはだしってなんだろう。

どんな時に使うか?と言われれば、

一番多いのは吸物か煮浸しでしょうか。

昆布と鰹節でとるとき、昆布のみかどちらかです。

鰹節も上質なものを少量でしょうか。


五種のうち、下の三つは味が濃い、

これのみでスープとして飲めました。

味を補って使うとすれば上の二つ。

それでも他のところの出汁と比べると旨味が強いと思いました。

やはり魚の粉末がメインのものは少し青くささが気になります。

削り節や、干物、昆布の出汁はなかなか難しいです。

煮込みなどはお肉からのお出汁で煮込んだ方が安上がりかなと思いました。














goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061521/p11679619c.html
たべもの情報 その他 | コメント( 0 )
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
ブリ
フレデリックカッセルの焼き菓子
プリン
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ふくイメージ
西宮を中心に古書や古い新聞に書かれた記事をもとに阪神間の昔をたどったり、出典になった本や古書の紹介をしたり、備忘録的ではありますが、ぼちぼちと更新いたします。もちろん犬の話し、海外ミステリー、書画骨董、食べもの、ワインの話しなども、たまには織り交ぜて書きたいと思います。
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 12月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

おすすめリンク