犬と歩く夙川

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/fukuchan

菊正宗 糖質ゼロ

白鶴、月桂冠などから糖質ゼロの酒が出てしばらくたちます。

あまり愛しかないなと思っておりましたが、最近検索すると、純米が菊正から出ていたりするようですね。


煎り酒から発した日本酒ですが、
その展開に恐れ入ります。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061521/p11705839c.html
飲みもの情報その他 | コメント( 2 )

日本酒はまさに糖の権化ですものね。大酒飲みが甘味を生理的に拒む原因ですからね。下戸なのでわからないのですが糖質をなくしてしまって味はどうなるのでしょうか。

[ せいさん ] 2018/01/30 23:21:54 [ 削除 ] [ 通報 ]

せいさん 醸造酒の発酵って酵母が砂糖を餌にしてアルコールと二酸化炭素を生む活動だそうです。あまりアルコール分が多くなると酵母が死んでしまうらしいので、当該のアルコール度数ぐらいになるのだそうです。辛口の場合は砂糖は酵母に食べ尽くされてなくなっているのだそうです。それでもゼロにはなかなかならないと思いますので、どうやって作るのでしょう。調べたことがありません。煎酒を作ってみて思いましたが、昆布と梅干しを一晩清酒につけて翌日それを半分に煮詰めてアルコール分をとばして、鰹節を加えるのですが、すると、鰹と昆布と酒の旨味が残って、梅干しの酸味が加わり、なかなかよい感じのお酢になります。たぶん糖質をなくしても旨味は残ると思いますが...。やはりお酒はふつうにつくったものの方が美味しいと思います。

[ ふく ] 2018/02/02 12:23:25 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
糖質ゼロ酒
煎り酒
Cafe Carpediem
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ふくイメージ
西宮を中心に古書や古い新聞に書かれた記事をもとに阪神間の昔をたどったり、出典になった本や古書の紹介をしたり、備忘録的ではありますが、ぼちぼちと更新いたします。もちろん犬の話し、海外ミステリー、書画骨董、食べもの、ワインの話しなども、たまには織り交ぜて書きたいと思います。
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 8月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

おすすめリンク