犬と歩く夙川

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/fukuchan

徳島の和菓子

インスタ映え関係なくメモのような写真です。



徳島は和三盆が有名ですが、今日いただいた鳴門の鳳月坊の鳴門っ娘、阿波市の結城末広堂の田舎まんじゅう。

どちらも嫌な甘さのない素晴らしい和菓子でした。数寄者の大名のいた城下町周辺はお茶が盛んで、和菓子が美味しいのルールに従えば、徳島の和菓子は美味しいはずだったのです。

徳島って橋ができて近くになりましたが、長らく行ったことのない県でした。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061521/p11706876c.html
和菓子のはなし | コメント( 2 )

「鳴門っ娘」は本物のさつま芋に見えました。
気になって製造元のホームページで確認しました。
おいしそうなので機会があれば買って食べてみたいです。

[ 西野宮子 ] 2018/02/03 21:07:36 [ 削除 ] [ 通報 ]

宮子さん 鳴門という字が鳴門だといわれてもなかなか読めませんでしたが、袋をあけると、ミニ芋が二つでてきました。これはなかなか優れものです。鳴門土産をもらうなら、といってもいただく宛てはありませんが、これがよいです。もう一つのおまんじゅうもこれまた凄いです。みかけのよく似たものはいくらでもありますが、この餡子の味はなかなか真似できません。しっかりしているのに、甘みはそれほどでもなく、後味すっきりでした。こちらは要予約だそうです。

[ ふく ] 2018/02/04 14:04:40 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
佐賀の丸ぼうろと千鳥屋
餡入りのわらび餅
玉天 補遺
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ふくイメージ
西宮を中心に古書や古い新聞に書かれた記事をもとに阪神間の昔をたどったり、出典になった本や古書の紹介をしたり、備忘録的ではありますが、ぼちぼちと更新いたします。もちろん犬の話し、海外ミステリー、書画骨董、食べもの、ワインの話しなども、たまには織り交ぜて書きたいと思います。
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 8月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

おすすめリンク