mamimiのお部屋

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/m4ping3jie

湖南三山 長寿寺

 三つ目のお寺は長寿寺。ここも奈良時代創建のお寺です。

やはり国宝の本堂と春日厨子の他に重要文化財の仏像や図があります。


 本来なら参道は紅葉天井が迎えてくれるはずでしたが、もうピークは過ぎていて

かわりにこんな立て看板が。



 ふくろうの置物も迎えてくれます。他にもいろいろな置物が参道を賑わわせて

いました。



 日もかなり傾いてきて晩秋の趣です。



門を出たところに石の地蔵さんが。赤い前垂れに赤い落ち葉。



 参道の下の紅葉。うーん、もう少し光が欲しい。


 若いころ湖東三山を訪ねたとき、ガイドさんが「滋賀県には京都の次に国宝が

多くある(奈良県よりも)と言っていたのを思い出しました。


 湖国(近江の国)は西日本と東日本をつなぐ接点に位置し、水陸交通の要であったことから多くの歴史の舞台に登場してきました。


 歴史の奥深さを感じた一日でした。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061528/p11685844c.html
自然 | コメント( 4 ) | トラックバック( 0)

フクロウの置物可愛いですね!
何かいわれがあるのでしょうか?

[ ぷりんまろ ] 2017/11/30 10:55:50 [ 削除 ] [ 通報 ]

mamimi様 ちょっとお休みしている間に又々素敵な旅行をなさったのですね〜
お寺のことはよく判りませんが、お写真がとても綺麗に撮れていて世間知らずの私には大変有難く見せて頂いております。
何時も有難うございます。

[ チエリー ] 2017/11/30 23:03:01 [ 削除 ] [ 通報 ]

ぷりんまろ様
いわれは存じませんが、古来西洋では智慧の象徴とされてきたようですし、日本でも「不苦労」や「福老」に通じる縁起物とされてきたようですね。

[ mamimi ] 2017/12/02 13:18:10 [ 削除 ] [ 通報 ]

チェリー様
今年は天候が不順だったり台風が続けてきたりで、街路樹などは紅葉しきらないうちに枯れ落ち葉になったり茶色がかった色づきだったりでしたが、湖南でなんとか今年の紅葉を楽しめました。

[ mamimi ] 2017/12/02 13:22:41 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
湖南三山 常楽寺
善水寺の紅葉
湊かなえの「山女日記」
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
mamimiイメージ
体力。認知力の後退が気になるお年頃の私です。脳の活性化のためにも、せめて週一度ぐらいはブログ更新を目指します。
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 1月 次の月へ
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
今日 合計
ビュー 11 53990
コメント 0 901
お気に入り 0 12

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

おすすめリンク