西宮聖地巡礼

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/moshimoshi

ティファニー

西梅田のティファニーです。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000080132/p11264521c.html
美術館・建造物など | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

回生病院見学会

ふくさんのブログで回生病院のエントランスの建築物が取り壊されることになり、見学会が開かれることを知りました。

奇しくもうちの父が兵庫医大から回生病院へ転院になりそうとの話もあり、ちょっと行ってきました。


マスコミも含めて多くの人が訪れていました。土手の上から写真を撮る人も多数。


西の駐車場側に新しい病棟を建てるようですね。

理事長のお名前が武久さんになっています。

歴代の菊池家の院長が亡くなったため、経営者が変わったとのうわさです。



趣のあるエントランスです。


展示コーナーが設けられていました。歴代院長の紹介、火垂るの墓や旧建築の写真など。

新しい病院には、資料室ができると案内がありました。


病室は全て設備が撤去された後です。


微妙な角度の角の部屋。


幾多の命のドラマがあったのでしょう。

夜中に一人だと怖いかもしれないですね。この廊下。


何か古めかしい看板が。



父がお世話になることになれば、また色々話を聞けるかもしれません。





goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000080132/p11222270c.html
美術館・建造物など | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

正面はレトロな建物ですが中はふつうのやや古めの病院でしたね。
木造校舎のような懐かしい感じの部屋もありましたが、倉庫として使っていたり、
雨漏りするような場所もあったりで建て替えは仕方ないでしょうね。
最後の写真に私が写ってました(笑)

[ にゃんこ ] 2015/07/05 16:09:00 [ 削除 ] [ 通報 ]

にゃんこさん、こんばんは。
そうですね。もう少しレトロな感じを期待していました。
新しい建物には資料館ができるとのことなので、いろいろ残してくれるのでしょう。建て替えは仕方がないと思います。
菊池貝類館を何かうまく使えないのでしょうかね?

にゃんこさんとは、いつもニアミスしますね。(笑)

[ もしもし ] 2015/07/06 0:15:18 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

聖地巡礼その283:岡本家 大庄屋のお仕事

瓦木なかの道を北から下っていって、名神高速を越えると旧上瓦林村の檀那寺・極楽寺があります。


先日訪れた時に白いサルスベリの花がきれいでした。


この先を進むと黒塗りの杉塀に蔵が目立つ旧家があります。


岡本家です。


この岡本家は尼崎藩の上瓦林村の庄屋、瓦林組の大庄屋としてずっとこの地でこの村のあらゆることに関わり、記録に残してきました。

それが現在、当時をする貴重な資料として西宮市指定文化財とされています。


いま、その多くの文献が市立郷土資料館で展示されています。

岡本家の黒塀にもそのポスターが掲示されていました。


別の掲示板のポスターのアップです。


8月31日までです。こちらをご覧ください。


第30回特別展示「西宮の古文書―岡本家文書の世界―」


上記ページのPDFより引用させて頂きます。

「岡本家文書」は、昭和 54 年 3 月 20 日、西宮市重要有形文化財(古文書)に指定された文書群です。

 岡本家は、近世初頭から尼崎藩領摂津国武庫郡上瓦林村の庄屋を勤め、元禄 8 年〜宝永 2 年(1695 〜 1705)には郡右衛門(のちの大庄屋にあたる)、享保 8 年〜宝暦 6 年(1723 〜 1756)、明和 2 年〜明治 4 年(1765 〜 1871)には庄屋を勤めました。

 同家には江戸時代全期にわたる膨大な各種文書が 68 合の箱に収められ保存されてきました。岡本家が管轄していた武庫郡地域を中心とする文書ですが、尼崎藩政、西摂地方の先進農村の構造、農業経営、村の諸行事、日常生活等、その質量ともにすぐれた文書群です。

 今回の展示では、指定されている文書群と阪神淡路大震災で被災を免れ救出された近代史料と合わせて展示します。また、古文書だけではなく、尼崎藩大庄屋として伝来した関連の実物資料も残されており、これもあわせて展示します。


先週末、駆け足で見てきましたが、その量がすごいです。

多分1年だけをみるとたいしたことないかもしれませんが、200年近くの記録となると1トンにもなるそうです。

それも村の些細なことも記録しておかないと、後世でとんでもない争いにつながつかもしれない。

お上への報告、納税、村人の冠婚葬祭・出入り、水害あらゆることが記録され保存されていることに驚きます。

西宮の歴史の重さを感じる上でも是非一度ご覧ください。

細かいこと抜きで、その量だけで庄屋さんの仕事のすごさを感じられると思います。


写真は禁じられていたので、図書館側の展示を。

庄屋さんの日記ですね。


夏には、夕立があったなど水への思いが必ず綴られていることなどが印象に残ります。




8月31日までの催しです。

無料なので、ぜひともお時間のある時に、西宮の歴史の奥深さを体感ください。


上瓦林村については、凛太郎さんのブログも是非お読みください。

http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061497/p11021157c.html



庄屋というお仕事を丁寧にこなされ記録を残されてきた岡本家、その旧家の佇まいと、残された文献の持つ重みは西宮の聖地にふさわしいと思います。




聖地巡礼
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000080132/p11081751c.html
美術館・建造物など | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

聖地巡礼その230:神戸女学院


まるで異国の地を歩いているような感覚です。神戸女学院。

ヴォーリズによる南地中海風の建築群、多くの坂が景色に変化を与え、木々の緑とマッチしてすごく素敵な場をつくっています。

この日は、笹舟倶楽部さんから教えてもらった「愛校バザー」で入ることができました。


このバザー、良いものが出るので人気だそうです。

女学院のOBや在校生の父母の方の催しなので良い家柄の方が多く、バザーへの出店も良いものが揃う。と笹舟倶楽部さんが教えてくれました。

オープンと同時に人が押し寄せるそうです。

わたしが着いたのは13時過ぎ。ランチを食べようと思っていたのですが完売。

バザーも半額セールなどに移行していて、目ぼしいものは売れてしまったようです。


暑い。暑い。サーティーワンに行列しています。


この日の主目的は、敷地内に鎮座される岡田神社へのお参り。

地図は、この日だけのものでしょう。

緑の森のなかで不思議ととけ込んでいます。


このヴォーリズ設計による12の建築群が、国の重要文化財指定の答申がされているそうです。










この花はネジキみたいです。



「ごきげんよう」

そんな挨拶が似合うキャンパスですね。

岡田神社がとけ込んでいることもあり、聖地としたいと思います。




聖地巡礼
goodポイント: 1ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000080132/p11050184c.html
美術館・建造物など | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

聖地巡礼その53:黒川古文化研究所

今朝起きたら、手が筋肉痛。特に二の腕。

何したっけ?昨日は京都で歩き回っただけだし。

と思ったら、ハービーのりのりの拍手でした。

歳をくったら、一日遅れで出てくる筋肉痛。そのものです。

 

雨も降ってきた振替休日。とりあえずバスで柏堂町まで。

 

ぷらぷら夙川の源流の様子を探りながら登ったり、下りたり。

そういえば、黒川古文化研究所には行ったことがなかった。

一度おじゃますることにしました。

 

 

 

素晴らしい。

 

 

そのホスピタリティとそこからの展望。

今展示されているのは「第110回展観 鏡にに込められたおもい-日本人の信仰と吉祥-

http://www.kurokawa-institute.or.jp/

 

広々と贅沢に使われている空間、ロビーのソファー、お茶のサービス、そしてベランダからの眺望。そのホスピタリティは最高です。いまはシャトルタクシーもあるみたいです。

たしかに、バスと徒歩で来ると相当の坂道ですからね。

 

ここは、若い頃、元気な頃、六甲山を歩き回っていた頃、前を通っただけだったのです。とても気になっていた博物館でした。でもデブの出不精になってしまってからは足がむかない。そんな場所でした。

 

まわりは、小学校に、中学校に、高校。

こんな坂を毎日登下校しているって、すごいかもしれません。

 

展示は鏡。古代から近世まで、鏡の組成の科学的分析を含めて多面的にとらえた展示で楽しめました。

 

でもなにより、このベランダからの眺望に圧倒。

 

 

甲山から大阪湾までパノラマです。

デジカメのパノラマ機能使ってみました。

 

このあたりのお屋敷は、こういう景色が日常なんですね。

香櫨園から山の手にこの辺のあかりがみえます。夜景もきれいなんでしょう。

でも坂道も日常なので、運転手つきのお金持ちにしか無理ですね。

自転車で来るのは、わたしも今では無理です。

 

入場料500円ですが、こんな立派な本を頂いてしまいました。

 

 

1990年発行の170頁に渡る収録品の図録です。

見応えあります。

 

ぜひとも訪れる価値のある空間として聖地とします。

 

 

「鏡に込められたおもい」展は11月17日(日)までです。

 



聖地巡礼
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000080132/p10951704c.html
美術館・建造物など | コメント( 4 ) | トラックバック( 0)

水曜日だったかの午後に香櫨園の郷土資料館で、ここの学芸員さんの鏡のお話しがあります。おもしろそうです。

[ ふく ] 2013/11/04 21:56:56 [ 削除 ] [ 通報 ]

ふくさん、情報ありがとうございます。
おもしろそうですね。でも仕事が・・・。(泣)

[ もしもし ] 2013/11/04 22:46:20 [ 削除 ] [ 通報 ]

去年、刀剣の講座を聞いてから刀剣の展示を見に行ったらよくわかったので、
11/6の郷土資料館の講座を聞いてから見に行こうかと思ってます。
眺望を楽しむために晴れの日を狙っています(笑)

[ にゃんこ ] 2013/11/05 10:50:52 [ 削除 ] [ 通報 ]

にゃんこさん、こんばんは。
そうですね。ちょっとでも解説があるとまた展示がよくわかると思います。明日ですね。仕事です。
ここの眺望は甲山から神戸方面まで途切れないのが素晴らしいです。
よいお天気になることを祈っています。

[ もしもし ] 2013/11/05 22:02:52 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  
このブログトップページへ
もしもしイメージ
もしもし
プロフィール公開中 プロフィール
あんな西宮、こんな西宮。
神社、銭湯、お地蔵さん。
お酒、居酒屋、酒屋さん。
あれも聖地、これも聖地。
お気に入りは、全て聖地。

そんな気持ちで、・・・。


前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 11月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 224 320604
コメント 0 2754
お気に入り 0 17