西宮聖地巡礼

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/moshimoshi

聖地巡礼その318:石仏 神楽町

前回紹介した無縁塚・西墓跡の夙川土手を東に下りていくと、マンションが多いのですが、昔ながらの住宅地が残っています。
斜めの道もあり、ちょっと迷路のようで楽しいです。

自転車でうろうろしていると、石仏が並んでいるのを発見。


この先を進んでいくと二号線にぶつかります。


となりはゴミステーション。

明るく手入れされていて、生活空間に溶け込んでいる感じです。


近くには黒塀のお屋敷も。


場所柄、西墓の名残なのでしょう。







goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000080132/p11681264c.html
碑・石仏 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

聖地巡礼その317:無縁塚 西墓跡 夙川公園

夙川公園、国道二号線の東南側の歩道の脇に大きな碑と小さなお地蔵さんと石仏の空間があります。


碑には「無縁塚」。
これを読み解くにはかなり時間が必要でした。


ここはポケモンGOのスポットにもなっていて、その名は「安像塚」。

わたしも最初はそう読んでいましたが、このブログをやり始めて最初の字の横棒が「無」の横棒とわかった時に、解決しました。


いつもお花が供えられていて、きれいに掃除がされています。

お世話されている方がいらっしゃるのでしょう。感謝です。


北側には、衣装を着せてもらった石仏、石碑が並びます。

リュックを背負ったお地蔵さんも。あったかそうですね。

お世話されている方の気持ちが伝わってきます。


さてこの場所には、どのような由来があるのでしょう?

この周辺は「西墓」と呼ばれる墓地で、明治時代に六湛寺へ移された跡とのことです。

詳しくは凛太郎さんにお任せするしかありません。ありがとうございます。


【西宮】西宮の旧村落57 西宮町(8)|村落墓地【西宮ブログ】


手入れの行き届いたお花を見るのも楽しみの一つですが、ピンク色の彼岸花が咲くのも是非一度ご覧ください。今が見頃です。


少し北には、震災で亡くなった子を供養するための「童子像」があります。

http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000080132/p10987834c.html


このあたり一帯が小さな聖地となっています。


最近気づいたのですが、少しだけ南の松の木の根元に石が。


山に宇と読めますが・・・。

ご存じの方、ご教示頂けるとありがたいです。



この東に、西墓の痕跡のような場所をみつけたので、次回お届けします。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000080132/p11680837c.html
碑・石仏 | コメント( 4 ) | トラックバック( 0)

今津っこさんのご案内で、今津から旧道を通って芦屋まで行くのにここを通りました。川を渡ったら森具という西宮の外れにあった墓のだとのこと、昔の墓場も今は閑静な住宅なんですね。

[ ふく ] 2017/11/14 8:05:48 [ 削除 ] [ 通報 ]

森具墓地は今もJRのすぐ南(2号線との間の丘の上)にあって、うちの墓もそこにあるのですが、ふくさん(今津っ子さん)がおっしゃるのはまた別にあったということでしょうか?

[ akaru ] 2017/11/14 8:16:51 [ 削除 ] [ 通報 ]

akaruさん わかりにくくてまうし訳ありません。今村さんが行かれなかった遠足の時に通りました。こちらの墓の跡は川の東側の2号線の南側です。西宮町のの西のはずれにあった墓になります。森具村は川の西側です。川を挟んで、森具となります。

[ ふく ] 2017/11/14 10:50:23 [ 削除 ] [ 通報 ]

ふくさん、akaruさん、こんばんは。
森具の墓地は、以前大谷町へ行く際に通りました。六地蔵さんもいらっしゃいました。
土手の下はマンションです。住宅も残っていますが・・・。
迷路のような路地が残っていて、西墓の名残と言えるような石仏さんがいらっしゃいました。

夙川沿い、北へ行くと西側にお地蔵さん、お不動さんがいらっしゃいますが、もう少し聖地があってもいいような気がしています。

[ もしもし ] 2017/11/14 21:37:12 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

聖地巡礼その23:三界萬霊塔 香櫨園駅前 西国街道

 

旧西国街道を建石筋を渡ってさらに西へ坂をのぼっていくと阪神香櫨園駅です。

この途中の南側には市庭温泉という銭湯があったのですが、震災後なくなってしまいました。

 

その阪神香櫨園駅前に小さな碑があります。

 

 

三界萬霊塔。

 

全ての世の中の霊のために・・・。

そんな感じの想いのこもった碑。

小墓のお地蔵さんの境内にもあります。

 

旧街道筋、行き倒れになった旅人など無縁仏の霊のためだったかもしれません。

または、水害で亡くなった方の霊を弔う目的だったかもしれません。

 

ただ、こんな駅前に、いまもひっそり残っていることが、素敵だなって思います。

奥はラブホテルですが・・・

 

この石碑の手前の角にも小さな石が残っています。

建物をたてる時にわざわざ残したのでしょうね。

 

昔の人は、そうやって大切にするものは大切にしてきたのでしょう。

いまじゃ、古墳も桜の木もおカネの前に平気で壊してしまいます。

 

だからこうやって残っているものは、聖地。

人の心が続いていく場なのだと思います。

 

三界とは、過去、いま、未来。

 

いつか自分も死ぬのだから、この碑に手を合わすことは、自分に対して手を合わすこと。

そして、誰かが自分に対して手を合わせてくれること。

きっとそうなんですよね。

 

で、いつも通勤途上、軽く手を合わせているのですが、ある時妙齢のおばさまに

「あなた、(若いのに)えらいわね。きっと、いいことあるわよ。」

と褒められちゃいました。

 

それ以来、手をあわさないと悪いことがおきそうで、必ず一礼しています。

小心ものなんで(笑)

 

同行二人 迷故三界城 悟故十万空 本来無東西 何処有南北

 

 

四国八十八ケ所を巡る際に菅笠に書かれている言葉です。

 

東西南北も人間が便宜上決めたもの。

悟ということは、そんなことも時間も超越しちゃうこと。

 

 

まだまだというか、生きている間に悟るのは絶対に無理ですね。

 



聖地巡礼
goodポイント: 1ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000080132/p10941398c.html
碑・石仏 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

このブログトップページへ
もしもしイメージ
もしもし
プロフィール公開中 プロフィール
あんな西宮、こんな西宮。
神社、銭湯、お地蔵さん。
お酒、居酒屋、酒屋さん。
あれも聖地、これも聖地。
お気に入りは、全て聖地。

そんな気持ちで、・・・。


前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 11月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 189 320569
コメント 0 2754
お気に入り 0 17