西宮聖地巡礼

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/moshimoshi

大文字山から鹿ケ谷へC

前回からのつづき
http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000080132/p11596903c.html


さぁ街へとおりてきました。
登山道は鹿ヶ谷の道路のどん付きから始まります。
京都一周トレイルの案内と俊寛僧都旧跡道の石碑があり、左へ向かう道が登山道です。


アスファルトの道になると少しホッとします。

ここには瑞光院というお寺があります。

このお寺も奥に小さな滝や行場があって少し怪しい雰囲気です。

今回は弘法大師さんに手を合わせて先を急ぎます。


まだ標高は高く、京都市街を見下ろすことができます。


確かこの辺りに鹿ケ谷山荘という料理屋さんがあったのですが見当たりません。

帰って調べると2015年に閉店していました。


30年前くらいにはディアミネラルウォーターの工場があったと記憶しています。


大文字山の二画目を斜めに降りてくると鹿ヶ谷のここに出てきます。

一般のお宅の石垣の上って感じです。逆にこちらから上る時は気を付けてください。

藤の花がきれいでした。


大きなお屋敷が主ですが、土地を切り売りしたような住宅も見られました。


さて霊鑑寺の脇にでてきました。

此奥俊寛山荘地の石碑が右側にあります。


ここまでくると哲学の道は目の前です。


ここからは白川通りまで歩いて、バスで出町柳まで。

行楽シーズンは、特急始発の出町柳駅から大阪へ帰るのが一番です。


ちょっと街から離れると山気分が楽しめる。

京都はそんなところも魅力です。






goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000080132/p11596913c.html
おさんぽ京都 | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

霊鑑寺の椿を見にいったことがあります。

[ mamimi ] 2017/05/04 9:28:08 [ 削除 ] [ 通報 ]

mamimiさん、こんばんは。
霊鑑寺は、いつもは閉ざされているので参拝したことはありませんでした。特別公開があるのですね。
椿も見に行きたくなりました。

[ もしもし ] 2017/05/05 20:48:34 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

大文字山から鹿ケ谷へB

前回からのつづきです。

俊寛僧都忠誠之碑・公爵一條實孝書です。昭和10年に建てられたそうです。


副碑には俊寛僧都について記されているようです。


こちらのサイトで全文と意訳をご覧いただけます。

俊寛僧都と言えば、1177年平氏討伐の陰謀を企てたという鹿ヶ谷の乱(ししがだに)で有名です。彼を称えた碑となっています。
実際に俊寛の山荘がここにあったかどうかは、よくわからないようです。

ここから急な坂になっていて、水の流れは小さな滝になります。

このあたりは紅葉も多く、秋はとても美しいです。


さてこの滝は楼門の滝と言われます。

この道は京都から三井寺(園城寺)への参道となっていて、ここにその別院であるう如意寺があったということです。

この滝の上部に寺の楼門があったのでこの名で呼ばれているようです。


ここからは真下に下りていくような非常に急な石段になります。

注意が必要です。


こんなところによくお寺をつくったと思って見回すと石垣などを確認することができます。


その辺りは下記のブログに詳しいです。


この急坂を越えてしまうとあとは快適な道が続きます。


昔この辺りをゴルフ場に開発するという計画がありましたが、中止になって本当によかったです。


つづく

http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000080132/p11596913c.html



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000080132/p11596903c.html
おさんぽ京都 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

大文字山から鹿ヶ谷へA

前回からのつづき
http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000080132/p11596784c.html

大文字山の頂上を後にすると急な下り道を下りて四辻に着きます。
前回詳しく紹介しましたが、上に登ると大文字山、東へ行くと大津・三井寺、南へ行くと南禅寺・日向大神宮、そして西へ下ると鹿が谷と四つに道が分かれる要所です。

今回は西へと下ります。


とガサゴソと山の上の方で何かが動きました。

鹿です。二匹いました。

大文字山で鹿を見たのは初めてです。

鹿ケ谷に下りるのに鹿を見るのはなんだか縁起がよさげでもあります。


しばらく急な下りを行くと水が湧いてくるところに出会います。水源です。

ここから流れになって行きます。

昔はここに大きな平らな石があって、そこで足を洗うと水虫が治ると言われていました。いまはもうありません。


杉木立の中を風が通り抜けていく気持ちの良い道が続きます。


ところどころで流れが合流して川がすこしずつ大きくなっていきます。

水が湧き、何本も合流して、流れが大きくなり、滝を越えて、川になって行く。

そんな過程を感じることができるコースでもあります。


右の山側に大きく開けている場所があります。


ナラ枯れの跡地が平成25年の豪雨で崩壊したのだそうです。

ナラ枯れとは、カシノナガキクイムシの媒介するナラ菌によってコナラ、ミズナラなどが枯れ死してしまうことだそうです。


再生のために様々な種類の樹木を植えているようです。

少し緑が目立ち始めていますね。


そうこう気持ちよく歩いていると石碑が見えてきます。


俊寛僧都忠誠の碑です。


つづく

http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000080132/p11596903c.html



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000080132/p11596860c.html
おさんぽ京都 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

大文字山から鹿ヶ谷へ@

昨日は、京都の大文字山へ。一年ぶりです。
今回は鹿ケ谷へと下ります。

ルートの概要。

銀閣寺→大の字の火床→大文字山の頂上→四辻→鹿ケ谷です。


四辻までは前回に詳しく紹介しました。ちょっと長いです・・・。
http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000080132/p11360374c.html

今回は四辻から鹿ケ谷を中心に紹介します。

今回は銀閣寺道までバス。途中外国人ばかりです。


銀閣寺の門前を左へ曲がって山道へ入っていきます。

40分ほどで大の字の火床に到着。ここからの眺望は最高です。

遠くハルカス(左)から大阪のビル群が霞みながらも確認できます。

ハルカスの手前の山は男山でしょう。石清水八幡宮。


火床を大の字の左下の方へおりると鹿ケ谷へ出ることができます。

30分くらい、道もしっかりしていますが、傾斜が急なのとあまり人が通らないので独り歩きとかは注意です。


今回は前回同様大の字の上に向かって歩を進めます。

ちょっと上っただけで景色が変わります。


一番上の写真の通り、上り下りを繰り返します。気持ちのいい道です。


4度目の上りで大文字山頂上に到着。20分ほどですね。


こちらからは南方面の眺望が広がります。手前に山科の街。

この写真の右側には生駒山や葛城山がみえました。


ここまでくれば下る一方。ホッと一息。

とは言え急な下りなので、気を引き締めなくっちゃ。


つづく

http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000080132/p11596860c.html



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000080132/p11596784c.html
おさんぽ京都 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

鹿ケ谷で鹿に遭遇


いいお天気。

お得意先がお休みなので、プラプラと京都まで。

大文字山上ってきました。

昨年は、大津の三井寺まで抜けましたが、今年は鹿ケ谷におりました。

と、野生の鹿が飛び出してきました。



鹿ケ谷と言えば俊寛僧都。鹿ケ谷の乱。

そのあたり、詳しくは明日から・・・・。

おやすみなさい。





goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000080132/p11596640c.html
おさんぽ京都 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
もしもしイメージ
もしもし
プロフィール公開中 プロフィール
あんな西宮、こんな西宮。
神社、銭湯、お地蔵さん。
お酒、居酒屋、酒屋さん。
あれも聖地、これも聖地。
お気に入りは、全て聖地。

そんな気持ちで、・・・。


前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 5月 次の月へ
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
今日 合計
ビュー 104 304927
コメント 0 2564
お気に入り 0 17