西宮聖地巡礼

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/moshimoshi

新年快楽

明日は旧正月。旧暦1月1日です。春節です。
お月さまが新月です。
アジアの国々ではこの旧正月を盛大にお祝いします。


写真は12年前、上海在住時の旧正月の様子。豫園あたり。


派手ですね。千と千尋の世界を彷彿とさせます。


コカコーラの空き缶3万本でつくった酉。


百貨店の装飾。

どうなんでしょう。12年後の現在はもう少し洗練されているのでしょうか?


お寺で。


何を売っているのでしょうか?


花火と爆竹です。

これがなければ中国の春節ははじまりません。


新年快楽。

中国語であけましておめでとうの意味です。

上海在住当時は年賀状とかでよく使いました。

民進党の代表の蓮舫氏が正月にこのフレーズ使って炎上していました。

二重国籍疑惑を解消していないのに・・・・。


春節前後はお休みです。

どどっと観光客が訪れるシーズンでもあります。

明日から街中が、ちょっとやかましいかもしれません。






goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000080132/p11541747c.html
中国語あれこれ | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

ビャンビャンミェン

こんな漢字が中国にあるそうです。


発音はbiang ビャンです。

由来ははっきりせず、ビャンビャンミェンという麺料理の名前に用いられているようです。



「扁扁」からきているという説も。見た通り扁平な麺です。



上の写真の面という字は麺の意味です。

簡体字にする際に麺は面に統合されたようです。面白くないでしょ。



どうもこの麺料理を売り出すための話題作りのための広告用の文字みたいな感じがします。

画数は58画。

Wikipediaによると、これを書くための歌もあるそうです。

以下引用 上記文字も写真も全部WEBからの無断借用です。すいません。


前述の通りこの字は余りに複雑なため、陝西省居住者の間では字の書き方を思い出す手助けとなる短い詩がいくつか存在する。

そのうちの一つは、右に「刂」ではなく「丁」と書く異体字の説明であるが、「一点儿冲上天,黄河两道湾,八字大张口,言字往里走,东一“扭”西一“扭”,左一长右一长,中间坐个马大王,心字底月字旁,楔个钉子挂衣裳,坐个车车到咸阳。」といい、日本語訳は「点が天辺に飛上り、黄河両端で曲がる、八の字が大きく口を広げ、言の字が中へ入る。東に一ひねり、西に一ひねり、左に長一つ、右に長一つ、中間に馬大王が座る。心の字が底に、月が傍らに、釘を打ってそこに服をかけ、車に乗って咸陽へ向かう。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000080132/p11286729c.html
中国語あれこれ | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

面白い!
この文字を篆書体で書くとさらに面白いでしょうね。

[ たくじろう ] 2015/11/10 11:26:28 [ 削除 ] [ 通報 ]

たくじろうさん、こんばんは。
書で書くと面白いでしょうね。
創作文字もできそうです。

[ もしもし ] 2015/11/10 22:43:51 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

中国語:わかるかな?

ちょっと漢字がブームのようなので、日本語と中国語簡体字の違いを。
以前もネタにしたかもしれませんが・・・・。

Google翻訳です。左は日本語、右は中国語簡体字。
どこが違うでしょうか?







goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000080132/p11283972c.html
中国語あれこれ | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

すでにみなさんお分かりのはずですが、あえてコメントします。
日本語の「骨」の3画目と4画目の位置が、中国語と違いますね。
初めて知りました。
日本に伝わってくる途中のどこかで変わったのでしょうか?

[ 西野宮子 ] 2015/11/05 7:51:30 [ 削除 ] [ 通報 ]

西野宮子さん、こんばんは。
その通りです。
でも、日本に伝わっている途中で変わったのではなく、中国共産党が1964年に変えたのです。中国は国土が広く多くの民族が暮らすために当時識字率が悪く、共通の言葉を広めるために簡体字を導入したのです。
この骨という字は典型的な文字で、たった一画の字画を減らすためにこういう風にしたのです。
台湾で使われている繁体字が一番過去からの伝統を引き継いでいますね。日本の漢字もよくできています。歴史の中で日本独特の文字もできているようです。

時々ネタが切れた時に中国語談義をしようと思っています。

[ もしもし ] 2015/11/05 21:55:51 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

このブログトップページへ
もしもしイメージ
もしもし
プロフィール公開中 プロフィール
あんな西宮、こんな西宮。
神社、銭湯、お地蔵さん。
お酒、居酒屋、酒屋さん。
あれも聖地、これも聖地。
お気に入りは、全て聖地。

そんな気持ちで、・・・。


前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 3月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
今日 合計
ビュー 80 294131
コメント 0 2483
お気に入り 0 17