西宮聖地巡礼

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/moshimoshi

たんぽとちろり

昨日、白鷹禄水園で錫のたんぽで燗酒をいただきました。

錫のたんぽで温められたお酒は、とってもまろやか、優しい味わいです。

電子レンジでチンとは違います。


以前、たんぽとちろりの違いを簡単に紹介しました。

この時は、下記の大阪錫器さんのページを紹介しただけでした。


たんぽ。湯婆。

このように上側が開放型をたんぽと言うようです。

たんぽと言うとちょっと違和感がありますが、湯たんぽを思い浮かべれば納得。

酒たんぽとも言うようです。

たんぽは、唐から伝わった暖房器で「湯婆」の中国語読みからたんぽと呼ばれたようです。日本であたまに湯がついて湯たんぽになったのが、酒用に使われたようです。


ちろり。銚釐と書き,直接に地炉の灰中で温める意から地炉裏とも・・・。



〜語源は囲炉裏(いろり)がなまったと言われており、“ちろり”と短時間に暖まるからとか、酒好きの方が待ちきれず舌をチロリと出すからとも云われています。〜

下記のページからの引用させて頂きました。

酒器


たんぽもちろりも現在では、同様に扱われているようですね。
大阪を境に東はたんぽ、西はちろりと呼んだ説もあるようです。

昔から、おいしいお酒を呑むために、みなさん工夫をこらしていたということですね。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000080132/p11553471c.html
お酒 | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

もしもしさん、たんぽで温めておちょこでいただくんですか?
とっくりよりお酒が注ぎやすくていいですね♪
熱燗きゅっといきたくなりました。

[ ぷりんまろ ] 2017/02/14 19:29:40 [ 削除 ] [ 通報 ]

ぷりんまろさん、こんばんは。
錫のたんぽは、白鷹で12000円もします。手がでませんね。
でも、白鷹のバーで頂くことができますよ。
昼下がりの一杯セット1000円。燗酒と酒肴3品。おすすめです。
たんぽで呑むと、ほんとうに柔らかい感じです。

[ もしもし ] 2017/02/14 21:39:36 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
このごろのお酒
きょうのお酒
田植え
このブログトップページへ
もしもしイメージ
もしもし
プロフィール公開中 プロフィール
あんな西宮、こんな西宮。
神社、銭湯、お地蔵さん。
お酒、居酒屋、酒屋さん。
あれも聖地、これも聖地。
お気に入りは、全て聖地。

そんな気持ちで、・・・。


前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 2月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
今日 合計
ビュー 18 310410
コメント 0 2640
お気に入り 0 17