思いついたまま

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/satossan

トラブル続きの充電器

 先ほど、昼ご飯を食べ終えた後に宅急便がきた! 先日ブログに書いたスマホの充電器。商品が品切れなのでキャンセルした後、他を探していると、同じ値段(1780円)で見つかったので22日に2個注文した。

 

店は「秋葉Direct 楽天市場店」


 昨日(23日)商品の発送メールが入ってからなので早い到着である。

 

 

さっそく箱を開けてみると! ガーン!! 商品が一つしか入っていない!!!

 

 慌てて秋葉Directに電話した!

 

頼りなさそうな声の男性で応対も悪いし謝りもしない!


個数の確認なんか基本中の基本では!と言ってみたが反応が鈍い。


今から発送の手配をします、と言うので電話を切ったが大丈夫だろうか???

 

 ちなみに、前回使用のポイントはその後戻っていたので使ったが、送料(600円)が要った。

 




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000083070/p11728270c.html
パソコン | コメント( 3 ) | トラックバック( 0)

 実店舗でない不便さが露呈しましたね〜便利であり不便

[ モンセ分店薬局 薬剤師徒然日記 ] 2018/04/24 17:13:50 [ 削除 ] [ 通報 ]

モンセさん、店に電話の後すぐ、メールも入れました!
18時前にメールが入りましたが、最初の発送の案内メールと全く同じ内容でお詫びの言葉一言もありませんでした。
発送状況を調べると24日15時になっていたので明日か明後日には届くと思いますが・・・ 今のネット社会では こんな型通りだけの仕事しかできないんですね! えらい世の中になりました!!!

[ さとっさん ] 2018/04/24 21:44:39 [ 削除 ] [ 通報 ]

 そうですね これからどうなるのでしょうか

 対面販売は死語になってますからね

[ モンセ分店薬局 薬剤師徒然日記 ] 2018/04/25 8:55:46 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

塔尾山椿花院(とうのうざんちんかいん)「如意輪寺」A

    《前回「如意輪寺」@からの続き》

とりあえず境内にある建物などを写真に収めた後、本堂でお参りです。
 近畿36不動尊霊場会 公式ホームページで家田壮子さんのコラムを読みますと、
『それはそれは大変大変美しい如意輪観音様がいらっしゃいます。頭に手をやって座っていらっしゃる如意輪観音様ですが、あまりの美しさに魅せられてしまい、ポーッとしたまま動けなくなるほどです。  
 人の心を虜(とりこ)にしてしまう如意輪寺の如意輪観音様は、それほど美しく妖艶なのです。』と、書かれています。

 しかし、ご本尊の如意輪観音は秘仏で本堂も閉ざされていました。残念です。


 如意輪観音といえば近場では甲山の神呪寺ですね! こちらは年に一度、5月18日に御開帳! 今年もすでに案内状が届き、毎年楽しみにしています。

 

如意輪寺での目的は観音様でなくて お不動さん。
 「不動堂」は本堂と鐘楼の間に建っていました。

 

 

 中の不動明王は石造で、左右の二童子(矜羯羅童子・制吒迦童子)も石造。36不動尊で石造のお不動さんは初めてだったと思います。

 大きさは日本最大だそうで、あらゆる災難や難儀なことから救って下さるという事で「難切り不動尊」と呼ばれています。


 この後も道中で難儀(道に迷う)ことが続いたのですが・・・御利益はどうだったのかな? まあ無事で家に帰れたのだから 良しとしましょう。
 36不動尊や他の お寺巡りでも、お参りでは孫(4人)が健やかに成長しますようにと、いつもお願いしております。

 

 ここまで見てきた境内は拝観無料ですが、宝物殿、御霊殿、多宝塔などのある境内は拝観料(400円)が要ります。
 入り口は庫裏の受付所。ご朱印もお願いして中に入りました。

 

初めにあるのが「御霊殿」

 後醍醐天皇自作の木造像を安置していますが非公開で、扉も閉まっていました。


斜めからの写真。

 

隣に「権現堂」だが!!!

 はて!困った!ここは何だったのか! まったく思い出せず、ブログを書くのが止まってしまった。

 写真もこれ一枚だけで、撮ったことすら覚えていない!
  いくら考えても浮かんでこないので今回はここまでにしよう!
      (次回に続けます)

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000083070/p11728026c.html
近畿36不動尊巡礼 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

塔尾山椿花院(とうのうざんちんかいん)「如意輪寺」@

    《前回からの続きです》

 金峯山寺、吉水神社などがある吉野山からは谷ひとつ挟んで離れた山の中腹に位置する如意輪寺は、平安時代の延喜年間(901年 - 922年)に日蔵上人によって開かれたと伝わっている。
 南北朝時代、後醍醐天皇が吉野に行宮を定めた際に勅願所とされたが、天皇は還京叶わぬまま崩御して本堂裏山に葬られた。以来寺運は衰えたが、慶安3年(1650年)文誉鉄牛上人によって本堂が再興され、その際に真言宗から浄土宗に改宗された。


 また正平2年(1346年)、楠木正行(まさつら)が四條畷の戦いに出陣するに際し、一族郎党とともに当寺にある後醍醐天皇陵に詣で、辞世の歌「かへらじと かねて思へば梓弓 なき数に入る 名をぞとどむる」を詠んだ句は本堂の扉に鏃(矢じり)で刻まれ、現在は宝物殿にその扉が保存されていた。静寂につつまれた境内には正行一行(143名)の髷塚もあった。

 

 創建年は解らないが、たくさんの千社札が貼られた(裏?)山門に、「吉野朝勅願所・楠木正行公遺跡」、左に「近畿三十六不動尊第三十番霊場」と書かれていた。

 

境内に入って まず見て廻ったのは拝観受付になっている「庫裏」から。

 

そして「本堂」

慶安3年(1650年)再建
 ご本尊の如意輪観音は秘仏で、堂内にも入れなかった。

 

如意輪寺の説明書き

 

本堂の前に「後醍醐天皇 腰掛石」と右に「楠木正行公お手植えの木斛(もっこく)」

 

本堂の先に「山門」

どうやらこちらが正門と思われるが
 境内図では分からなかった


本堂と相対するように あったのが「役行者堂」

 役行者といえば修験道の開祖とされ、左右に前鬼と後鬼を従えた姿をよく見るが、お一人だけで質素な建物の中に祀られていた。左に写っているのは鐘楼堂。
    (次回に続けます)

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000083070/p11727831c.html
近畿36不動尊巡礼 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

近畿36不動尊巡礼を結願(満願)した! が・・・

 近畿36不動尊巡礼も4月6日に一ヶ寺(明王院)を終え、残るはあと二ヶ寺! 昨日(20日)、二ヶ寺を巡って! ついに! 結願(満願)となった!
 しかし この二ヶ寺、めちゃくちゃ道に迷って難儀した。行きも帰りも!


 最初に向かったのは奈良県吉野山の「如意輪寺」。ナビでは阪和自動車道〜南阪奈道路に入って葛城市の国道165号線へ! 所要時間は約2時間。
 ところが何処で迷ったのか解らず、自分で自分に腹を立てて悔しいので帰ってから調べて見た。すると、「香芝SA」で休憩したのを思い出した。 この香芝SAは阪和自動車に無いので、「西名阪自動車道」を進んだようだ。

 間違った場所は阪神高速14号松原線の「松原ジャンクション」! そこから阪和自動車に入れなかったようだ。


 香芝SAで休憩後、ナビ通り進んでいたように思うが、何処のインターで降りたか?全く覚えていない。一般道に入ってからナビに振り回されていたのは覚えている。
 車もナビも古いので、新しい道(バイパスや高速道路)が表示されず、道の無い所に車が走っている状態も続くので、途中から携帯(スマホ)のグーグルマップ・ナビを起ち上げ、同行した先輩に持ってもらった。
 二つのナビを見て進んでいると、分岐点で左右違った表示が何回かあり、これも どちらを選ぼうか?悩みに悩んだ。

 

 なんとか国道165号に出て、吉野川に架かる吉野大橋に来た時、過去二回、桜の季節のバスツアーで見覚えのある場所なのでホッとした。


 それでも ここから如意輪寺は まだ10`先、前にそびえる吉野中千本の中にある。狭い道(吉野山観光車道)をくねくねと登って、(裏山門)駐車場に着いたのは12時少し前。

なんと3時間も かかってしまった。
     (次回に続けます)

 



如意輪寺へ
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000083070/p11727673c.html
近畿36不動尊巡礼 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

良いのが見つかったのになあ!

 お寺巡りに出かける時、絶対に欠かせないのがスマホの充電器。どうも この充電器に良いのが当たらず、買って数日後に破裂した商品もあった。安い商品ばかりを選んで買っているかもだが、現在使っているのも安かったのに十分使えていた。

 ところが最近、外では数個のアプリをつけたまま充電するので消耗が激しく、3時間ほどで電池切れになる。
 この間、ずっと充電器を探していると、良さそうなのが昨日(18日)見つかった。


さっそく楽天市場で購入手続き(18日:0時36分)をすると!
 注文内容の確認(自動配信メール)が直ぐに届いた。

 

今日(19日)夕方、いつ発送されるのか?メールを見ると!!!!!

 商品は品切れ! 入荷まで かなり掛かりそうだ!

 

 1780円と、とても安く、メーカーもADATAだし、口コミ(評価)も良かったので、他店を探すことにして「キャンセル」!と返信(18:46)した。

 

このキャンセル・メールの返信は直ぐにあったが・・・

 

 キャンセル処理が完了次第、楽天市場からキャンセル作業終了のメールが自動配信される!とあるが届かない!!!!!

 

楽天銀行のマイ アカウントを見るとポイントが0になっている!
  781点のポイントが帰っていないので使えない!

 

そして同じ商品を探したが、一番安いのが2700円!
  一度1780円を見ているので この値段では買う気になれない。

価格ドットコムでも探したが、ほとんどの店が送料がいるので高い!


 しばらくは また様子見だな!

 

ネットショッピングで商品が無いなど、こんな経験は初めてだ。
 しかしポイントは いつ帰ってくるのだろう!?!?! 現時点ではまだ帰っていない。

 



スマホの充電器
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000083070/p11727170c.html
パソコン | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

地主神社〜日吉神社〜浮御堂

   《前回、「葛川息障明王院」近畿36不動尊 第27番からの続きです》


本堂でお参りを済ませ、外に出て空を見ると今にも降りそうな雲行き。
 明王谷川に架かる赤い橋(三宝橋)に戻って

「地主神社」に向かった

境内から見た「鳥居」

 

 地主神社は明王院の鎮守で貞観元年(859年)、相応和尚の創立と伝えられており、主祭神の「国常立命(くにとこたちのみこと)」ほか、この地の地主神である思古淵明神(しこぶちみょうじん)なども祀られている。


ひっそりとした境内には、拝殿・弊殿・本殿の三棟が一直線に建ち並んでいた。


 重要文化財の本殿と幣殿は室町時代(文亀2年。1502年)に建てられたとあるが、もっと古く感じた。

 

 車に戻って、納経所(明王院)で貰った葛川観光協会のガイドブックを見ながら昼食を終えたのは丁度12時。

 

国道に出ると正面に「かや葺きの家」が見えた。

 今では珍しくなった かや葺きの家、地元・坊村の住民によって管理され、民具の展示なども公開されている。


 帰りの道中、どこか近場の名所に寄って行ければと、まだ一度も訪れたことの無い「日吉神社」と「浮御堂」へ!車を走らせたが小雨が降ったり止んだり。


日吉神社に着くと雨が大きくなってきた。
 それでも両端の西本宮、東本宮を観て廻った。

 

車を駐車したのは境内の真ん中あたり。

 始めて見る鳥居!

 

「山王鳥居」といい、上部に三角形の破風(屋根)が乗った形をしていて、神仏習合を表しているとされるもの。

 

猿も居た!

 

西本宮楼門

 

東本宮楼門

 

日吉神社を出て、次は浮御堂。「山門」到着は2時30分だった。


 撮影ポイントT(先輩曰く) 外からフェンス越しに左側の全景を撮ったが・・・

 

以下、右から!

 

正面から!

あいにくの天気で今一つ(>_<)

 

 「浮御堂」は、正式名称「海門山満月寺」(臨済宗大徳寺派)の本堂で、ご本尊は阿弥陀如来。
 堂内には千体の阿弥陀仏が祀られている。

 

「観音堂」

祀られているのは聖観音座像(重文)

 

明王院の朱印を忘れていたので最後に貼りつけた。

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000083070/p11726690c.html
近畿36不動尊巡礼 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

「葛川息障明王院」近畿36不動尊 第27番

 近畿36不動尊巡礼も あと三ヶ寺となって結願(満願)が近づいてきている。いつから始めたのかな?と、ブログをめくってみると、2015年5月8日、神戸市北区道場の「鏑射寺(かぶらいじ)」が最初で この時、果たして全てを巡れるかどうか自信の無さそうな事を書いていた。
http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000083070/p11200656c.html


 先日(6日)、滋賀県大津市の「葛川息障明王院」へ行ってきたので あと二ヶ寺。今回も先輩のNさんに同行してもらった。
 この日の天気は昼から雨予報。日の変更も考えたがお互い空いている日がなく、何とかなるだろうと早目に出かけた。ところが、コンビニで弁当を買ってナビをセットする時、ETCカードを忘れたのに気づいて取りに帰ることに!
 予定より30分遅れて明王院に着いたのは11時だった。


 明王院は琵琶湖の西岸にそびえる比良山の西側、安曇川のほとりに坊村という小さな集落の中にあります。国道から山手に入ると直ぐ、突き当りに安曇川の流域で古くから信仰されている「思古淵さん」を祀る「地主神社」があり、そこの駐車場に車をつけた。


左手の明王谷に架かる赤い橋を渡ると、

 

左に納経所  入口の門は「政所表門」


右に境内が広がり
 赤い建物は「護摩堂」

石段の上に見えているのが「本堂」


左手前には「行者庵室」で、いずれも重要文化財。

 

正式名称は「阿都山葛川寺(かっせんじ)息障明王院」

 開山は相応和尚(そうおうかしょう)、創建は貞観元年(859年)。


 平安時代、無動寺谷に草庵を築いて比叡山中で厳しい修行を重ねていた相応和尚が、明王谷の奥にある三の滝で七日間の参篭に入り、満願の日、滝の中に不動明王を感得した。放心した相応が滝壺に飛び込むと、不動明王と見えたのは一本の桂の古木だった。その霊木から不動明王を刻み、安置したのが明王院の始まりと伝わっている。

 

 坊村の祭り・回峰行者による「夏安居会中」(8月18日)に行われる「太鼓廻し」は、この伝説が今も続いていて、勢いよく回転した太鼓に行者が飛び乗り、
合掌して向かい側に飛び降りるという勇ましい姿は、毎年多くの祈願者、参拝者が訪れる恒例行事になっている。
 この時、地主神社では村人たちがこぞって「豪州音頭」を踊ると納経所で聞いたが、明王院HPを見ると「伊勢音頭」と書かれていた。踊りとはまた別なのかも???

 

「本堂」

ご本尊は不動明王立像、千手観音立像、毘沙門天像
 不動明王と毘沙門天を脇侍とする独特の三尊形式は天台宗・横川中堂にならったものだそうで秘仏です。

 

「堂内」

 

格子から内陣を覗いたが暗くて見えず、

カメラでもはっきりと写らなかった。
     (次回に続けます)

 



葛川息障明王院
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000083070/p11726282c.html
近畿36不動尊巡礼 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

東大寺

   《前回4月2日、「東大寺 二月堂」からの続き》
 先月末 奈良に行き、興福寺(北円堂)から東大寺法華堂(三月堂)、二月堂までブログに書いたがその続きがなかなか書けずに日数が過ぎてしまった。
 せっかく奈良まで行ってきたのだから、せめて足跡として写真だけでもブログに残しておこうと!

 

 上院地区の不動堂、法華堂、二月堂を見て廻り、次は金堂へ向かうのだが。その間に諸堂が建ち並んでいる。
  この一角に「行基堂」があった。

 行基は天智天皇7年(668年)、河内国(現・大阪府堺市)で生まれ、関西地方を中心に布教、貧民救済・治水・架橋などの社会事業に活動した奈良時代の僧。
 日本で最初に僧の最高位である「大僧正」を与えられ、聖武天皇により奈良の大仏(東大寺)造立の実質上の責任者として招聘された。
 大仏開眼を見ずして造営中の天平21年(749年)に入滅したが、その功績により東大寺の「四聖」の一人に数えられている。

 

近鉄奈良駅に行基菩薩像が建てられている理由がここで解った。

 

行基堂の前に「俊乗堂」

堂内中央に国宝「重源上人坐像」が安置されている。
 治承4年(1180年)平重衡によって大仏殿が焼かれるなど、東大寺の多くの伽藍が焼失したが、10数年の歳月をかけて東大寺の再興を成し遂げたのが重源上人である。

 

以下、廻ってきた順に写真を並べてみた。
「鐘楼」

 梵鐘(国宝)は大仏開眼と同年の天平勝宝4年(752年)の製作で「奈良次郎」とも呼ばれている。

 

「東回廊」の横を通って

 

「中門」の前へ

 

正面回廊から見た「金堂」

満開の桜と大勢の観光客


「八角灯籠」の前でも凄い見物客だった

 

金堂に入って最初の写真は やはり「大仏さん」

 

隣の「虚空蔵菩薩」

 

裏に廻っても人・人!
 柱くぐりの順番待ち!


ほとんどが外国人だった


最後に正面から もう一枚!

 

金堂を出て「東大寺ミュージアム」へ

 

 玄関先に置かれた「大仏の両手」(実物大のレプリカ)と

 

お水取りで使われる「籠松明」

 

館内は撮影禁止なのでパンフレットを貼りつけた

 

ミュージアムの入館は4時、出たのは4時30分。
  帰宅は なんと7時! 三味線教室に間に合わなかった!

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000083070/p11726009c.html
奈良 | コメント( 4 ) | トラックバック( 0)

 やはり外国人多かったですか

[ モンセ分店薬局 薬剤師徒然日記 ] 2018/04/14 15:41:18 [ 削除 ] [ 通報 ]

モンセさん、多すぎます!!!!!

[ さとっさん ] 2018/04/15 0:01:43 [ 削除 ] [ 通報 ]

桜 綺麗ですね。
こちらのCerezo(さくら)も咲き始めました。
今日は、勝利の踊りを、あの登美丘高校ダンス部と踊れました。
勢いづいてくれればと思います。(^_-)

堺[ なにわのオオカミ ] 2018/04/15 1:57:47 [ 削除 ] [ 通報 ]

いいですね4連勝! ダンス部の記事はスポニチで見ました! アフロヘアは桜色だったのですか(^0^)

[ さとっさん ] 2018/04/15 23:53:25 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

入学式

 今日(11日)は尼崎市立中学 全校の入学式、私は母校の立花中学校の式典に参列させていただきました。
 第72回目の新入生は男子90名、女子95名の185名で5クラス。拍手で迎えられて体育館に入場。

 中に子ども三味線教室二期生の男女2名がいるので、目を凝らして見ていましたが見つけられませんでした。
 思い起してみれば、この子たちの小学校入学式も参列していましたね。6年なんてアッという間です。

 

 昨年は大きな雨というか春の嵐、それでも校門の桜は散らずに満開でしたが今年は見事に散ってしまって葉桜。
 一足早く体育館を出た新入生がクラス毎に記念写真を撮る場所に桜がないなんて・・・

 

 昨日(10日)は立花小学校の入学式でした。新入生は71名。75名を超えると3クラスになるのですが4名足らずに2クラス。


 来賓紹介の時、参列者が「ご入学おめでとうございます!」と言うと、新一年生が全員大きな声で「あ り が と う ご ざ い ま す」と答えてくれます。
一番可愛いシーンですね。


 最後は二年生全員による「歓迎の歌と演奏」。昨年入学した子どもたちが もう二年生です。しっかりとした歌と演奏(ピアニカ)を聴き、一年の成長ぶりがはっきりと見てとれました。



入学式
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000083070/p11725401c.html
地域の活動 | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

入学式に桜がないのは、やはり寂しいですね。(^_-)

堺[ なにわのオオカミ ] 2018/04/12 3:17:44 [ 削除 ] [ 通報 ]

今年の桜は開花が早すぎましたね
散り際のよさ! というか、入学式は葉桜でした(>_<)

[ さとっさん ] 2018/04/14 0:20:29 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

デジカメサークルの写真展

 昨年8月から地域総合センター上ノ島でデジカメ講座が開かれましたが、気づくのが遅くて参加できませんでした。 撮影会など、8回ほど連続の講座も終了し、その後、講座のメンバー中心に「デジカメサークル」を結成する運びになり、私も参加させてもらっています。


 サークルは毎月一回、各自撮影した写真を持ち寄って好評会、作品のレタッチなど、プロのカメラマン sophie(ソフィ)さんから受けたり、1月に撮影会も一度ありました。
 昨年11月から始まったサークル活動、新年度に入って早くも一回目の作品展を開くことになり、今日(9日)から総合センター2階ロビーで開催中です。

 期間は14日(土)まで!

 

場 所:尼崎市立地域総合センター上ノ島 2階ロビー
      尼崎市南塚口町8−7−25
期 間:4月9日(月)〜14日(土) 時間⇒ 9:00〜21:00

 

 すでに何度かサークルの記事を紹介されている西宮ブログ「たくじろうさん」の作品

 

私の作品は「廃線跡ハイク」

 



デジカメサークルの写真展
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000083070/p11724888c.html
地域の活動 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
さとっさんイメージ
さとっさん
プロフィール公開中 プロフィール
「たくじろう」さんからこのブログを教えてもらいました。ほとんど自宅でPCと過ごしています。あえて趣味をあげるのなら、お寺の参拝でしょうか。
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2019年 次の年へ 前の月へ 1月 次の月へ
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<