思いついたまま

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/satossan

やっと行ってきました「摩耶山・天上寺跡」C

  《前回「摩耶山・天上寺跡」からの続きです》

「摩耶山史跡公園」として綺麗に整地されていた旧天上寺跡を後にして、次は「王蔵院」のあった場所を探します。


史跡公園からはいきなり急な石段になり、用心深く下って行きました。

 

「兵庫信徳講」と刻まれた石柱。この後何度も目にします。
天上寺詣での講でしょうか?

 

石段を下りきると、ありました!!!!! 「王蔵院」の石柱が!

 

 天上寺の火災が よほど大きかったのでしょう。かなり下にある「王蔵院」まで延焼したのですね。跡かたも無くなっていました。


 王蔵院の前にもお寺があったのを覚えています。「大乗院」だったのですか、石碑を見つけました。

 

 天上寺本堂に、王蔵院のあった場所を示すジオラマが展示されていたので写真を載せました。

 

王蔵院前にもう一つ、摩耶の大杉の案内。行ってみることにします。

昔からこんな標識があったのかなあ? でも大杉は昔からありますよね!
先輩も ここは知らなかったようです。

この大杉も火災が原因で、徐々に樹勢が衰え枯死したと書いてありました。

なんと この大杉、市街地からも見えたそうです!

 

再び参道に戻って下りだすと「静黙園」の石碑!

 先輩が驚いていました!神戸高校の学生が懇親会によく使う合宿所のあった場所です。

 ここも焼け落ちたのですね。

 

どんどん下って行くと前方に「山門」が見えてきました。

ここまで火は及ばなかったようです。

延焼を免れた仁王像は現天上寺に保存されているとか。

 

 横にあった石碑をみて またビックリ! 王蔵院住職の「嵩 忠雄」さん、私が合宿で泊った時、この名前の表札があったのをハッキリ覚えていたのです。
 住職と話したかどうかは覚えておりません。
上の文字を見ると天上寺の住職も同じ名字!

 この記事を書いている時に先輩から連絡があり、天上寺の航空写真を見ると、ご朱印を貰った箇所に「王蔵院」と書かれてたよ!と聞きました。

 何度もマップを見ていて、王蔵院は少し北に表示されてたのに、今日確かめてみて、表示を最大にすると確かにありました。

でも ご朱印を貰った「金輪堂」には それらしきものが見当たらなかったのになあ!?

 

山門(仁王門)からは また急な下りになります。

参道横にポツンと「宝篋印塔」が置かれています

 

「説明板」に書かれた

 

「町石」もありました

 

「峠茶屋跡」の説明書き


「高尾大明神」の幟が見え、その先にアスファルト道が見えています。

 

 ついに山道は終わりで、道路に出ると左にロープウェイ駅と、右にケーブル駅。 山上から参道に入ったのが12時40分、ケーブル駅到着が13時40分、一時間かかって降りて来たことになります。

 

 ケーブルに乗って下駅に着くと、先輩が「近道があるよ!」と言って、行きに通らなかった学校の側の道を通ります。

学校の真ん中、グランドの横を通り抜けると確かに早道!
公道に出ると急な下り坂。行きに通らなかったのが分かりました。
 でも先輩は高校時代いつも此処を通っていたのですね。「クラブの練習でも使っていた」言っていました。


 山手幹線まで下りると交差点の角に喫茶店。コーヒー好きの私です、迷わず入りました。

 

今 回の天上寺跡へ行くのに、先輩に声を掛け 同行して頂き、とても有り難かったです。
 ロープウェイ山上から下ってきたといえ、私一人では到底無理な道のりで本当に助かりました。

 

 今、「王蔵院」は天上寺の中にあったと思っておきます。確かめに行くかも・・・(笑)

 




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000083070/p11267571c.html
その他 | コメント( 4 ) | トラックバック( 0)

初めまして。嵩忠雄の遠縁の者です。こどもの頃に遊びに行ったのが懐かしくて検索したらこちらにたどり着きました。
住職の名前が刻まれていますが、嵩は大阪大学で教鞭をとっていました。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B5%A9%E5%BF%A0%E9%9B%84

[ ディアころ ] 2018/10/24 20:17:18 [ 削除 ] [ 通報 ]

ディアころさん、こんばんは♪
ご訪問ありがとうございます! 嵩忠雄さんのご親戚でしたか。王蔵院は中学生を引率して勉強合宿をした場所なので懐かしい思い出がいっぱいあります。
 貼り付けて頂いたwikiを見ましたが、凄い経歴のお方ですね。気になったのは王蔵院住職の記載がなかったことです。住職もされていたと思われますがどうなんでしょう!?

[ さとっさん ] 2018/10/24 22:31:39 [ 削除 ] [ 通報 ]

さとっさん、こんばんは。
摩耶山の住職を誰がやっていたかの話は何度か聞いたことがあるのですが、あまり覚えていません。確か忠雄氏は大学の研究で忙しいので、ご兄弟のどなたか縁者の方がやっていたと思います。誰が住職だったかこんど聞いておきますね。1976年にお寺が焼失したときには親や親戚が大騒ぎしていたのを覚えていますが、今の摩耶山のお寺は嵩家から別の家に権利が移っていると聞いています。お坊さんをやる人がいなくなったからと聞いたと思うので、燃えたときには既に移っていたかもしれません。

[ ディアころ ] 2018/10/24 23:29:34 [ 削除 ] [ 通報 ]

ディアころさん、早速の返信ありがとうございます♪
仁王門にあった屋根替工費寄附者の石碑には発起人の所に「王蔵院住職嵩忠雄」と刻まれていましたね。
今でも王蔵院は天上寺の塔頭寺院で、グーグルマップを見ると天上寺の中に王蔵院の名が載っています。ブログに書いたようにやはり確かめに行かねばなりませんね。

また、なにかわかることがあれば教えてください。

[ さとっさん ] 2018/10/25 22:31:30 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
「高齢者講習」
ピロリ菌除去療法その後!
離れの修復工事
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
さとっさんイメージ
さとっさん
プロフィール公開中 プロフィール
「たくじろう」さんからこのブログを教えてもらいました。ほとんど自宅でPCと過ごしています。あえて趣味をあげるのなら、お寺の参拝でしょうか。
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 11月 次の月へ
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<