思いついたまま

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/satossan

良いのが見つかったのになあ!

 お寺巡りに出かける時、絶対に欠かせないのがスマホの充電器。どうも この充電器に良いのが当たらず、買って数日後に破裂した商品もあった。安い商品ばかりを選んで買っているかもだが、現在使っているのも安かったのに十分使えていた。

 ところが最近、外では数個のアプリをつけたまま充電するので消耗が激しく、3時間ほどで電池切れになる。
 この間、ずっと充電器を探していると、良さそうなのが昨日(18日)見つかった。


さっそく楽天市場で購入手続き(18日:0時36分)をすると!
 注文内容の確認(自動配信メール)が直ぐに届いた。

 

今日(19日)夕方、いつ発送されるのか?メールを見ると!!!!!

 商品は品切れ! 入荷まで かなり掛かりそうだ!

 

 1780円と、とても安く、メーカーもADATAだし、口コミ(評価)も良かったので、他店を探すことにして「キャンセル」!と返信(18:46)した。

 

このキャンセル・メールの返信は直ぐにあったが・・・

 

 キャンセル処理が完了次第、楽天市場からキャンセル作業終了のメールが自動配信される!とあるが届かない!!!!!

 

楽天銀行のマイ アカウントを見るとポイントが0になっている!
  781点のポイントが帰っていないので使えない!

 

そして同じ商品を探したが、一番安いのが2700円!
  一度1780円を見ているので この値段では買う気になれない。

価格ドットコムでも探したが、ほとんどの店が送料がいるので高い!


 しばらくは また様子見だな!

 

ネットショッピングで商品が無いなど、こんな経験は初めてだ。
 しかしポイントは いつ帰ってくるのだろう!?!?! 現時点ではまだ帰っていない。

 



スマホの充電器

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000083070/p11727170c.html
パソコン | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

地主神社〜日吉神社〜浮御堂

   《前回、「葛川息障明王院」近畿36不動尊 第27番からの続きです》


本堂でお参りを済ませ、外に出て空を見ると今にも降りそうな雲行き。
 明王谷川に架かる赤い橋(三宝橋)に戻って

「地主神社」に向かった

境内から見た「鳥居」

 

 地主神社は明王院の鎮守で貞観元年(859年)、相応和尚の創立と伝えられており、主祭神の「国常立命(くにとこたちのみこと)」ほか、この地の地主神である思古淵明神(しこぶちみょうじん)なども祀られている。


ひっそりとした境内には、拝殿・弊殿・本殿の三棟が一直線に建ち並んでいた。


 重要文化財の本殿と幣殿は室町時代(文亀2年。1502年)に建てられたとあるが、もっと古く感じた。

 

 車に戻って、納経所(明王院)で貰った葛川観光協会のガイドブックを見ながら昼食を終えたのは丁度12時。

 

国道に出ると正面に「かや葺きの家」が見えた。

 今では珍しくなった かや葺きの家、地元・坊村の住民によって管理され、民具の展示なども公開されている。


 帰りの道中、どこか近場の名所に寄って行ければと、まだ一度も訪れたことの無い「日吉神社」と「浮御堂」へ!車を走らせたが小雨が降ったり止んだり。


日吉神社に着くと雨が大きくなってきた。
 それでも両端の西本宮、東本宮を観て廻った。

 

車を駐車したのは境内の真ん中あたり。

 始めて見る鳥居!

 

「山王鳥居」といい、上部に三角形の破風(屋根)が乗った形をしていて、神仏習合を表しているとされるもの。

 

猿も居た!

 

西本宮楼門

 

東本宮楼門

 

日吉神社を出て、次は浮御堂。「山門」到着は2時30分だった。


 撮影ポイントT(先輩曰く) 外からフェンス越しに左側の全景を撮ったが・・・

 

以下、右から!

 

正面から!

あいにくの天気で今一つ(>_<)

 

 「浮御堂」は、正式名称「海門山満月寺」(臨済宗大徳寺派)の本堂で、ご本尊は阿弥陀如来。
 堂内には千体の阿弥陀仏が祀られている。

 

「観音堂」

祀られているのは聖観音座像(重文)

 

明王院の朱印を忘れていたので最後に貼りつけた。

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000083070/p11726690c.html
近畿36不動尊巡礼 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

「葛川息障明王院」近畿36不動尊 第27番

 近畿36不動尊巡礼も あと三ヶ寺となって結願(満願)が近づいてきている。いつから始めたのかな?と、ブログをめくってみると、2015年5月8日、神戸市北区道場の「鏑射寺(かぶらいじ)」が最初で この時、果たして全てを巡れるかどうか自信の無さそうな事を書いていた。
http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000083070/p11200656c.html


 先日(6日)、滋賀県大津市の「葛川息障明王院」へ行ってきたので あと二ヶ寺。今回も先輩のNさんに同行してもらった。
 この日の天気は昼から雨予報。日の変更も考えたがお互い空いている日がなく、何とかなるだろうと早目に出かけた。ところが、コンビニで弁当を買ってナビをセットする時、ETCカードを忘れたのに気づいて取りに帰ることに!
 予定より30分遅れて明王院に着いたのは11時だった。


 明王院は琵琶湖の西岸にそびえる比良山の西側、安曇川のほとりに坊村という小さな集落の中にあります。国道から山手に入ると直ぐ、突き当りに安曇川の流域で古くから信仰されている「思古淵さん」を祀る「地主神社」があり、そこの駐車場に車をつけた。


左手の明王谷に架かる赤い橋を渡ると、

 

左に納経所  入口の門は「政所表門」


右に境内が広がり
 赤い建物は「護摩堂」

石段の上に見えているのが「本堂」


左手前には「行者庵室」で、いずれも重要文化財。

 

正式名称は「阿都山葛川寺(かっせんじ)息障明王院」

 開山は相応和尚(そうおうかしょう)、創建は貞観元年(859年)。


 平安時代、無動寺谷に草庵を築いて比叡山中で厳しい修行を重ねていた相応和尚が、明王谷の奥にある三の滝で七日間の参篭に入り、満願の日、滝の中に不動明王を感得した。放心した相応が滝壺に飛び込むと、不動明王と見えたのは一本の桂の古木だった。その霊木から不動明王を刻み、安置したのが明王院の始まりと伝わっている。

 

 坊村の祭り・回峰行者による「夏安居会中」(8月18日)に行われる「太鼓廻し」は、この伝説が今も続いていて、勢いよく回転した太鼓に行者が飛び乗り、
合掌して向かい側に飛び降りるという勇ましい姿は、毎年多くの祈願者、参拝者が訪れる恒例行事になっている。
 この時、地主神社では村人たちがこぞって「豪州音頭」を踊ると納経所で聞いたが、明王院HPを見ると「伊勢音頭」と書かれていた。踊りとはまた別なのかも???

 

「本堂」

ご本尊は不動明王立像、千手観音立像、毘沙門天像
 不動明王と毘沙門天を脇侍とする独特の三尊形式は天台宗・横川中堂にならったものだそうで秘仏です。

 

「堂内」

 

格子から内陣を覗いたが暗くて見えず、

カメラでもはっきりと写らなかった。
     (次回に続けます)

 



葛川息障明王院
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000083070/p11726282c.html
近畿36不動尊巡礼 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

東大寺

   《前回4月2日、「東大寺 二月堂」からの続き》
 先月末 奈良に行き、興福寺(北円堂)から東大寺法華堂(三月堂)、二月堂までブログに書いたがその続きがなかなか書けずに日数が過ぎてしまった。
 せっかく奈良まで行ってきたのだから、せめて足跡として写真だけでもブログに残しておこうと!

 

 上院地区の不動堂、法華堂、二月堂を見て廻り、次は金堂へ向かうのだが。その間に諸堂が建ち並んでいる。
  この一角に「行基堂」があった。

 行基は天智天皇7年(668年)、河内国(現・大阪府堺市)で生まれ、関西地方を中心に布教、貧民救済・治水・架橋などの社会事業に活動した奈良時代の僧。
 日本で最初に僧の最高位である「大僧正」を与えられ、聖武天皇により奈良の大仏(東大寺)造立の実質上の責任者として招聘された。
 大仏開眼を見ずして造営中の天平21年(749年)に入滅したが、その功績により東大寺の「四聖」の一人に数えられている。

 

近鉄奈良駅に行基菩薩像が建てられている理由がここで解った。

 

行基堂の前に「俊乗堂」

堂内中央に国宝「重源上人坐像」が安置されている。
 治承4年(1180年)平重衡によって大仏殿が焼かれるなど、東大寺の多くの伽藍が焼失したが、10数年の歳月をかけて東大寺の再興を成し遂げたのが重源上人である。

 

以下、廻ってきた順に写真を並べてみた。
「鐘楼」

 梵鐘(国宝)は大仏開眼と同年の天平勝宝4年(752年)の製作で「奈良次郎」とも呼ばれている。

 

「東回廊」の横を通って

 

「中門」の前へ

 

正面回廊から見た「金堂」

満開の桜と大勢の観光客


「八角灯籠」の前でも凄い見物客だった

 

金堂に入って最初の写真は やはり「大仏さん」

 

隣の「虚空蔵菩薩」

 

裏に廻っても人・人!
 柱くぐりの順番待ち!


ほとんどが外国人だった


最後に正面から もう一枚!

 

金堂を出て「東大寺ミュージアム」へ

 

 玄関先に置かれた「大仏の両手」(実物大のレプリカ)と

 

お水取りで使われる「籠松明」

 

館内は撮影禁止なのでパンフレットを貼りつけた

 

ミュージアムの入館は4時、出たのは4時30分。
  帰宅は なんと7時! 三味線教室に間に合わなかった!

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000083070/p11726009c.html
奈良 | コメント( 4 ) | トラックバック( 0)

 やはり外国人多かったですか

[ モンセ分店薬局 薬剤師徒然日記 ] 2018/04/14 15:41:18 [ 削除 ] [ 通報 ]

モンセさん、多すぎます!!!!!

[ さとっさん ] 2018/04/15 0:01:43 [ 削除 ] [ 通報 ]

桜 綺麗ですね。
こちらのCerezo(さくら)も咲き始めました。
今日は、勝利の踊りを、あの登美丘高校ダンス部と踊れました。
勢いづいてくれればと思います。(^_-)

堺[ なにわのオオカミ ] 2018/04/15 1:57:47 [ 削除 ] [ 通報 ]

いいですね4連勝! ダンス部の記事はスポニチで見ました! アフロヘアは桜色だったのですか(^0^)

[ さとっさん ] 2018/04/15 23:53:25 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

入学式

 今日(11日)は尼崎市立中学 全校の入学式、私は母校の立花中学校の式典に参列させていただきました。
 第72回目の新入生は男子90名、女子95名の185名で5クラス。拍手で迎えられて体育館に入場。

 中に子ども三味線教室二期生の男女2名がいるので、目を凝らして見ていましたが見つけられませんでした。
 思い起してみれば、この子たちの小学校入学式も参列していましたね。6年なんてアッという間です。

 

 昨年は大きな雨というか春の嵐、それでも校門の桜は散らずに満開でしたが今年は見事に散ってしまって葉桜。
 一足早く体育館を出た新入生がクラス毎に記念写真を撮る場所に桜がないなんて・・・

 

 昨日(10日)は立花小学校の入学式でした。新入生は71名。75名を超えると3クラスになるのですが4名足らずに2クラス。


 来賓紹介の時、参列者が「ご入学おめでとうございます!」と言うと、新一年生が全員大きな声で「あ り が と う ご ざ い ま す」と答えてくれます。
一番可愛いシーンですね。


 最後は二年生全員による「歓迎の歌と演奏」。昨年入学した子どもたちが もう二年生です。しっかりとした歌と演奏(ピアニカ)を聴き、一年の成長ぶりがはっきりと見てとれました。



入学式
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000083070/p11725401c.html
地域の活動 | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

入学式に桜がないのは、やはり寂しいですね。(^_-)

堺[ なにわのオオカミ ] 2018/04/12 3:17:44 [ 削除 ] [ 通報 ]

今年の桜は開花が早すぎましたね
散り際のよさ! というか、入学式は葉桜でした(>_<)

[ さとっさん ] 2018/04/14 0:20:29 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

デジカメサークルの写真展

 昨年8月から地域総合センター上ノ島でデジカメ講座が開かれましたが、気づくのが遅くて参加できませんでした。 撮影会など、8回ほど連続の講座も終了し、その後、講座のメンバー中心に「デジカメサークル」を結成する運びになり、私も参加させてもらっています。


 サークルは毎月一回、各自撮影した写真を持ち寄って好評会、作品のレタッチなど、プロのカメラマン sophie(ソフィ)さんから受けたり、1月に撮影会も一度ありました。
 昨年11月から始まったサークル活動、新年度に入って早くも一回目の作品展を開くことになり、今日(9日)から総合センター2階ロビーで開催中です。

 期間は14日(土)まで!

 

場 所:尼崎市立地域総合センター上ノ島 2階ロビー
      尼崎市南塚口町8−7−25
期 間:4月9日(月)〜14日(土) 時間⇒ 9:00〜21:00

 

 すでに何度かサークルの記事を紹介されている西宮ブログ「たくじろうさん」の作品

 

私の作品は「廃線跡ハイク」

 



デジカメサークルの写真展
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000083070/p11724888c.html
地域の活動 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

ハナミズキ

 昨年の6月に植えた2本目のハナミズキが開花しました。1本目は一昨年の6月に植え、翌年4月に開花したものの、その後様子が変なので造園屋さんに見てもらうと枯れているのが分かり、その時 植え替えてもらったのが2本目です。


3日の朝、下の方に二つの蕾ができていて

 

6日に開花!

1メートルにも満たない小さな木なのに九つも! 綺麗に咲いてくれました。

 

ちなみに、一本目の開花写真は↓これ!

 

 両方とも同じ種類の「レッド ジャイアント」なのに、色がかなり違っていますね。

 

一本目の二の舞にならないよう、大きく育って欲しいと願うばかりです。

 



ハナミズキ
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000083070/p11724460c.html
そのほか | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

長居公園のハナミズキも、きれいに咲き始めましたよ。(^_-)

堺[ なにわのオオカミ ] 2018/04/09 2:38:11 [ 削除 ] [ 通報 ]

今年はハナミズキの開花も早そうですね。あちらこちらで よく見かけます(^0^)

[ さとっさん ] 2018/04/10 0:11:17 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

治田寺の「桜コンサート」

 尼崎のお寺巡りをしていた時に訪れた戸ノ内町の「治田寺」、ブログを書くのに治田寺のホームページ(HP)を見て、境内に「居宅介護支援事業所 ”つどい場みち”」という老人施設があり、このNPO法人の理事長は、私が現役最後の年の上司(部長)で、ご主人が名誉住職だと知りました。
 もう一度伺いたく、理事長と連絡をとり、先輩のNさんを誘って行ったのは2015年6月、3年前の事でした。この時! 思わぬ出来事がありました! なんと! 理事長とNさんは高校の同級生だったのです!
その時の様子を書いたブログは ⇒ http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000083070/p11217364c.html

 


 普段は一人でのお参りなのに、何故この時だけNさんを誘ったのか?は、わかりません。まさに仏(神)がかり的な ひきあわせ! 私の誘いがなければ この出会いは無かったのですから!

 

 前書きが長くなりましたが、今日(5日)治田寺で「桜コンサート」が開催されたので観に行ってきました。


 司会(理事長)の お話しでは、毎年4月の上旬に開催し、今年で7回目。暑かった年もあれば寒い年もあり、桜もちょうど上手い具合に咲いてくれなかったりで いつもヤキモキしているとか。昨年は開花前だったが、今年は下の方 半分が葉桜。でも上半分は散らずに満開でホッとしましたと言って笑っておられました。

 コンサートは「わたなべ ゆう」さんのギター演奏と「初田悦子」さんの歌。


 わたなべ ゆうさんは、ビートルズやカーペンターズなどのカバーやオリジナル曲も多数アルバムに収められ、アコースティックギター一本で表現する演奏は素晴らしかったです。

 

 初田悦子さんは、母(岩本節子)がシャンソン歌手で妹(岩本さつき)もシャンソン歌手という音楽一家で、18歳から幅広いジャンルの曲を歌いこなすボーカリストです。また、一人の女児を持つ専業主婦でもあります。


 前半は わたなべさんのソロ演奏。2曲目(未発表)、題名を聞き逃しましたが凄いテクニック要する演奏はシビレました。続いて わたなべさんの伴奏で「故郷」を会場のみんなで合唱。
 後半は初田悦子さんとコラボレーション。オリジナル曲はもちろん、ここでもみんなで合唱。曲は「蘇州夜曲」、歌詞カードが配られていたので大きな声で歌っていましたよ。会場の子連れのお母さんから、「きみのママより」をまだ歌ってないよ!と声が掛かってアンコール。さらに一曲、「川の流れのように」を全員で歌ってお開きとなりました。

 

 お二人とも、ライブ活動、イベント出演に加え、デイサービスや高齢者支援施設、小学校、保育園などへの訪問コンサートを全国で展開されています。

 



治田寺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000083070/p11724146c.html
子ども三味線教室 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

ランチパスポート Vol.12 「讃岐家めんどん」

 先月の16日に三冊目のランチパスポートを買っていましたが、なかなか使う機会がありませんでした。今日は(4日)妻が出かけて居らず、お昼を用意してくれないので久し振りにランパスの使用です。


さて! 何処へ行こうか? たくさんの店を紹介しているので悩みます。 その中で前回行けなかった武庫之荘の「讃岐家めんどん」に決めて出掛けました。


武庫之荘駅前で店の場所を探しているとバッタリ知人と!
 ランパスで めんどん に行くのだけど・・・と言うと、知人は めんどんの常連らしく、それなら私も!と言う事になり、一人で初めての店に入るのが苦手な私なので非常に助かりました。

 

 お店はアットホームな雰囲気と確かな味で創業以来19年、地元に愛され続けるうどん店。

 

ランパス メニューは「玉子丼と釜揚げうどん or そばセット」
 今日は暑かったので ざるそばセットを注文しました。

ランパス以外では和食を中心にメニューも豊富で馴染みの客が多かったです。


店を出た所にあった自動販売機にビックリ !!!!!
 尼崎ではよく見かける「おいでや」の自販機ですが


30円の商品がありましたヨ!

 

 ランチパスポート Vol.12 はプロ野球の開幕に合わせたのか、阪神版は「阪神タイガース応援企画」特集で10店の店が「スタンプラリー」の対象店となっています。(表紙のデザインもタイガース風ですね)

 



「讃岐家めんどん」
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000083070/p11723938c.html
ランチパスポート | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

東大寺二月堂

  《前回、「奈良・法華堂(三月堂)からの続きです》


 法華堂内陣に祀られた10体の素晴らしい仏像群を拝観した後、北隣の二月堂へ向かいました。

 石段を上がると正面に手水舎、その先に飯道神社というのが見えています。

登り口に「不動堂」の案内! 

 

割と近くにありそうなので寄ってお参りしてきました。

ここまで来ると誰も観光客はいません

 

 大仏殿東方の山麓は「上院」と呼ばれる地区で、開山堂、三昧堂(四月堂)、二月堂、法華堂(三月堂)などがあり、大仏開眼以前から存在した東大寺の前身寺院があった場所だそうです。

 

不動堂から引き返して

正面に小さく写っているのは大仏殿

 

南舞台回廊から「二月堂」に入りました。

 

 旧暦2月に「お水取り(修二会)」が行われることからこの名がある。二月堂は平重衡の兵火(1180年)、三好・松永の戦い(1567年)の2回の戦火には焼け残ったが、寛文7年(1667年)、お水取りの最中に失火で焼失し、2年後に再建されたのが現在の建物である。本尊は大観音(おおかんのん)、小観音(こがんのん)と呼ばれる2体の十一面観音像で、どちらも何人も見ることを許されない絶対秘仏である。建物は2005年12月、国宝に指定された。(東大寺HPより引用)


 修二会の正式名称は「十一面悔過(じゅういちめんけか)」と言い、「十一面」とは「十一面観世音菩薩」のこと、「悔過(けか)」とは私たちが生きる上で過去に犯してきた様々な過ちを、本尊の仏前で発露(ほつろ)、懺悔(さんげ)する(告白して許しを請う)ことをいうそうです。


 例年、3月1日から14日まで本行が行われ、春を告げる行事となっていて奈良時代から続く伝統行事で、天平勝宝4年(752年)以来、途絶えたことがないという。
 お松明は14日夜まで続き、13日未明に二月堂下の井戸から「香水(こうずい)」をくみ上げて本尊・十一面観音に供える儀式「お水取り」があり、15日未明に満行となります。
 クライマックスでは11本の籠松明(長さ8b、重さ70`)が登壇して、振り回しながら舞台を駆け回るというから凄いです。

 

 

 下記の注意書きがありましたが、24時間参拝可能というのも凄いですね!

 

1.二月堂本堂周辺(舞台も含む)は三脚の使用はできません。
  また、お百度を回っておられる信者さんにカメラを向けたり、
  巡礼の邪魔をしないよう、ご協力のほどよろしくお願い致します。

2.24時間参拝可能ですが、夜間は本堂正面で騒いだりしないようご注意下さい。

 

 拝観は無料ですが本堂(内陣)には入れません!

 



東大寺二月堂
goodポイント: 1ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000083070/p11723496c.html
奈良 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
さとっさんイメージ
さとっさん
プロフィール公開中 プロフィール
「たくじろう」さんからこのブログを教えてもらいました。ほとんど自宅でPCと過ごしています。あえて趣味をあげるのなら、お寺の参拝でしょうか。
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 4月 次の月へ
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<