生まれも育ちも西宮

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/nishinomiyako

おまわりさんに道を尋ねる

十年ひと昔というので、もうふた昔ほど前の話になります。
「まぐろ亭」という食べ放題の回転寿司店がありました。
結構マスコミで取り上げられている有名なお店でした。

私と友人は北新地のお店には行ったことがあったのですが、今度は茶屋町のお店に行こうという話になりました。
お店の場所は調べて行ったのですが、たどりつけません。

そうこうするうちに、前からおまわりさんが歩いてきました。
地獄で仏、渡りに船とはこのこと。
友人の反対を押し切って、私は道を尋ねました。

おまわりさんはかぶっていた制帽の中からおもむろに……
折りたたんだ地図を出し、親切に教えてくれました。
私はお店の場所が分かったことより、帽子の中から地図が出てきたことに感激しました。

私は、お店を探してウロウロと歩き回るより、聞くのが手っ取り早いと思いました。
道を尋ねることを、なぜ友人は反対したのでしょう。
はやりの回転寿司店へ行くミーハーだと思われたくなかったのでしょうか。
それとも、梅田で道を尋ねる田舎者だと思われたくなかったのでしょうか。
その理由を聞きそびれたまま年月が過ぎました。

(無料イラストより)

この女性より私はほんの少し(笑)若いです。





goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11737972c.html
その他 | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

ほんの少しではなく、かなり若いですよ。この方の娘くらいではないですか?それにしても、内容にぴったりのイラストがあるものなのですね。私も、自分で何とかしようと思うほうです。聞いたら早いのにね。一種のプライドじゃないですか?

[ たんぽぽ ] 2018/05/21 20:01:45 [ 削除 ] [ 通報 ]

申し訳なく思ったのでは、ないでしょか?

自分たちは遊びに来ていて、
勤務中の方に飲食店の道順を聞くのが
申し訳なく思われたのではないでしょうか。
病院だったり、駅などだったら、
その方も警察官の方に聞くのを賛成したとお思います。

[ tyu2 ] 2018/05/22 8:47:48 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

たこせんべいの里

淡路島の「たこせんべいの里」のお土産をいただきました。

甘辛味、のり味、七味、イカすみ、えびちり、梅小花、ごま小花、わさび小花の8種類がそれぞれ小袋に入っています。
私のお気に入りは鼻にツンとくる「わさび小花」です。

駄菓子屋さん風に、瓶に入れてみました。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11737686c.html
食べ物 | コメント( 1 ) | トラックバック( 0)

「お土産シリーズ」久しぶりですね。これからの季節、多くなるのでしょうか?楽しみにしています!

[ たんぽぽ ] 2018/05/21 20:04:17 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

太宰治の辞書(北村薫著)

日連続で本の記事をアップしていますが、毎日1冊ずつ読んでいるわけではありません。
最近、今年になって36冊目の本を読みました

「円紫さんと私シリーズ」の第6巻である『太宰治の辞書』です。
ここには『花火』『女生徒』『太宰治の辞書』がおさめられています。

第1作(1989年出版)の「私」は19歳、国文科に通う大学生でした。
第6作(2015年出版)の「私」は40代の編集者。
夫と中学生の一人息子がいます。

夫との馴れ初めを知りたいと思いながら読み進めましたが、最後まで分からずじまいでした。
インタビュー記事から推測すると、北村薫氏は「私」を結婚させたくなかったようです。
まるで父親ですね。
だから、二人の馴れ初めや夫がどんな人であるかを書きたくなかったのでしょう。

私は第6作で完結するのだと勘違いしていましたが、どこにもそんなことは書いてありませんでした。
第7作を楽しみに待とうと思います。



円紫さんと私シリーズ
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11737336c.html
読書 | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

第7作目が待ち遠しいですね。知りたいことがわかるといいですね。

[ たんぽぽ ] 2018/05/19 19:41:24 [ 削除 ] [ 通報 ]

たんぽぽ様
次の巻は楽しみですが、北村薫さんは私の知りたいことを教えてくれないような気がします。

[ 西野宮子 ] 2018/05/21 13:51:11 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

朝霧(北村薫著)

「円紫さんと私シリーズ」の第5巻である『朝霧』を読みました。
この本には『山眠る』『走り来るもの』『朝霧』がおさめられています。
今年になって35冊目の本になります。

落語家の春桜亭円紫さんと、日本文学を学ぶ大学生の私が日常の謎を解いていきます」と今までは説明していましたが、『山眠る』で大学を卒業し、『走り来るもの』では出版社で働き始め、『朝霧』では恋の予感が。




円紫さんと私シリーズ
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11736843c.html
読書 | コメント( 4 ) | トラックバック( 0)

北村薫さんシリーズですね。私が買って読んだ本は友人2人に回し読みするのですが、そのうちの一人が、次々と渡すと「そんなに本読んで肩凝らない?」と聞くのですが、私の肩こりはそこから来ているとは思ってもみませんでした。今はさほど読んでいないのですが、肩が凝っています。ミシン仕事のせい?宮子さんは本を読んで肩がこるということはないですか?

[ たんぽぽ ] 2018/05/19 19:39:41 [ 削除 ] [ 通報 ]

ひゃ〜すごい勢いで読んでおられますね。「円紫さんシリーズ」は読破されましたね。おめでとうございます(^^)v
上記のたんぽぽさんのコメントにある肩こりですが、読書で肩こりになるのは姿勢が原因と思います。
パソコンでも手芸でも悪い姿勢だと肩こりになってしまいます。
宮子さんは机に向かって座って読みますか? ソファに横になって? 私は布団に寝転んで(^^ゞ ←一番悪い姿勢(笑)

[ もりもり ] 2018/05/19 21:13:56 [ 削除 ] [ 通報 ]

たんぽぽ様
私は何をしても肩が凝ることはほとんどありません。
母は凝り性で、肩たたきや肩もみは子どものころから私の役目でした。

[ 西野宮子 ] 2018/05/21 13:39:36 [ 削除 ] [ 通報 ]

もりもり様
私はイスやベッドに座って読みます。
最初はベッドに座っていても、だんだんとお尻を滑らして、最終的にはあおむけに寝て読んでいることもあります。
中学生時代、腹ばいになって読んでいて仮性近視になり、最後には本物の近視になった苦い経験があります。

[ 西野宮子 ] 2018/05/21 13:48:08 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

六の宮の姫君(北村薫著)

「円紫さんと私シリーズ」の第4巻である『六の宮の姫君』を読みました。
今年になって34冊目の本になります。

落語家の春桜亭円紫さんと、日本文学を学ぶ大学生の私が日常の謎を解いていきます。
今回は、芥川龍之介の短編『六の宮の姫君』の成立をめぐる謎解きでした。

芥川龍之介、菊池寛、そして他の多くの作家の作品が引用されています。
その引用部分が謎解きに必要なのに、興味が持てずに流し読みしました。
まあそれでも結末は分かったので、良しとしましょう。




円紫さんと私シリーズ
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11736395c.html
読書 | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

年内に100冊いけるかもしれませんね。

[ たんぽぽ ] 2018/05/17 18:05:54 [ 削除 ] [ 通報 ]

たんぽぽ様
マイペースで読んで、その結果、100冊読めればいいですね。

[ 西野宮子 ] 2018/05/18 16:02:47 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

淋しいのはアンタだけじゃないB(吉本浩二著)

吉本浩二著『淋しいのはアンタだけじゃないB』を読みました。
すでに読んだ@A同様、聴覚障害や聴覚障害者について知りたくて読みました。
 
取材に基づくドキュメンタリーマンガです。
マンガではありますが、今年になって33冊目の本、とさせていただきます。

@に関する記事
 
@は聴覚障害や聴覚障害者についての基礎知識が分かりやすく説明されていましたが、Bになると内容が専門的でむずかしかったです。

全3巻を読んで分かったことは、聞こえ(聴覚障害の症状)は聴覚障害者それぞれだということでした。
 



小学館ビッグコミックス
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11735878c.html
読書 | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

第三巻もでているんですね。ということは、評判もまずまずなんでしょうね。

[ たんぽぽ ] 2018/05/17 18:08:44 [ 削除 ] [ 通報 ]

たんぽぽ様
第3巻で終わりました。
当初からの予定だったのか、売れなくて終わったのか。
マンガの中で作者が「本も売れなくて… 赤字作品につき合わせてしまって…」と言っています。

[ 西野宮子 ] 2018/05/18 16:12:09 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

黒板の今昔

今日、ABCラジオの「ドッキリ!ハッキリ!三代澤康司です」を聞いていると「スタジオ内の黒板に〜」という声が聞こえてきました。
でも、スタジオ内にあるのは多分ホワイトボードでしょう。

「黒板」、懐かしい響きです。

私が小学校に入学したとき、教室にあるのは黒い「黒板」でした。
いつからか黒板は、目に優しいといわれる緑色に変わりました。
緑色だから「緑板」だ、などという子もいました。

広辞苑を引いてみました。
黒板:白墨(はくぼく)で書けるよう、油煙墨・漆などの塗料で黒または緑色に塗った板。塗板。
緑色でも黒板と呼ぶのですね。

先生が板書されたものを休み時間に消すのは日直の役目でした。
中学時代か高校時代になると、先生が自分で消しておられたような記憶があります。

黒板消しをきれいにする方法にも変化がありました。
黒板消しを両手にひとつずつ持ち、窓の外で両手をパンパンと叩き合わせました。
風向きを考えずにやると大変な目にあいました。
いつからか、黒板消しの電動式クリーナーが登場しました。

今は「電子黒板」なんていうのがあるそうですね。
隔世の感があります。
一度見てみたいです。

無料イラスト



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11735461c.html
その他 | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

私は、ホワイトボードのことを「黒板」とは言いませんが、ついつい「黒板」と言ってしまう人がたまにいますね。言い慣れた聞きなれた言葉がついつい口をついて出るもんですね。もしかしたら「みよちゃんち」には本当の黒板があるのかもしれませんよ。

[ たんぽぽ ] 2018/05/15 19:36:41 [ 削除 ] [ 通報 ]

たんぽぽ様
番組内で「黒板」と言ったのは、みよちゃんではなくパートナーの山田雅人さんです。
ということは、山田雅人さんの家には黒い黒板があるのかな?

[ 西野宮子 ] 2018/05/16 10:21:37 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

入りづらい中央図書館

西宮中央図書館の出入り口は二重扉で、平面図で表すと円形です。
円形なので当然、ガラスはカーブ(湾曲)しています。

言葉ではうまく説明できないので、写真をご覧ください。
(プライバシーに配慮して休館日に撮りました。
というのは、館内から出入り口の写真を撮っていて注意を受けたことがあるからです。
もちろん、顔は写していませんでした。


外から入るとき、最初のドアを通るのには何の支障もありません。
でも、2番目のドアの前に行くと、そのガラス面には私の姿やら外の景色やらが歪んで映っていて、それを見ると平衡感覚がおかしくなります。
思わず目をつむりたくなるほどです。
歪んで映るのは、ガラスがカーブしているからでしょうね。

中央図書館へ行ったことのある人で、同じ経験をしたかたはいませんか?


西宮中央図書館
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11734646c.html
その他 | コメント( 4 ) | トラックバック( 0)

長い長いこと行っていないのであの図書館の出入り口の形状をもう忘れています。こんなんでしたっけ?

[ せいさん ] 2018/05/14 11:49:54 [ 削除 ] [ 通報 ]

夙川にある図書館ですね。1年くらい前にガイドで行きましたが、気が付きませんでした。甲子園の元ダイエーの入り口が半円で二重ではなかったのですが、入りづらかったです。いまはロコワです。

[ たんぽぽ ] 2018/05/14 19:39:20 [ 削除 ] [ 通報 ]

せいさん様
この間行ったときは「こんなんでした」よ。

[ 西野宮子 ] 2018/05/15 14:11:27 [ 削除 ] [ 通報 ]

たんぽぽ様
夙川という名の川の近くにある図書館です。
地域としては香櫨園でしょうか。

[ 西野宮子 ] 2018/05/15 14:13:09 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

母の日

今日は母の日。

私が小学生だったころの話をします。
私は女優の吉田羊さんのように(そんなええもんか!?)年齢非公表ですが、いつごろの話か大体お分かりでしょう。

母の日の前になると、学校でカーネーションの申込受付がありました。
カーネーションといっても本物の花ではなく、造花です。
「お母さん、ありがとう」などのメッセージが付いていたかもしれません。
安全ピンが付いていてブローチ状になっていたような記憶があります。
金額は覚えていませんが高くはなかったはずです。
母の日の前日の土曜日(当時は休みではなかった)にカーネーションを受け取って帰り、翌日、母にプレゼントしました。

私は親(母)からお金をもらって、そのカーネーションを買っていました。
母からもらったお金で買ったカーネーションを母にプレゼントするのは変だ、とずっと思っていました。

この歳になって気が付きました。
本来は自分のお小遣いで買うものだったのですね。
私はお小遣いをもらっていなかったので、母がお金を出してくれたのでしょう。

小学校で母の日のカーネーション(造花)を買った経験のあるかた、いらっしゃいますか?

無料イラスト




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11734372c.html
その他 | コメント( 6 ) | トラックバック( 0)

小学校でカーネーション、買ったことあります。
忘れていましたが・・・よく覚えてらっしゃいましたね〜☆

[ ぷりんまろ ] 2018/05/13 19:13:24 [ 削除 ] [ 通報 ]

買ったという記憶はないですね。本当に、昔のこと、すごくあいまいにしか、覚えていないんです。

[ たんぽぽ ] 2018/05/13 19:28:32 [ 削除 ] [ 通報 ]

ぷりんまろ様
三重県の小学校ですか?
ぷりんまろさんは私より若いけれど、同じ思い出がありましたね。

[ 西野宮子 ] 2018/05/14 9:59:52 [ 削除 ] [ 通報 ]

たんぽぽ様
古いことを忘れないと新しいことが覚えられませんものね。
でも、お年寄りがよく言っています。
「昔のことは、よ〜覚えてる」と。

[ 西野宮子 ] 2018/05/14 10:03:55 [ 削除 ] [ 通報 ]

私の大学の友人にも宮子さんと同じような母の日イベントの記憶があるのですが、私は全然覚えていません。
母の日にプレゼントした明瞭な記憶は高校生くらいのときです。
「肩たたき券」や「お手伝い券」を贈ったかもしれませんが、それもはっきり覚えていません。 親不孝な私です・・・

[ もりもり ] 2018/05/19 21:20:39 [ 削除 ] [ 通報 ]

もりもり様
お母様と一緒にお出かけされた話をもりもりさんのブログで読みました。
今、親孝行していればそれで十分だと思いますよ。

[ 西野宮子 ] 2018/05/21 13:55:12 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

ネグレクトA

きのうの記事「ネグレクト@」では「生産者にネグレクトされていた野菜です」とだけ書き、早寝しました。

その続きを書きます。


このほうれん草は生育が悪かったので収穫されずに畑に放置され、とうが立ちました。

茎が太くなり、花のつぼみもあります。



でも、ゆでてみると、葉っぱはもちろん太い茎もやわらかです。

昨夜はお浸しにしました。

今夜は白和えにしましょうか(独り言)。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11733901c.html
食べ物 | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

産直で有機野菜を共同購入していた時は、こういう野菜をいっぱい食べていましたよ。工業製品のように計画的にはいかないので、同じ野菜の出来が良すぎて、生産者も出荷の順が回ってこないとき、こういう野菜が次々コンテナに入っていました。

[ たんぽぽ ] 2018/05/12 20:35:55 [ 削除 ] [ 通報 ]

たんぽぽ様
産直の共同購入のことを知らないので勉強になりました。
一般の消費者は見た目のいい野菜を求めがちですが、食べれば同じですよね。

[ 西野宮子 ] 2018/05/13 15:23:08 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
西野宮子イメージ
西野宮子
プロフィール公開中 プロフィール
平成27年10月25日に人生初のブログを始めました。
年中無休を目指していますが、パソコン入院中の11日間と、サボりで1日、うっかりミスで1日、計13日お休みしました。

文字でお喋りを楽しみましょう。
みなさんとブログ版「井戸端会議」ができればいいなぁと思っています。
コメントをお待ちしています。

前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 8月 次の月へ
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
今日 合計
ビュー 89 108868
コメント 1 5114
お気に入り 0 3

おすすめリンク