生まれも育ちも西宮

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/nishinomiyako

どっちやねん?

北極みたいに冷えてるよ。

 

温暖化が進むと氷がとけちゃうよ!

 

それやったら、北極みたいに冷やすのをやめたらいいやん!



コカコーラ

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11682604c.html
自動販売機 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

シベリア発見!

西宮阪急の「パンセレクション」の折込チラシを見ていて「シベリア」発見!
前から食べてみたいと思っていたので、シベリアを買うために、そして映画を見るためにガーデンズへ行きました。
この前の水曜日の話です。


これがシベリアです。
カステラ・羊羹・カステラの三層になっています。

 

 

 

カステラも羊羹も甘さ控えめで食べやすかったです。

カステラは一般的なカステラとは違う軽い食感で、おいしかったです。

羊羹抜きでカステラだけを売ってほしいとと思いました。

 

以下はウィキペディアから抜粋しました。


羊羹や小豆餡はサンドイッチのように、スライスしてカステラに挟み込んでいるのではなく、トレーにカステラを敷いてから融けた状態で流し込み、さらにその上にカステラを被せるので、羊羹とカステラが癒着しているのが大きな特徴である。


かなり古い歴史があるようで、1916年創業の横浜のコテイベーカリーによれば、誕生は明治後半から大正初期頃で、当時はどこのパン屋でも製造していたとの記録がある。 


関東以外の地方や外国にも同種の菓子の存在は認められない。


名称の由来に関しては諸説あるが、特によく聞かれる説は、羊羹をシベリアの永久凍土に見立てたという説、カステラの部分を氷原に、羊羹の部分をシベリア鉄道の線路に見立てたという説、シベリア出兵にちなんだものだからという説、日露戦争に従軍していた菓子職人が考案した説等である。


アニメーション映画『風立ちぬ』の劇中に登場したことにより、再び人気が高まっている。



西宮阪急パンセレクション シャンパンベーカリー 弦斎カレーパン 高久製パン
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11682457c.html
食べ物 | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

食べたことありますが、シベリアって言うんですね。

[ ふく ] 2017/11/18 14:43:47 [ 削除 ] [ 通報 ]

ふく様
関東で召し上がったのですか?
それとも、関東から来られた方のお土産ですか?
興味津々です。

[ 西野宮子 ] 2017/11/19 13:27:39 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

ガパオライス

先日ガーデンズで映画を見た帰り、成城石井で「鶏ひき肉のピリ辛ガパオライス」を買いました。


エスニックっぽい響きだけれど、ガパオライスって何?
調べてみるとタイ料理でした。
肉類(主に豚ミンチ)とガパオを、ナンプラーとオイスターソースで炒めた料理だそうです。
ガパオ(タイ語)とはホーリーバジルのことで、和名はカミメボウキ(神目箒)です。


手前に載っているのは鶏ひき肉、筍、人参を炒めたもの。

2色のパプリカとインゲンがトッピングしてあります。
ほかに、クミンで味付けしたポテト、フライドオニオン、ゆで卵、かぼちゃが載っています。

 

 

タイ料理を日本の我が家に居ながらにして食べることができて大満足。

でも、再び買うことはないと思います。

今度食べるのなら、本場のタイで食べたいものです。



成城石井
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11682200c.html
食べ物 | コメント( 4 ) | トラックバック( 0)

マンゴーツリーカフェだったかというチェーン店があり、東京駅の駅ナカにテイクアウト専門店ができています。そこのガパオ、結構気に入っていて、生ビールとガパオをよく買っていました。最近は糖質に気をつけているので、食べません。タイ料理の店が身近に増えたので、時々食べに行くことがありますが、成城石井のはどうなんでしょうね。

[ ふく ] 2017/11/17 14:57:49 [ 削除 ] [ 通報 ]

ふく様
以前、西宮北口で食べたエスニック料理がタイ料理だったように思います。
料理選びに失敗したのか、どの料理も甘くて辛く(スパイシー)、味が単調でした。
マンゴーツリーカフェに興味がわき調べてみました。
マンゴーツリー系のお店は大阪のグランフロント、ルクア、エキスポシティーにもあるようです。

[ 西野宮子 ] 2017/11/18 11:19:46 [ 削除 ] [ 通報 ]

日本にある東南アジアのお料理はヴェトナムかタイが多いです。インドネシアはカレー、シンガポールは海南ライスも思い浮かばないことはないと思います。いずれも日本風かもしれません。中でもタイは甘酸っぱい印象です。甲東園のイサラがそこそこ古いです。西宮北口にも阪神間に何店舗かだしているチェーン店があったと思います。ルクアにありますか。試してみる場合はランチコースなどで頼むのがよいかもしれません。

[ ふく ] 2017/11/18 14:09:00 [ 削除 ] [ 通報 ]

ふく様
食べてみたいものがまた一つ増えました。
海南ライスです。

[ 西野宮子 ] 2017/11/19 13:25:19 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

ラストレシピ〜麒麟の舌の記憶〜

きのうガーデンズで映画「ラストレシピ〜麒麟の舌の記憶〜」を見た。

 

二宮和也主演の料理に関する映画だということぐらいしか予備知識はなかった。

特にこの映画を見たかったというわけではなく、映画館で新作映画をみたかっただけだったので、期待はしていなかった。

しかしそれは嬉しい誤算で、最後まで退屈させない面白い映画だった。

 

1930年代、天皇の料理人(西島秀俊)が考案した幻のフルコース・メニュー。

2000年代はじめ、その再現に挑むのは愛を知らない天才料理人(二宮和也)。

 

意外な結末には驚いた。

出てくる料理はみなおいしそうだった。


  無料画像より



二宮和也 ロールキャベツの雑煮風 鮎の春巻 ビーフカツサンド
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11681902c.html
映画 | コメント( 4 ) | トラックバック( 0)

 満州国にも関係があるとのことなので1、そのうちに見に行こうと
思っています。宮子さんのお墨付きなので安心して行けます。

[ mamimi ] 2017/11/16 15:35:06 [ 削除 ] [ 通報 ]

mamimi様
「お墨付き」なんて言われると責任重大ですね(笑)。
1930年代の物語の舞台は満州国です。
哈爾濱(ハルピン)も出てきます。

[ 西野宮子 ] 2017/11/16 19:26:22 [ 削除 ] [ 通報 ]

日曜日に行く予定です♪
感想を読んでますます楽しみです♪♪

[ ぷりんまろ ] 2017/11/16 21:17:43 [ 削除 ] [ 通報 ]

ぷりんまろ様
おいしそうなお料理がいっぱい出てきます。
お料理好きなぷりんまろさんにとっては、それだけでも十分楽しめると思いますが、ストーリーもミステリー仕立てで面白かったです。

[ 西野宮子 ] 2017/11/17 14:07:52 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

上流階級 富久丸百貨店外商部U(高殿円著)

半年前に図書館で予約した『上流階級 富久丸(ふくまる)百貨店外商部U』の順番がやっと回ってきました。

面白くてあっという間に読んでしまいました。

このシリーズの第1巻も面白かったです。

 

富久丸百貨店が芦屋にある設定なので、阪神間のいろんな場所が登場し、身近に感じました。

自分は上流階級や百貨店外商部とは縁のない暮らしをしているので、未知の世界を知ることは興味深かったです。

 

第1巻が以前ドラマ化されたときには見ていないので、だれがどの役を演じているのか興味があります。

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11681457c.html
読書 | コメント( 4 ) | トラックバック( 0)

高殿円さんは、上流階級執筆当時は西宮市在住。自転車で取材に芦屋の街を走り回られたそうです。それが縁で、4年前に芦屋に転居。
来年の彼女の母校を取材基地にした甲子園ホテルの物語が楽しみです。迫力あるふくよかな女性でした。

[ seitaro ] 2017/11/15 16:39:31 [ 削除 ] [ 通報 ]

考えようによっては私の仕事は外商さんと同じくお金持ちを相手にすることがありましたので、なかなか面白いものを見聞きしたりしこんなバカなことあるんだ、ウケるだろうなとは思いますが、守秘義務があるので、現場の人間は書けないので残念です。

[ ふく ] 2017/11/16 8:49:23 [ 削除 ] [ 通報 ]

seitaro様
西宮文学案内秋季講座での高殿円さんの講演内容をseitaroさんのブログで拝読しました。
新しい作品も楽しみですが、私が図書館で借りて読めるのはずっと先になりそうです。

[ 西野宮子 ] 2017/11/16 13:51:41 [ 削除 ] [ 通報 ]

ふく様
ふくさんのブログを読んで、お仕事を勝手に想像していました。
中らずと雖も遠からず、ではないかと思っています。
覆面作家として、事実をほんの少し脚色したフィクションを書いてはいかがでしょう。

[ 西野宮子 ] 2017/11/16 14:17:08 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

淡路島酒蒸し○○○○

お土産をいただきました。


まず目に入った「淡路島酒蒸し」という言葉と、包装紙をパッと見た印象から、淡路島でとれた海産物のおつまみ系かおかず系のお土産だと思い、(お菓子じゃないので)ちょっとテンションが下がりました。

でも包装紙をよく見ると、酒蒸し「きんつば」でした。
珍しいのですぐにでも食べたいと思いましたが、賞味期限に余裕があるので、しばらくは「非常食(笑)」として置いておくことにしました。




淡路島酒蒸しきんつば
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11680956c.html
食べ物 | コメント( 6 ) | トラックバック( 0)

このきんつばの包み、別のところで見たことがあります。ひょっとして外のパッケージだけ変えて売っているかもと思って検索したら、伊丹長寿蔵、灘にもありました。サンキ商会という岡山の会社の製品のようです。

[ ふく ] 2017/11/14 13:16:28 [ 削除 ] [ 通報 ]

宮子様 珍しい、きんつばですね〜お酒が入っていると子供やお酒のの飲めない方は甘党でも食べられませんね〜
そうそう宮子様は甘党辛党両刀使いでしたね〜
美味しそうです。よく味わって召し上がって下さいませ。

[ チエリー ] 2017/11/14 20:41:07 [ 削除 ] [ 通報 ]

おいしそう♪ だぶんおいしいでしょう。
私はきんつばが大好きです。 酒饅頭も大好きです。
なので両方合わさったコレはまさに垂涎もの。
ああ、おいしそう、たぶんおいしいでしょう。

[ もりもり ] 2017/11/15 22:44:42 [ 削除 ] [ 通報 ]

ふく様
優れた観察力と調査力に脱帽!
淡路島とか灘とか地名だけ変えて売っているのですね。
私も調べて、淡路市の老舗酒造「千年一」の地酒を使っていることを知りました。

[ 西野宮子 ] 2017/11/16 13:36:19 [ 削除 ] [ 通報 ]

チェリー様
アルコール分は残っていないそうですのでご心配無用です。

[ 西野宮子 ] 2017/11/16 13:40:00 [ 削除 ] [ 通報 ]

もりもり様
きんつばと酒饅頭のマリアージュですね。
惜しんでまだ食べていないので、私も、もりもりさん同様「おいしそう、たぶんおいしいでしょう」。

[ 西野宮子 ] 2017/11/16 13:54:34 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

限定ボトル

市内東町にある万代大澤醸造株式会社の「徳若」蔵出し原酒を頂戴しました。

西宮阪急9周年限定ボトル(限定90本)です。

 

私は日本酒に興味がないので、お菓子をいただいたときほどはテンションが上がりませんでした。

 



万代大澤醸造株式会社 徳若蔵出し原酒
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11680575c.html
食べ物 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

堺の和菓子

堺の「けし餅」を頂戴しました。

「創業以来三百数十年、家伝の秘法を伝承し、今も尚、この製法と品質を変更せず、昔より堺の名物として珍重され(以下略)」と栞に書いてあります。

 

堺といえば、千利休のふるさと。

茶道の盛んなところは和菓子もおいしい、といいますね。

 

 

箱の4辺についている紙製のレース、懐かしい感じがしませんか。

昔の和菓子の箱にはよく付いていましたね。

 

「家伝の秘法により精製したるが故に、日数を経るも変味することなく(以下略)」というだけあって、製造日から3日めの今日、最後の1個をおいしくいただきました。



けし餅 小島屋
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11680293c.html
食べ物 | コメント( 6 ) | トラックバック( 0)

宮子様 思い出しました。もう随分前になります。いや、何時の間にか忘れてしまっていたのです。この図をみると大きい様ですが私が買っていたのはもう少し小振りだった様に記憶しています

確かに小島屋さんです。箱の衣装にも覚えがあります。
梅田の阪神百貨店まで買いに行きました。
こんな美味しいけし餅の存在を忘れるなんて!
近い内に是非買い求めたく思います。宮子様のお陰です。
ありがとう!

[ チエリー ] 2017/11/12 21:39:03 [ 削除 ] [ 通報 ]

チェリー様
懐かしい味を思い出していただけてよかったです。
写真だと大きさが分かりませんが、箱はハガキぐらいの大きさで、けし餅は一口大です。
でも、私は惜しんで何口にも分けて食べました(笑)。

[ 西野宮子 ] 2017/11/13 11:15:54 [ 削除 ] [ 通報 ]

確かに写真では大きく見えますね。 一口で食べてしまうのは惜しい気がしますね。
上のチェリーさんのコメントに梅田の阪神百貨店とあるので、今度見に行ってみます。
紙のレース、ありましたね。あの頃は何とも思いませんでしたが、今は懐かしいですね。

[ もりもり ] 2017/11/15 22:50:30 [ 削除 ] [ 通報 ]

チェリー様
もりもり様
今、小島屋さんのホームページを見てみました。
http://www.keshimochi.com/store
梅田では阪急百貨店で販売しているようです。
(阪神から阪急に移転?)
もし買いに行かれるのなら、ご自分でもお確かめください。

[ 西野宮子 ] 2017/11/16 14:07:46 [ 削除 ] [ 通報 ]

堺のお土産で嬉しいのは、これとかん袋のくるみ餅とふかせの穴子寿司です。新大阪駅の売店にケシモチ出てたのではなかったかと思います。

[ ふく ] 2017/11/16 21:46:28 [ 削除 ] [ 通報 ]

ふく様
かん袋のくるみ餅と深清鮓の穴子寿司をネットで確認しました。
どちらも堺へ行かないと買えないのですね。
でも、いつか、きっと、堺へ買い出しに行きます!

[ 西野宮子 ] 2017/11/17 14:24:29 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

アッコちゃんシリーズ(柚木麻子著)

柚木麻子(ゆずきあさこ)の短編集『ランチのアッコちゃん』と『3時のアッコちゃん』を読んだ。


アッコちゃんというあだ名は、がっちりとした肩幅に身長173p、つやつやの黒いおかっぱ頭が、某大物歌手を思わせることと、下の名前が「敦子(あつこ)」であることからついた。
40歳代、独身、バリバリ働くステキな女性である。


『ランチのアッコちゃん』におさめられているのは
 『ランチのアッコちゃん』
 『夜食のアッコちゃん』
 『夜の大捜査先生
 『ゆとりのビアガーデン』


『3時のアッコちゃん』におさめられているのは
 『3時のアッコちゃん』
 『メトロのアッコちゃん』
 『シュシュと猪』… 阪急岡本駅界隈が舞台
 『梅田駅アンダーワールド』… 迷路のような梅田の地下街が舞台


それぞれの物語に登場するのは、アッコちゃんや20歳代から30歳代の働く女性たち。
読んだ後に元気になれる小説だ。

 

おいしそうな表紙でしょ。

 



ランチのアッコちゃん 3時のアッコちゃん
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11679911c.html
読書 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

コウノドリ

私の毎週金曜夜のささやかな楽しみは、テレビドラマ「コウノドリ」を見ること。
2年前に第1シリーズが放送され、今は第2シリーズである。

主人公の産婦人科医・鴻鳥(コウノトリ)サクラを演じているのは綾野剛。
同期の産婦人科医・四宮春樹と新生児科医・白川領は第1シリーズから登場しているが、第2シリーズを見て驚いた。
前者を星野源、後者を坂口健太郎が演じている!

ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ(逃げ恥)」を見ていたとき、星野源が「コウノドリ」に出ていた人だとは気が付かなかった。
NHKの朝ドラ「とと姉ちゃん」を見ていたとき、主人公の初恋の人が「コウノドリ」に出ていた人だとは気が付かなかった。

私の目は節穴です。

 無料画像より




星野源 坂口健太郎
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11679535c.html
テレビ | コメント( 4 ) | トラックバック( 0)

役でイメージが大きくかわりますよね!
俳優さんが上手なのだということで・・・。

[ ぷりんまろ ] 2017/11/10 19:28:31 [ 削除 ] [ 通報 ]

私も楽しみに見ています。星野源、私も、あらそうだったんだと・・・。

[ たんぽぽ ] 2017/11/10 19:35:29 [ 削除 ] [ 通報 ]

ぷりんまろ様
キムタクはどんな役を演じても「キムタク」ですね。
それは演技が下手だからではなく、☆スター☆だからでしょう。

[ 西野宮子 ] 2017/11/11 10:43:13 [ 削除 ] [ 通報 ]

たんぽぽ様
前々回、四宮先生(星野源)が産婦人科病院のジュニアだということが分かりましたね。
今後はどうなるのかな?

[ 西野宮子 ] 2017/11/11 10:46:32 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
西野宮子イメージ
西野宮子
プロフィール公開中 プロフィール
平成27年10月25日に人生初のブログを始めました。
文字でお喋りを楽しみましょう。
みなさんとブログ版「井戸端会議」ができればいいなぁと思っています。
コメントをお待ちしています。

前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 9月 次の月へ
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
今日 合計
ビュー 210 80893
コメント 2 4407
お気に入り 0 3

おすすめリンク