生まれも育ちも西宮

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/nishinomiyako

ヤマザキ春のパンまつり

25点分のシールを集めて

 

 

スクエアディッシュをもらいました。

 

 

Wチャンスがあるので応募しました。

小さなスクエアディッシュ5枚セットが3万名に抽選で当たります。

当たるといいな。



白いスクエアディッシュ 小さなスクエアディッシュ

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11727535c.html
その他 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

失敗の巻

失敗したとき、ひとりで抱え込むより人に聞いてもらったほうが楽になると思いませんか?

というわけで、私の失敗談を聞いてください。

 

今日の夕方、消費期限が3日前(17日24時)に切れている筑前煮を冷蔵庫内で発見。

カレンダーに消費期限や賞味期限を記入して食べたら消して、食品ロスを出さないように気を付けているのに、どうしてこんなことに?

 

原因は、記入漏れでした。

17日のところに「筑前煮」の記入がありません。

 

消費期限の翌日なら電子レンジで加熱してから食べますが、3日も過ぎているので捨てました。

母がよく言っていました。

「(大丈夫かどうか)心配しながら食べてもおいしくないでしょ。

食べたつもりで捨てましょう」。

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11727418c.html
食べ物 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

おらおらでひとりいぐも(若竹千佐子著)

今年になって25冊目の本を読みました。
若竹千佐子著『おらおらでひとりいぐも』です。

作者は1954年、
岩手県遠野市生まれ
昨年63歳で小説家デビュー、今年芥川賞受賞。

主人公の桃子さんは74歳、ひとり暮らし。
「おらおらでひとりいぐも」は東北弁で、「私は私でひとりで生きていく」という意味です。
桃子さんはそういう覚悟を決めましたが、結末はいかに?
終りの数ページは意外な展開でした。

このところ、こういう類の本をよく読んでいるようです。
人から言われて、そう言われればそうかな、と思いました。
意識して選んでいるつもりはないのですが、潜在意識がそうさせているのかもしれません。




芥川賞作家
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11727298c.html
読書 | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

潜在意識はあるでしょうね。残り時間を考えるお年頃になりましたね。

[ たんぽぽ ] 2018/04/20 19:43:47 [ 削除 ] [ 通報 ]

たんぽぽ様
おっしゃるとおりです。
余生の過ごし方を考えなくては。

[ 西野宮子 ] 2018/04/20 22:37:40 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

まむ しを食す

朝日新聞の第一面に「しつもん! ドラえもん」という子ども向けのコーナーがあります。
今日は「なごやめし編」。

かば焼きにしたウナギを細かく切り、ご飯とまぜた名物があるよ。
何という料理かな?


答えは新聞のどこかに載っているので、子どもは新聞を開いて答えを探すことになります。

答えは「ひつまぶし」。

名古屋市内にあるひつまぶしの料理店によると、ご飯とウナギを大きな「おひつ」の中で「まぶす」(まぜる)ことが、名前の由来だよ。

 

新聞には「まぶす→まぶし」の変化しか載っていませんが、この後「まぶし→まむし」に変化しているのです。


「まむし」を広辞苑で調べてみました。
(「まぶし(塗し)」の転か)
鰻(うなぎ)飯・鰻丼の京阪地方での称。

鰻は飯の間に入れる。

 

「まむし」に関するエピソード。

@亡き祖父は、うな丼(うな重)のことを「まむし」と呼んでいました。
幼かった私は祖父が蛇(まむし)を食べているのだと思っていました。
A上司に「まむし」をご馳走すると言われた友人が、恐る恐る付いていったら出てきたのは蛇ではなく「うな重」でした。


 

(加筆)

せいさんからコメントをいただき調べたところ、「まむし」の語源は間蒸し(まむし)、真蒸す(まむす)、鰻飯(まんめし)、飯蒸し(ままむし)と諸説あるようです。



しつもん! ドラえもん
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11727082c.html
ことば | コメント( 4 ) | トラックバック( 0)

私は少し角度の違う語源説で間蒸し(ま・むし)から来ているというのを聞いたことがあります。

[ せいさん ] 2018/04/19 14:49:23 [ 削除 ] [ 通報 ]

せいさん様
貴重な情報をありがとうございます。
調べたところ、語源は間蒸し(まむし)以外に真蒸す(まむす)、鰻飯(まんめし)、飯蒸し(ままむし)と諸説あるようです。

[ 西野宮子 ] 2018/04/19 15:36:57 [ 削除 ] [ 通報 ]

「ひつまむし」という言葉には、なかなかなじめません。「まむし」という言葉にひっかかるから余計そうなのかもしれません。

[ たんぽぽ ] 2018/04/20 19:41:43 [ 削除 ] [ 通報 ]

たんぽぽ様
幸い私は「ひつまむし」から蛇のまむしは連想しません。
ひつまむしは、最初はそのまま食べて、次は薬味を混ぜて、最後はおだしをかけて食べるとか。
一度本場で食べてみたいです。

[ 西野宮子 ] 2018/04/20 22:32:58 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

有効期限満了日

何の気なしにパスポートを見ると、有効期限満了日(今年の4月2日)を過ぎていた。
最低でも2回、ひょっとしたらそれ以上行くだろうと考え10年用にしたのだが、結局1回しか行かなかった。
元が取れなくて損した(笑)。


2008年にパスポートを取ったのは関釜フェリーで釜山へ行くため。
下関で某全国集会があり、大会終了後のオプショナルツアーに参加して関釜フェリーに乗るはずだった。
しかし残念なことにそのツアーは中止となった。
理由はフェリーがドッグ入りするため。
旅行社からの説明が不十分で、いつまでもモヤモヤとした気持ちが残った。


諦めきれない私は、その後、関釜フェリーで韓国へ行くツアーを見つけて参加し、3年前の無念を晴らした。
船で時間をかけて行く旅は面白かった。


1日目 厳島神社・錦帯橋観光 (船中泊) 
2日目 釜山着 鎮海観光 (慶州泊)
3日目 慶州市内(仏国寺・石窟庵)観光 釜山市内観光 (船中泊)
4日目 下関着 萩・津和野・山口(瑠璃光寺)観光


その後は外国へ行っていない。

 

無料イラストより


 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11726795c.html
旅行・行楽・社会見学 | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

10年も、意外と速いですね。私もまだ1回しか使っていないです。このまま1回きりかも。次男の結婚式のため、初めてパスポートを申請したのですが、次男が家族みんなのパスポートのコピーを送ってほしいと。なんと三男のパスポートの期限が切れていて、本人は全く気が付いていなくて、しっかり者の次男のお蔭で何とか間に合いましたけど・・・。

[ たんぽぽ ] 2018/04/18 19:51:16 [ 削除 ] [ 通報 ]

たんぽぽ様
せっかく10年用のパスポートをあるのですから、有効期限内にせめてもう1回使ってください。
韓国とか台湾とか近場だと行きやすいのではありませんか。

[ 西野宮子 ] 2018/04/19 14:27:26 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

身辺整理、わたしのやり方(曽野綾子著)

今年になって24冊目の本を読みました。
曽野綾子著『身辺整理、わたしのやり方』です。


少し前に読んだ『夫の後始末』は、夫である三浦朱門さんを見送った話。

今回の『身辺整理、わたしのやり方』は、曽野綾子さん自身の人生の後始末の話。


私は彼女より若いですが、今のうちから少しずつ、もの、お金、家、人づき合いなどの人生の片づけを始めたいと思いました。

老年期を身軽に生きるために。

 

 

3日連続で読書の記事を書いていますが、毎日1冊ずつ読んでいるわけではありません。

念のために……。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11726622c.html
読書 | コメント( 10 ) | トラックバック( 0)

最近はなぜか忙しくてブログ更新も読者もご無沙汰です。
でも、この本は読んでみようと思います。

[ ショコママ ] 2018/04/17 18:01:15 [ 削除 ] [ 通報 ]

私も60歳ごらいからこの様な類の本を見つけたら読んでいますが、70歳になっても、80歳になっても・・・

あらかたの下書きは出来ているのですが…まだ現役で動いているのです。衣類も処分していってるのですが、捨てきれずにいます

今!しなければ、おつむがボケたら判断が出来ません。
昨今、高熱を出してから、切迫を感じているところです。
頑張ります。

[ チエリー ] 2018/04/17 22:02:46 [ 削除 ] [ 通報 ]

この類の本、結構手元にあります。ほぼななめ読み。でもここ1週間ほど、どういうわけか、あちこち片づけています。この勢いでもう少し大胆に処分できればいいのですが、なかなかそこまでは・・・。でも、頑張ろう!!

[ たんぽぽ ] 2018/04/18 19:56:26 [ 削除 ] [ 通報 ]

たまたま最近だけなのかもしれませんが、終活や老後の生活に関する本が多い気がするのですが、読む本の選択基準になっているのですか? 私も夫が定年をむかえてから先々を考えるようになりました。 でも難しいです。人生の片付け。

[ もりもり ] 2018/04/18 19:59:02 [ 削除 ] [ 通報 ]

チェリー様
私の習っていたお花の先生が「体力のあるうちに」と言って早めに身辺整理をなさっていたことを思い出します。
チェリーさんもご無理のない程度にボチボチとなさってください。

[ 西野宮子 ] 2018/04/19 14:24:33 [ 削除 ] [ 通報 ]

たんぽぽ様
その後お片づけは進んでいますか?
私の目下の目標は、受講した研修会などの資料を処分することです。

[ 西野宮子 ] 2018/04/19 14:31:56 [ 削除 ] [ 通報 ]

もりもり様
意識して選んだわけではないのですが、言われてみればそうですね。
単なる偶然か、潜在意識がそうさせたのか。
映画は、ハッピーなお年寄りを描いたものが好きです。
自分もそんな老年期を過ごすことができればいいなあという願いを込めて。

[ 西野宮子 ] 2018/04/19 14:40:59 [ 削除 ] [ 通報 ]

ショコママ様
きのう今日とブログが更新され、嬉しく思いました。
お忙しいでしょうが、お時間がありましたらこの本もお読みください。

[ 西野宮子 ] 2018/04/19 15:14:02 [ 削除 ] [ 通報 ]

「資料は全捨て」だと、聞いたことがあります。前回捨てられなかったものが、今回捨てられることがあります。片づけは日々するものだとつくづく思います。今日は2か所の引き出し、片づけました。前は捨てられなかったものが今日は捨てることができました。小さいものですが。

[ たんぽぽ ] 2018/04/20 19:49:18 [ 削除 ] [ 通報 ]

たんぽぽ様
以前は捨てられなかったものが、何年か後には捨てられた経験、私にもあります。

[ 西野宮子 ] 2018/04/20 22:42:38 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

長いお別れ(中島京子著)

中島京子著『長いお別れ』を読みました。
今年になって23冊目の本です。
「映画化決定! 認知症の父と妻、三人の娘が過ごしたお別れまでの十年の日々」という新聞広告につられました。


読んで知ったことが二つあります。


一つは、中島京子さんが2010年に直木賞を受賞していたことです。
2014年に公開された映画『小さいおうち』は知っていましたが、その原作本が直木賞を受賞しているとか、作者が中島京子さんだとかは知りませんでした。


もう一つは、認知症のことを「ロング グッドバイ(長いお別れ)」と呼ぶことです。
少しずつ記憶を失くして、ゆっくりゆっくり遠去かっていくから「長いお別れ」なのです。

書名はそういう意味だったのですね。

 

ホームドラマのような小説でした。

読みながら、自分の老後を考えました。

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11726386c.html
読書 | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

「小さいおうち」はなんとなく記憶があります。なんとなくです。今日もしみじみ思いました。記憶が定かでないということは言葉もあやふやで、会話がスムーズにできないと。ああ、情けない!!

[ たんぽぽ ] 2018/04/18 20:00:25 [ 削除 ] [ 通報 ]

たんぽぽ様
映画の「小さいおうち」には昭和顔の黒木華さんが出ていましたね。
映画は見ていませんが、今思うと面白そうなストーリーですね。

[ 西野宮子 ] 2018/04/19 14:49:58 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

百年泥(石井遊佳著)

石井遊佳(ゆうか)著『百年泥』を読みました。

今年になって22冊目の本です。

芥川賞受賞作なので読んでみようと思いました。

 

小説の舞台はインドのチェンナイ市。

作者の石井遊佳さんはチェンナイ市在住の日本語教師で、主人公もチェンナイ市在住の日本語教師です。

 

洪水の泥から百年の記憶が蘇る、という荒唐無稽な話です。

読み始めたときは「私には無理!」と思いましたが、辛抱して読んでいると意外と面白くなってきました。

 



第158回芥川賞受賞
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11726213c.html
読書 | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

なかなかのハイペースの読書ですね。私は平積みの本専門ですが、今年は結構読んでいるつもりです。数までは数えていません。家計簿でもつけていれば、分かるのですが、つけてもいませんし・・・。

[ たんぽぽ ] 2018/04/18 20:03:44 [ 削除 ] [ 通報 ]

たんぽぽ様
不本意ながらハイペースです。
予約した本の順番がいつ回ってくるか分からず、ないときは全然ないし、あるときは何冊もいっぺんに来るのです。
だから、今、予約を控えています。

[ 西野宮子 ] 2018/04/19 15:18:48 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

総会茶菓子

今日は私が所属しているボランティアサークルの総会がありました。

現在私は休会中の身ですが、休会中だからこそ総会に出席することにしました。

 

ピンボケ写真ですが、お茶菓子の数々。

これで1人分です。

 

 

奥に写っている長細い包みは、TAMON和洋菓子製造所の「やみつきパイエクレール」。

包みを開けてみましょう。

 

 

シュー生地とパイ生地を組み合わせて焼いてあるので、ふんわり食感とさっくり食感の両方が楽しめます。
上部は薄い黄色のチョコでコーティングしてあります。
中にはカスタード&生クリームが入っています。

 

プレーン、イチゴ、抹茶、カフェ、レモンの5種類があるそうです。

包みに貼ったシールの色で区別してあり、私のは黄色でした。

リームに酸味があったので「レモン」でしょう。

 

今回初めて食べましたが、また食べたいと思うおいしさでした。

お店はJR甲子園口南の「ほんわか商店街」あるそうです。



TAMON和洋菓子製造所の「やみつきパイエクレール」 JR甲子園口南の「ほんわか商店街
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11726124c.html
食べ物 | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

北口へ行くときに、帰りにたまに寄る所です。私好みの園芸店を見つけたりしました。また、探してみようかな?

[ たんぽぽ ] 2018/04/18 20:08:17 [ 削除 ] [ 通報 ]

たんぽぽ様
お口に合うかどうか分かりませんが、私はおいしかったです。
お店が家から近かったら絶対に買いに行っています。
遠くてよかったです。
間食はダイエットの敵ですから。

[ 西野宮子 ] 2018/04/19 14:57:42 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

山城VS三田

山城(京都)の筍をもらいました。

仕事柄いただき物の多い友人からの「お福分け」です。

 

 

 

私が作った木の芽和えと若竹煮です。

材料の筍は今日もらった山城産ではなく、火曜日に三田で掘ったものです。

念のために申し添えますが、私が掘ったのではありません。

こちらもいただき物です。

 

水曜日から筍料理が続いています。

今日の昼食は筍ご飯とお吸い物(姫皮・わかめ入り)。

夕食の一品は筍と鶏肉の炊いたん。

筍三昧の日々はまだまだ続きます。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11726061c.html
料理 | コメント( 4 ) | トラックバック( 0)

春の恵みの味わいですね。
ちゃんとぬかも入れてくださっていて、すぐ茹でられるようになっているのですね。
たけのこ尽くし、十分に味わってください😋

[ もりもり ] 2018/04/15 19:59:02 [ 削除 ] [ 通報 ]

もりもり様
糠にお目がとまるとは、よく見ておられますね。
三田産はきのう食べ終わり、山城産は今日のお昼の姫皮のお吸い物でスタートを切りました。
夜は木の芽和えの予定です。

[ 西野宮子 ] 2018/04/16 13:23:34 [ 削除 ] [ 通報 ]

昨年は奈良のタケノコをドッサリいただきました。ゆでてあったので助かりました。我が家には糠はあります。玄米を精米しているので。でも、竹の子はまだどこからも届きません・・・。

[ たんぽぽ ] 2018/04/18 20:13:12 [ 削除 ] [ 通報 ]

たんぽぽ様
きのう2度目の筍ご飯を作り、山城の筍を完食しました。
ご馳走様でした。
たんぽぽさんのお宅にも筍が届くといいですね。

[ 西野宮子 ] 2018/04/19 15:00:41 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
西野宮子イメージ
西野宮子
プロフィール公開中 プロフィール
平成27年10月25日に人生初のブログを始めました。
年中無休を目指していますが、パソコン入院中の11日間と、サボりで1日、うっかりミスで1日、計13日お休みしました。

文字でお喋りを楽しみましょう。
みなさんとブログ版「井戸端会議」ができればいいなぁと思っています。
コメントをお待ちしています。

前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 3月 次の月へ
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
今日 合計
ビュー 127 102330
コメント 0 4982
お気に入り 0 3

おすすめリンク