生まれも育ちも西宮

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/nishinomiyako

ハロウィーン?ハロウィン?

ずっと「ハロウィン」だと思っていました。


MBSラジオ「子守康範 朝からてんコモリ!」を聞いていると、意識的に「ハロウィーン」と言っていました。


朝日新聞のテレビ欄を見ると全部(10ヵ所)「ハロウィーン」になっていました。
朝日新聞では「ハロウィーン」の表記に統一すると決めたのかもしれませんね。

 




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11786240c.html
ことば | コメント( 4 ) | トラックバック( 0)

放 送 用 語 委 員 会( 東 京 )
外来語の発音・表記について
〜[wi][we][wo]のつく外来語の発音・表記を中心に〜

この中95ページに
2)[ウィ][ウェ][ウォ]と発音すること
が一般的である語は「ウィ・ウェ・ウォ」と書く。
例 ハロウィーン Halloween 
とあります。
2015年にはNHKはハロウィーンと
読み書きしていたようです。

長々と失礼しました。

参考までに
https://www.nhk.or.jp/bunken/research/kotoba/pdf/20150401_5.pdf

[ tyu2 ] 2018/10/31 11:12:27 [ 削除 ] [ 通報 ]

tyu2様

勉強になりました。
ありがとうございます。

でも、「例 ハロウィーン Halloween」は、長音「ー」を使う場合の例ではないですね。
ハロウィンではなく、長く引きのばしてハロウィーンと表記するのは、英語の発音に従ったのですね。

いただいたコメント欄のお名前をコピーしてあて名に使ったところ、なんだか違和感が。
数字がいつもは半角なのに今回は全角です。

[ 西野宮子 ] 2018/10/31 11:44:11 [ 削除 ] [ 通報 ]

読売新聞の表記も「ハロウィーン」でした。ただ、新聞に掲載されている「宝くじ」の当選番号関連の記事は、「ハロウィンジャンボ」でした。 今まで、外来語の表記について考えたこともなかったので、良い勉強になりました。

[ モモンガ ] 2018/11/01 11:23:41 [ 削除 ] [ 通報 ]

モモンガ様
記事を書いた者として、興味を持っていただいて嬉しいです。
新聞記者が書く文章は「ハロウィーン」に統一できても、新聞に公告を載せるスポンサーに対してまで強制はできませんものね。

[ 西野宮子 ] 2018/11/01 22:48:42 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

お盆は丸い

[moblog]
お盆は丸い

お盆は丸いです。
♪ 出た出た月が
丸い丸いまん丸い
お盆のような月が ♪
と歌詞にもあります。

数十年前の法事での話です。
私が、お盆の長方形バージョンのものも「お盆」と呼んでいたところ、親戚のおばさんから注意を受けました。
「四角いものはお盆とは呼ばない」と。

では、正式名称はなんというのでしょうか。
後日、正解発表します。
乞う、ご期待!


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11774333c.html
ことば | コメント( 4 ) | トラックバック( 0)

脇取りって言いませんでしたか?
祖母が良く言っていたのを思い出しました。

[ 123です ] 2018/09/12 21:20:58 [ 削除 ] [ 通報 ]

123です様
ご応募(笑)ありがとうございます。
正解発表までもうしばらくお待ちください。
今日の座布団に関する出題は分かりましたか。

[ 西野宮子 ] 2018/09/13 7:01:09 [ 削除 ] [ 通報 ]

今日は全く分からないです
何時も楽しいお話 楽しませて頂いています。
勝手にお邪魔させて頂き 有り難うございます。

[ 123です ] 2018/09/13 21:04:29 [ 削除 ] [ 通報 ]

123です様
なんのおかまいも出来ませんが、お近くにお越しの際はお立ち寄りくださいませ。

[ 西野宮子 ] 2018/09/14 10:40:06 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

再び、うを匠せん(解答編)

[moblog]
再び、うを匠せん(解答編)

今日投稿した記事「うを匠せん(解答編)」を私のスマホから見ることが出来ません。
時間をあけて何度かチャレンジしましたが、いつも「アクセス集中のお詫び」の画面です。
みなさんはご覧になれますか?

ということで改めて記事を書きます。

「木」が3つで「森」。
「うを匠せん」の「せん」は、「魚」を3つ書きます。
漢和辞典に載っていないので、創作したものかもしれません。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11771261c.html
ことば | コメント( 7 ) | トラックバック( 0)

しばらく前の時刻まで文が表示されていませんでしたよ。

[ せいさん ] 2018/08/31 19:59:37 [ 削除 ] [ 通報 ]

実用日本語表現辞典によるとー

読み方:せん

「魚類」「活魚」「新しい」「少ない」などの意味を持つ漢字。「魚」の字を3つ組み合わせたもので、「森」や「品」などと同じ「理義字」の一種である。中国語では、この漢字は「鮮」の繁体字にあたる。日本では、魚を提供している居酒屋の店名などにこの漢字が使われている例がある。

[ tyu2 ] 2018/08/31 20:20:19 [ 削除 ] [ 通報 ]

tyu2様
コメントをありがとうございます。
とても勉強になりました。

[ 西野宮子 ] 2018/09/01 7:17:32 [ 削除 ] [ 通報 ]

せいさん様
今は文が表示されているのでしょうか?
私のスマホからは相変わらずアクセスできません。

[ 西野宮子 ] 2018/09/01 7:21:35 [ 削除 ] [ 通報 ]

tyu2さんから言語学的なコメントをいただいたので、この記事を「ことば」のカテゴリーに分類します。

[ 西野宮子 ] 2018/09/01 7:26:53 [ 削除 ] [ 通報 ]

西野宮子様
今文章が表示されていますよ。

[ せいさん ] 2018/09/01 12:40:16 [ 削除 ] [ 通報 ]

せいさん様
今見たら、お詫びの画面でした。
同じ内容の記事を2つのカテゴリーでアップしているので、片方が読めれば良しとします。

[ 西野宮子 ] 2018/09/01 15:09:03 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

おじいさん・おばあさん

ある友人は自分の父のことを話すとき、「おじいさんが〜」と言います。
友人には子ども(父にとっては孫)がいないのに、です。
友人の姉には子ども(父にとっては孫)がいますが、だからといって、友人が自分の父を「おじいさん」と呼ぶ理由にはならないと思います。

私の父は齢90を数える「おじいさん」ですが、いくつになっても私にとっては「お父さん」です。

話は少し変わりますが、昔はニュースなどで「おじいさん・おばあさん」という表現を使っていませんでしたか。
例えば、「90歳のおじいさん」というような。
今は「90歳の男性」と言っていますね。

高齢者は病院でも先生や看護婦(師)さんから「おじいちゃん」「おばあちゃん」と呼ばれていましたね。
今はもちろん名前で呼ばれています。

数十年前に私が入院していたときの話です。
同室の高齢女性を、若い医師がついうっかりと「おばあさん」と呼んでしまいました。
その女性は「私に孫はいません」ときっぱりと言いました。
彼女なら例え孫がいても、医師から「おばあさん」と呼ばれることは拒んだような気がします。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11756346c.html
ことば | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

この方の場合、「おじいさん」というのは「お歳をめした男性」という意味でしょう。時々いらっしゃいますよいろんな呼び方をされるかたが。孫に「おばあさん」と言わせない方もいらっしゃいますし。私、もう20年くらい前に地域のある方に「○○のおばはん」と言われていたみたいで、それを聞いた方が「誰のことやろ?」と、思ったらしいです。男の人で「○○さん」という言い方ができない方がいるんですよ。

[ たんぽぽ ] 2018/07/13 20:23:46 [ 削除 ] [ 通報 ]

たんぽぽ様
「〇〇のおばはん」はひどいですね。
でも、そのおっさん(笑)の肩を持つわけではありませんが、「○○さん」という呼び方では夫婦のどちらを指しているのか分からないので、「〇〇のおばはん」になったのではありませんか。
きっとこのおっさんにとっては、「奥さん=おばはん」なのでしょう。

[ 西野宮子 ] 2018/07/14 13:49:39 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

お父さん

30年ほど昔、私は職業訓練校のOA事務科に通う失業者でした。
訓練生仲間が「うちのお父さんが〜」と話すのを聞いて、てっきり父親のことだと思っていたら、実は夫のことでした。
私の周りには第三者に対して、夫のことを(例え子持ちでも)「お父さん」と呼ぶ人はいなかったので、驚きました。

また、こんなこともありました。

ずっと前に私が入院していたとき、すでに母は亡くなっていたので、父が病院に通ってくれました。
私は父のことを当然「お父さん」と呼びます。
同じ病室の人が「お父さん」=「夫」だと勘違いしていたことが後になって分かりました。

「年が離れているのに夫婦に見えたのですか」と私が尋ねると、「ごめんなさいね。ここは眼科(の入院病棟)だから、みんな目が悪くて、よく見えないのよ」と弁解されました(笑)。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11756094c.html
ことば | コメント( 6 ) | トラックバック( 0)

しっかりしたオチがついていたので感心してしまいました。
たしかに夫のことは「お父さん」と呼んでいます。

[ ぷりんまろ ] 2018/07/08 19:07:26 [ 削除 ] [ 通報 ]

ぷりんまろ様
女子会で夫をのろけるときや愚痴をぼやくときも、夫のことを「お父さん」と言うのですか?

[ 西野宮子 ] 2018/07/09 11:22:39 [ 削除 ] [ 通報 ]

そういえば、そのときは「夫」と言いますね〜。
なるほどなるほど。

[ ぷりんまろ ] 2018/07/11 19:56:15 [ 削除 ] [ 通報 ]

ぷりんまろ様
気のきいたことを書きたいのですが何も浮かびません。
「お返事ありがとうございました」とだけ申し上げます。

[ 西野宮子 ] 2018/07/13 10:25:09 [ 削除 ] [ 通報 ]

「パパが・・・」と言っていた友人。ご主人のことかと思っていたら「お父さん」のことでした。還暦過ぎてお父さんのこと、パパって言うなんて思わないもの。

[ たんぽぽ ] 2018/07/13 20:29:36 [ 削除 ] [ 通報 ]

たんぽぽ様
ひょっとして、あの人のことかな?
誤解がとけてよかったです。
でも、こういう誤解ってよくあると思います。

[ 西野宮子 ] 2018/07/14 13:51:41 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

パパ

以前の勤め先の経営者から聞いた話です。

彼は大学時代に学生結婚をし、若くして女の子(長子)と男の子(次子)のパパになりました。

娘が大学生になったとき、仲良しの父娘は二人でヨーロッパツアーに参加しました。
旅の最初のころ、参加者の自分たちへの視線が冷たかったそうです。
旅を続けているうちに分かったのですが、二人の関係を「パトロンと愛人」だと誤解されていたのでした。

お互いのことを「パパ」「マキ」と呼んでいたのが原因でした。
父親は娘にメロメロ、娘も父親が大好き。
その仲の良さが第三者には愛人関係に見えたようです。
経営者は自分がパトロンに見られたことが少し嬉しそうでした。
 
若いかたはご存知ないかもしれませんが、愛人はパトロンを「パパ」と呼んでいました。
私は子どものころにテレビドラマを見て知りました。

 

パトロンの本来の意味を広辞苑で調べました。

<保護者。庇護者。後援者。特に、芸術家や芸人などに経済的援助を与える人。>





パトロン
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11755966c.html
ことば | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

呼び方はその方を表しますね。40歳を過ぎても、人に話すときに「父さん、母さん」という方がいます。もう治らないでしょうね。

[ たんぽぽ ] 2018/07/13 20:34:11 [ 削除 ] [ 通報 ]

たんぽぽ様
親しい間柄で話していると、父親のことをついうっかりと「パパ」とか「父さん」とか言ってしまうことってありませんか。
私も「お父さん」ってい言っているかもしれないので、ここで予防線を張っておきます。

[ 西野宮子 ] 2018/07/14 13:59:24 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

素足と裸足

きのうに続き今日の記事もカテゴリーは「ことば」です。

「素足」と「裸足」の使い分けはどうなっているのでしょうか。
私の認識では、素足は靴下を履いていないことで、裸足は靴を履いていないことです。

私の使っている少し古い広辞苑を引いてみました。
かえって頭が混乱しました。

素足(すあし)
@履物をはかない足。はだし。例:素足で飛び出す。
A足袋や靴下をはかない足。例:素足に下駄をつっかける。

裸足(はだし)
ハダアシ(肌足)の約
@履物をはかずにいること。また、素足で地上を歩くこと。
例:裸足で歩く。たび裸足。
A(はだしで逃げる意から)とても及ばないこと。負けること。顔負け。
例:玄人裸足。

素足と裸足の使い分けには迷います。
靴と靴下を脱いで砂浜を歩くときはどっち?
室内で、室内履き(スリッパ)も靴下も履かずに歩くときはどっち?
室内履きは履かず靴下だけを履いて室内を歩くときはどっち?

余談ですが「ここではきものを脱いでください」という、ななぎなた読みの文があります。
「ここで履物を脱いでください」と、もう一つの読み方ができますね。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11751774c.html
ことば | コメント( 6 ) | トラックバック( 0)

ネットに溢れる日本語の中で目立つのは履くと穿くの誤用ですねたいがいは穿くのところを履くと誤記している事例。すごく多い。気になってしゃあないんです。

[ せいさん ] 2018/06/21 12:55:10 [ 削除 ] [ 通報 ]

せいさん様
気になってしゃあないというお気持ち、お察しします。
私は「履く」と「穿く」の使い分けはおそらく間違わないと思います。
なぜならば、「穿く」は読めても書けないからです。
私は自分が手書きで書けない漢字は、パソコンで漢字変換せずに、原則的にひらがなで表記することにしています。
「穿(く)」は常用漢字ではないので、覚える気がありません(笑)。

[ 西野宮子 ] 2018/06/21 14:20:33 [ 削除 ] [ 通報 ]

素足は靴を履かないところで、裸足は靴を履くところで・・・と私は解釈していますが・・・。

[ たんぽぽ ] 2018/06/21 20:32:38 [ 削除 ] [ 通報 ]

素足のほうが裸足より優雅なイメージです。
あくまでも個人的なニュアンスです。

[ ぷりんまろ ] 2018/06/22 9:20:11 [ 削除 ] [ 通報 ]

たんぽぽ様
そういう区分も理解できます。

[ 西野宮子 ] 2018/06/22 13:06:29 [ 削除 ] [ 通報 ]

ぷりんまろ様
女性がストッキングをはいていない場合、生足(なまあし)ともいいますね。
こちらはエロチックなイメージです。
あくまでも個人的なニュアンスです(笑)。

[ 西野宮子 ] 2018/06/22 13:10:38 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

爪痕を残す

大阪北部地震は各地に爪痕を残しました。
そして今も余震が続いています。

最近、「爪痕を残す」という言葉の意味が変わってきているように思います。
5月に朝日新聞の「ことばの広場」に以下のメールを送りました。

「コンテストで爪痕を残す」などの表現をテレビなどで時々見聞きします。
この場合の「爪痕」は文脈から考えると「足跡」「業績」「結果」などの意味で使われているようです。
「爪痕」とは本来、事件・災害が残した被害や影響のことです。
最近は意味が変化してきているのでしょうか。

テーマ選びの参考にしてくださるというお返事をいただきました。

因みに、朝日新聞の「ことばの広場」を書籍化したものが、先日記事にした『いつも日本語で悩んでいます 日常語・新語・難語・使い方』です。



朝日新聞の「ことばの広場」
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11751668c.html
ことば | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)


時代とともに変わってきていますね。「ら」抜きなんか当たり前になりましたね。「全然」は否定的に使う言葉だったのに「肯定的」になっていますし・・・。

[ たんぽぽ ] 2018/06/21 20:35:44 [ 削除 ] [ 通報 ]

たんぽぽ様
言葉は変化するものだそうなので、かたくなに変化を拒むつもりはありません。
例えば食レポをしたとき(そんな機会は今のところありませんが)、「普通においしい」という表現は使うと思います。
でも、「やばい」とか「全然おいしい」は私の語彙にないので使いません。

[ 西野宮子 ] 2018/06/22 13:23:24 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

名代「灸まん」

1つ前の記事で、こんぴら名物 名代「灸まん」について書きました。
私は「名代」という言葉を見るたびに、あることを思い出します。

中学、多分2年生のとき、国語のテストに「名代」の読みを問う問題が出ました。
先生が想定していた正解は「みょうだい」でした。

その読みも意味も知らなかった私は、どこかで見聞きした気がした「なだい」と書きましたが、×が付いて戻ってきました。
納得できない私は、辞書の「なだい(名代)」のページを先生に示し、○に訂正してもらいました。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11751093c.html
ことば | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

掘った芋いらうな!

「芋洗い」だと思ったら、実は「MRI」の聞き間違いだった。
そんなことを言うと、「そんな奴、おらんやろ〜」と漫才の大木こだまさんにつっこまれそうです。

では、逆転の発想をしてみましょう。

横文字の苦手なお年寄りは「MRI」を「芋洗い」と覚えましょう。
「芋洗い」と言えば「MRI」と聞こえます。

ほかにもありますよ。

外国へ行ったとき入国審査で旅の目的を聞かれることがあります。
観光目的なら「斉藤寝具」と答えましょう。
“sightseeing(サイトシーイング)”と聞こえる、らしいです(笑)。

時間を尋ねるときは「掘った芋いらうな」と言いましょう。
“ What time is it now ?”と聞こえる、らしいです(笑)。
因みに「いらうな」を標準語でいうと「さわるな」です。

無料イラストより



芋洗い 斎藤寝具
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11744421c.html
ことば | コメント( 4 ) | トラックバック( 0)

たった1回の海外旅行で、入国審査のことを息子が脅かすのでドキドキしていたら、何も聞かれませんでした。次回、いつになるか、あるかどうか分かりませんが、若し覚えていたら、参考にさせていただきます。でも、これを覚えておく方が大変かも。

[ たんぽぽ ] 2018/06/04 19:44:23 [ 削除 ] [ 通報 ]

面白いですね。戦後間もなくのことですが、ジープに乗って田舎道を走っていた米兵におばあさんが「have an eye!]と言ったので、日本ではこんな田舎でも英語が通じるんだ」とびっくりしたとどこかの記事で読みました。じつは、おばあさんは「あぶない!」と言ったのでした。

[ mamimi ] 2018/06/05 9:46:20 [ 削除 ] [ 通報 ]

たんぽぽ様
「斎藤寝具」をお忘れなく!

[ 西野宮子 ] 2018/06/05 14:48:59 [ 削除 ] [ 通報 ]

mamimi 様
「危ない!(Have an eye!)」ですね。
覚えておきます。

[ 西野宮子 ] 2018/06/05 15:01:37 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
西野宮子イメージ
西野宮子
プロフィール公開中 プロフィール
平成27年10月25日に人生初のブログを始めました。
年中無休を目指していますが、パソコン入院中の11日間と、サボりで1日、うっかりミスで1日、計13日お休みしました。

文字でお喋りを楽しみましょう。
みなさんとブログ版「井戸端会議」ができればいいなぁと思っています。
コメントをお待ちしています。

前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 12月 次の月へ
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
今日 合計
ビュー 77 143927
コメント 0 5664
お気に入り 0 4

おすすめリンク

キーワード

エルヴィン・シュレーディンガーの著書『生命とは何か』 福岡伸一の動的平衡| エビスタ西宮 大起水産まぐろダイニング| 瀧羽麻子| マルちゃん 東洋水産 パリパリ 無限キャベツのもと うましお味| 銀座鈴屋 栗甘納糖 渋皮付栗甘納糖 黒豆しぼり| 北川景子 志賀晃| 下関巌流創菓「花冠の小次郎」 佐々木小次郎と宮本武蔵 地域共生館ふれぼの 巌流島上陸認定証| 種子島産安納芋| 障害者週間 脇谷みどり 希望のスイッチは、くすっ 晴れ ときどき認知症 ノーマライゼーション| パスコ 敷島製パン こだわりスイーツ| ミツカン 納豆 金のつぶ| ガス展 鯨の大和煮| スマホの再起動| こんなに変わった!小中高教科書の新常識| 天麩羅えびのや エビスタ| 篠山市住民投票 丹波篠山市| 阪急西宮ガーデンズ ゲート館| あんちんの釣鐘まんじゅう 安珍・清姫の鐘 紀州道成寺| 垣谷美雨| 夏井いつき先生の俳句生活〜よ句もわる句も〜 カタログハウス 通販生活| 和顔施 言辞施 和顔悦色施 無財の七施| 現代教育調査班| 神戸屋豆ぎっしり 第一パンマーラーカオ| 脱脂粉乳 鯨肉のノルウェー風| パスコ 三笠 ドラ焼き| 西宮ストークス 男子プロバスケットボールチーム 阿波座10番| やくみつる 伊藤理佐 岸恵子 酒井順子 小池真理子| 紀州南高梅 さとふる| 第159回直木賞 島本理生 ファーストラヴ オール讀物| ツマガリ|