生まれも育ちも西宮

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/nishinomiyako

昆布の佃煮

布の佃煮を作りました。
毎年作っていて、2年前にも記事にしたと思います。
今回は山椒の実を入れました。
市販品に比べてお酢の酸味がきいているので、さっぱりとした口当たりです。

材料:昆布 400g、酢 1000ml、醤油 500ml、砂糖 180g、山椒の実
 
2センチ角に切った昆布を半日、酢に漬ける。
醤油と砂糖を加えて、煮汁がほとんどなくなるまで、焦がさないように煮る。
(強火15〜20分、中火→弱火と順に火力を落として、合計1時間ほど煮る。)
 
西宮ブログ版「つくれぽ」募集中!



つくれぽ

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11766141c.html
料理 | コメント( 5 ) | トラックバック( 0)

作ってみようかな?

[ たんぽぽ ] 2018/08/11 19:59:51 [ 削除 ] [ 通報 ]

たんぽぽ様
是非作ってみてください。
たんぽぽさんが田舎で採った山椒の実を入れると一層おいしくなりますよ。

[ 西野宮子 ] 2018/08/12 13:40:05 [ 削除 ] [ 通報 ]

mamimi様からいただいたコメントを一部削除して、改めて載せさせていただきました。

西野宮子様 
お早うございます。
貴女は新聞に昆布の佃煮のレシピの記事を投稿されましたか? 
私の友人がそのレシピを参考にして毎年作っているそうです。
その記事も大切に保管しているそうです。

[ 西野宮子 ] 2018/08/13 10:27:21 [ 削除 ] [ 通報 ]

どうもすみませんでした。

[ mamimi ] 2018/08/14 9:19:22 [ 削除 ] [ 通報 ]

mamimi様
コメントをありがとうございました。
今後ともご贔屓に!

[ 西野宮子 ] 2018/08/14 10:18:02 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

和洋折衷

友人からパンネルの食パンをいただきました。

とっくの昔に賞味期限の切れた卵があったので、今日の昼食はたまごサンドに決定。

 

 

以前にフジパンのスナックサンド「キューちゃん&マヨ」を食べたことを思い出し、ピクルスの代わりに自家製「きゅうりのキューちゃん」風漬物を使ってみました。


自家製漬物のレシピはこちら↓

http://nishinomiya.areablog.jp/page.asp?idx=1000122710&date_sel=2016/08/08


和洋折衷とは、和と洋のマリアージュ。

何の違和感もなくおいしくいただきました。 


「キューちゃん&マヨ」は、きゅうりのキューちゃんとマヨネーズの禁断のハーモニーだそうです。

 




きゅうりのキューちゃん
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11758542c.html
料理 | コメント( 8 ) | トラックバック( 0)

おいしそうですね!
早速作ってみます。また報告させていただきます。

[ ぷりんまろ ] 2018/07/15 16:31:35 [ 削除 ] [ 通報 ]

ぷりんまろ様
念のためにお尋ねしますが、おいしそうなので作ってみるのはお漬物ですよね?

[ 西野宮子 ] 2018/07/15 16:43:53 [ 削除 ] [ 通報 ]

本当は「卵サンドにお漬物」を作りたかったのですが
晩御飯どきだったのでお漬物だけになってしまい残念です。

[ ぷりんまろ ] 2018/07/16 20:44:36 [ 削除 ] [ 通報 ]

ぷりんまろ様
西宮ブログ版つくれぽを拝読しました。っ


[ 西野宮子 ] 2018/07/17 12:57:37 [ 削除 ] [ 通報 ]

う〜ん、ちょっと想像できない組み合わせです。ピクルスは洋風お漬物なので、それが和風になっただけと思えど・・・です。
私はきゅうりのキューちゃんならあったかご飯ですね〜

[ もりもり ] 2018/07/17 14:47:32 [ 削除 ] [ 通報 ]

もりもり様
暑い夏には、冷や茶漬けにきゅうりのキューちゃん風自家製漬物もおすすめです。

[ 西野宮子 ] 2018/07/19 8:58:28 [ 削除 ] [ 通報 ]

土曜の朝のラジオ番組で、パンに載せるいろんなアイディアをよくしていました。試したことはないのですが、意外なものが合ったりするようですね。

[ たんぽぽ ] 2018/07/23 9:36:17 [ 削除 ] [ 通報 ]

たんぽぽ様
自分で試したことはありませんが、海苔の佃煮、味付け海苔、シラスぼしなどを聞いたことがあります。
納豆は試したことがありますが、白ご飯と一緒に食べたほうがおいしいと思いました。

[ 西野宮子 ] 2018/07/23 17:59:51 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

ラタトゥイユ(ラ外ゥイユ?)

「カリカリ豚とごろごろ野菜のサラダそうめん」のレシピを友人に教えてもらったので作ってみました。

カゴメのホームページにレシピが載っています。
画像はそこからお借りしました。
 

「ごろごろ野菜」とはラタトゥイユのことです。
このラタトゥイユは火を使わずに電子レンジで調理するので、暑い夏にぴったりの料理です。

<野菜は1.5cm角に切ってボウルに入れ、塩、オリーブ油を加えて全体に混る。
ラップをして電子レンジで加熱(600w、5分)する。
基本のトマトソースを加えて全体に混ぜ、5分程なじませる。>

「カリカリ豚とごろごろ野菜のサラダそうめん」を食べたい人は火を使って調理してください。
火を使いたくない人は自分で調理方法を工夫してください。

[食後感]
また作るかどうか、ビミョーです。
夕食にラタトゥイユだけを食べ、翌昼はサラダそうめんにして食べましたが、食べきれませんでした。
トマトソース味に飽きたので、最後はカレールーを投入してカレーライスにして完食しました。

私が作ったという証拠写真↓です。
食欲をそそらない写真ですが、見た目よりはおいしかったですよ。



カゴメ基本のトマトソース カリカリ豚とごろごろ野菜のサラダそうめん
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11757065c.html
料理 | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

もうずいぶん前に作ったきりですね。今年はズッキーニの苗を植えているので、実がなったら作ろうかな?

[ たんぽぽ ] 2018/07/13 20:09:44 [ 削除 ] [ 通報 ]

たんぽぽ様
ラタトゥイユを作るときズッキーニがなかったので、見た目の似ているキュウリを入れました。
今度はズッキーニを入れてリベンジします。

[ 西野宮子 ] 2018/07/14 13:32:00 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

山城VS三田

山城(京都)の筍をもらいました。

仕事柄いただき物の多い友人からの「お福分け」です。

 

 

 

私が作った木の芽和えと若竹煮です。

材料の筍は今日もらった山城産ではなく、火曜日に三田で掘ったものです。

念のために申し添えますが、私が掘ったのではありません。

こちらもいただき物です。

 

水曜日から筍料理が続いています。

今日の昼食は筍ご飯とお吸い物(姫皮・わかめ入り)。

夕食の一品は筍と鶏肉の炊いたん。

筍三昧の日々はまだまだ続きます。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11726061c.html
料理 | コメント( 4 ) | トラックバック( 0)

春の恵みの味わいですね。
ちゃんとぬかも入れてくださっていて、すぐ茹でられるようになっているのですね。
たけのこ尽くし、十分に味わってください😋

[ もりもり ] 2018/04/15 19:59:02 [ 削除 ] [ 通報 ]

もりもり様
糠にお目がとまるとは、よく見ておられますね。
三田産はきのう食べ終わり、山城産は今日のお昼の姫皮のお吸い物でスタートを切りました。
夜は木の芽和えの予定です。

[ 西野宮子 ] 2018/04/16 13:23:34 [ 削除 ] [ 通報 ]

昨年は奈良のタケノコをドッサリいただきました。ゆでてあったので助かりました。我が家には糠はあります。玄米を精米しているので。でも、竹の子はまだどこからも届きません・・・。

[ たんぽぽ ] 2018/04/18 20:13:12 [ 削除 ] [ 通報 ]

たんぽぽ様
きのう2度目の筍ご飯を作り、山城の筍を完食しました。
ご馳走様でした。
たんぽぽさんのお宅にも筍が届くといいですね。

[ 西野宮子 ] 2018/04/19 15:00:41 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

春の味覚

きのう、「はい、これ」とプリンの容器を渡されました。


中身は「つくし」でした。



こちらはスーパーで買った「菜の花あさり」。



昨夜は春の味覚を楽しみました。




つくし 菜の花 あさり
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11722172c.html
料理 | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

火曜日、つくしの姿を見たのですが、摘む時間がありませんでした。残念!!

[ たんぽぽ ] 2018/03/30 14:41:39 [ 削除 ] [ 通報 ]

たんぽぽ様
私はつくしをお料理したことがありません。
たんぽぽさんはもちろん経験者なんでしょ?
摘む時間がなくて残念でしたね。

[ 西野宮子 ] 2018/03/31 14:41:51 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

餃子の皮の包み方

先日餃子パーティをしたのは、友人が餃子の作り方を習ってきたことがきっかけでした。

習ってきたのは意外な作り方でした。

 

皮の縁に具の水分を付けて、ひだをつまんで閉じます

これまで私は水を付けていましたが、みなさんはどうしていますか? 

この日は教わった方法を試してみました。

おいしく出来上がるのかな?

しっかりと包めるのかな?

この方法にどんなメリットがあるのか、私には分かりませんでした。

 

 

向こう(人差し指)側の皮をつまんでひだを付け閉じていきます。

いつも私は手前にひだを付けています。

みなさんはどうしていますか?

慣れないのでこの日もいつもどおりにやりました。

 

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11719764c.html
料理 | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

私も手前にひだをつけますね。次男の包み方がうまかった!学校から帰るのを待って、包んでもらったことも。焼き上がりがきれいなのではないですか?お店の餃子のように。

[ たんぽぽ ] 2018/03/26 11:09:43 [ 削除 ] [ 通報 ]

たんぽぽ様
確かに、写真の「木の葉餃子」は美しい。

[ 西野宮子 ] 2018/03/26 11:24:32 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

いかなごの釘煮B

Z探偵団さんから「1キロ1300〜1400円で買えたのはいつ頃ぐらい前だったんでしょうか?」というお尋ねがありました。

 

私が買ったときの値段をお答えします。

レシートに表示されている値段です。

年代によって、またお店によって、税込だったり税抜きだったり、まちまちだと思います。

 

平成18年までは高くても1000円ぐらいまでで買えています。
19年 1800円
20年 1280円
21年 2980円…この年は高かったです
22年 1600円
23年 880円〜1280円
24年 980円
25年 1500円
26年 880円〜1380円
27年 980円〜1680円
28年 980円〜2500円

29年 税込3650円…高かったです

30年 税込3218円…高いですね(解禁日は2500円ちょっとだったのに)

 

クリックして拡大すれば読めると思います。↓



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11717336c.html
料理 | コメント( 8 ) | トラックバック( 0)

宮子さん、ありがとうございました。
キッチリ付けているんですね!見習いたいもんです参考になりました。

[ Z探偵団 ] 2018/03/10 17:35:07 [ 削除 ] [ 通報 ]

すごーい!
宮子さんさすが、几帳面です!!マメです!!
私も見習いたいもんです♡

[ ぷりんまろ ] 2018/03/10 18:34:20 [ 削除 ] [ 通報 ]

すごーい! 凄すぎます!
ぷりんまろさんと全く同じ感想です!

[ さとっさん ] 2018/03/11 0:18:46 [ 削除 ] [ 通報 ]

Z探偵団様
お役に立ててよかったです。

[ 西野宮子 ] 2018/03/11 14:14:27 [ 削除 ] [ 通報 ]

ぷりんまろ様
照れるな〜

[ 西野宮子 ] 2018/03/11 14:17:17 [ 削除 ] [ 通報 ]

さとっさん様
ある程度続けると、やめるにやめられなくなってしまいました。

[ 西野宮子 ] 2018/03/11 14:20:52 [ 削除 ] [ 通報 ]

この記録は素晴らしいですね。貴重ですよ。

[ k.imamura ] 2018/03/17 8:15:18 [ 削除 ] [ 通報 ]

k.imamura様
コメントをありがとうございます。
以前ほどは炊かなくなりましたが、今後も記録を残そうという気になりました。

[ 西野宮子 ] 2018/03/17 12:43:03 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

いかなごの釘煮A

 

いかなごの釘煮の記録というかメモを残しているので、並べて写真を撮りました。
写真をクリックして拡大しても、鉛筆書きなので薄くて読みにくいですね。


はじめのころは、調味料の分量を変えていろいろ試してみるのが面白くて、たくさん炊いていました。
何年かの試行錯誤の後、我が家のレシピが確定しました。


いかなご1キロ、醤油200cc、酒と味醂合計100cc、ザラメ200g、生姜または実山椒適量。

 

強火で炊く。

炊いている間は箸でまぜたり鍋を振ったりしない。

火を止めて、あら熱が取れたら鍋ごと軽く振り、煮汁を全体にからませる。

 

平成10年10キロ炊いています。
11年8キロ
12年7キロ
13年6キロ
14年5キロ
15年5キロ
16年3キロ
17年3キロ
18年3キロ
19年2キロ
20年3キロ
21年     …1キロ約3000円だったので炊きませんでした
22年2キロ
23年2キロ
24年3キロ
25年2キロ
26年3キロ
27年2キロ
28年4キロ
29年1キロ…1キロ約3500円だったので1キロだけ炊きました
30年1キロ(今現在)

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11717226c.html
料理 | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

西野宮子さん、1キロ1300〜1400円で買えたのはいつ頃ぐらい前だったんでしょうか?もし過去の価格を記録しているのでしたらご教授いただければ幸いです。去年は手が出ませんでしたが、今年は解禁当初1,980円で買うことができたので6キロほど炊いたようです。

[ Z探偵団 ] 2018/03/10 11:33:43 [ 削除 ] [ 通報 ]

Z探偵団様
お尋ねの件、お返事はブログ「いかなごの釘煮B」に書きました。
お役に立てば幸いです。

[ 西野宮子 ] 2018/03/10 14:39:19 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

いかなごの釘煮@

お昼前、出先からの帰りにスーパーへ寄ったら、売場にいかなご(生)が何パックか残っていました。

税抜きで2980円と結構高かったのですが、「また今度」なんて言っているといつになるか分からないので、思い切って買いました。

 

冷凍保存していた実山椒をたっぷり入れて炊きました。

 

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11717164c.html
料理 | コメント( 4 ) | トラックバック( 0)

美味しそうです♪食べたいな・・・。
実は炊いたことがありません。

[ ぷりんまろ ] 2018/03/09 18:34:51 [ 削除 ] [ 通報 ]

いかなごの釘煮っていうのは私は80年代いっぱいくらいまでまったく何のことか知りませんでした。西宮を離れた90年代初頭くらいからその名を聞くようになった記憶があります。
私が生まれつきの筋金入りの極貧のせいで知らなかっただけでしょうかね。そんな気がする。

[ せいさん ] 2018/03/09 19:31:25 [ 削除 ] [ 通報 ]

ぷりんまろ様
白ご飯の友にぴったりです。
いかなご(生)が高かいので炊かなかった年、釘煮を少しだけ買ったことがありますが、自分で炊いたのが一番口に合うと思いました。

[ 西野宮子 ] 2018/03/10 1:33:22 [ 削除 ] [ 通報 ]

せいさん様
いかなごの釘煮を春の風物詩として知っていても、ずっと食べたことはありませんでした。
いかなご(生)が西宮の魚屋さんやスーパーで売られるようになったのは90年前後からでしょうか?

[ 西野宮子 ] 2018/03/10 1:46:32 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

おせち料理

2家族がおせち料理を持ち寄ってお正月を祝いました。
午前10時に始まり、午後1
時ごろにお開きとなりました。

 

 

圧力なべで煮た黒豆を年末にいただいたので、それを詰めました。

土井勝さんのレシピで煮たふっくらつやつやの黒豆ではないので口に合わないかと心配していたのですが、想定外の人気でした。

しわが寄っていて噛みごたえがある(かたい)のですが、噛めば噛むほど味がしておいしいと。

私は土井さんの黒豆のほうが好きですが。

 

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11696995c.html
料理 | コメント( 4 ) | トラックバック( 0)

そのうち持ち寄りになればいいなあと思います。これ昨年のコメントと同じかも。年末に知人から黒豆の煮たのをいただきました。とってもとっても柔らかかった。でも私の煮た黒豆の方が私にはこのみの味。年に1度のことなので、別の煮方には変えられずにいます。

[ たんぽぽ ] 2018/01/02 20:02:30 [ 削除 ] [ 通報 ]

たんぽぽ様
黒豆を年に何回煮ても罰は当たりませんよ(笑)。
北海道産の黒豆は小粒だけれど手ごろな値段なので、別の煮方を実験してみてもいいかも。
以上、「小さな親切、大きなお世話」でした。

[ 西野宮子 ] 2018/01/03 11:41:25 [ 削除 ] [ 通報 ]

そうですね、土井勝さんの煮方でね。

[ たんぽぽ ] 2018/01/04 19:59:40 [ 削除 ] [ 通報 ]

たんぽぽ様
土井勝さんのレシピどおりに作ると、煮始めてから8〜9時間かかります。
コトコトと火鉢やストーブの上で煮るといいそうです。
私はカセットコンロの弱火をもっと弱火にして煮ています。

[ 西野宮子 ] 2018/01/05 17:52:22 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
西野宮子イメージ
西野宮子
プロフィール公開中 プロフィール
平成27年10月25日に人生初のブログを始めました。
年中無休を目指していますが、パソコン入院中の11日間と、サボりで1日、うっかりミスで1日、計13日お休みしました。

文字でお喋りを楽しみましょう。
みなさんとブログ版「井戸端会議」ができればいいなぁと思っています。
コメントをお待ちしています。

前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 8月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
今日 合計
ビュー 107 124291
コメント 2 5422
お気に入り 0 4

おすすめリンク