生まれも育ちも西宮

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/nishinomiyako

ありえないほどうるさいオルゴール店

今年になって読んだ73冊目の本は瀧羽麻子(たきわ あさこ)著「ありえないほどうるさいオルゴール店」です。
書名につられて読みたいと思いました。

 

本の帯にはこう書いてあります。
「北の町でひっそりと営業しているオルゴール店では、風変わりな主人が、“お客様の心に流れる曲”を小さな箱(オルゴール)に仕立ててくれます」。
店主には、お客様の心に流れる音が聞こえるのです。

 



瀧羽麻子

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11797176c.html
読書 | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

私がその店に行ったらやはりビル・エバンスの演奏した曲が仕立てられるのでしょうか。オルゴール化は難しそうやけど。
話は無関係にそれますが12/4の我が記事にいただいてたコメントについてこの場を借りてつぶやかせて下さい。
東夷国におけるウスター・ソースは常に「余計者」扱いです。
スーパー等なら一応置いてあるけどドラッグ・ストアとかコンビニとかではいまだに置いていないところが大半です。
2012年参入直後に私は90年代初頭東夷国のウスター・ソース事情についての記事を「ソースをめぐる冒険」と題して記事にしました。さほど事情は変わっていません。
今でも定食のコロッケにの卓ににウスターがありません。

[ せいさん ] 2018/12/10 0:02:58 [ 削除 ] [ 通報 ]

北の街でオルゴールといえば小樽が浮かびました。
北海道が舞台なのでしょうか

[ ぷりんまろ ] 2018/12/10 20:33:52 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

スマホを落としただけなのに(著者:志賀 晃)

北川景子主演の映画「スマホを落としただけなのに」はただ今、絶賛かどうかは知らないけれど、上映中。


その原作本(著者:志賀 晃)を読みました。
今年になって72冊目の本です。

 

主人公の彼氏(田中 圭)がタクシーの中でスマホを落としたことから物語は始まります。
スマホを拾ってくれた人が善人ならいいのですが、そうでなければ主人公のように
えらい目にあいます。
みなさん、スマホを落とさないように気を付けましょう。

ネット上での個人情報の流出にも気を付けましょう。


私は以前からパスワードを変えようと思っていたのですが、この小説を読んだのを機に、とりあえずブログとメールのパスワードを変更しました。

 



北川景子 志賀晃
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11796305c.html
読書 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

未来(湊かなえ著)

今年になって71冊目の本を読みました。
湊かなえのデビュー10周年記念作品「未来」です。


10歳の主人公に、20年後の自分からの手紙が届くところから物語は始まります。
翌日に返却期限が迫っていましたが、読み始めると面白かったので早く読めました。

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11794579c.html
読書 | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

10歳の主人公に20年後の自分から手紙が届くなんて、ちょっと怖くて面白いですね。

[ たんぽぽ ] 2018/11/30 20:07:07 [ 削除 ] [ 通報 ]

たんぽぽ様
実際に未来の自分から手紙が届いたのなら、この小説のジャンルはSFになりますね。
この小説は怖くはありませんが、面白いです。

[ 西野宮子 ] 2018/12/01 15:41:56 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

老後の資金がありません

垣谷美雨(かきや みう)著「老後の資金がありません」を読みました。
今年になって70冊目の本です。
読み始めたらやめられなくなり、一晩で読んでしまいました。


主人公の篤子夫婦には貯金が1200万円ありましたが、娘の派手婚と舅の葬儀の出費がかさみ残高は300万円に。
その上、夫婦はWリストラされました。


さて、結末はいかに?

 



垣谷美雨
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11790793c.html
読書 | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

読みましたよ。面白かったです!!

[ たんぽぽ ] 2018/11/21 21:01:24 [ 削除 ] [ 通報 ]

たんぽぽ様
老後はなんとかなるかな、と思える小説でしたね。

[ 西野宮子 ] 2018/11/25 16:11:17 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

こんなに変わった!小中高教科書の新常識

「こんなに変わった!小中高教科書の新常識」を読みました。
今年になって読んだ69冊目の本です。


鎌倉幕府の成立は「1192年(イイクニ)」ではありません。
英語の自己紹介は“My name is Miyako Nisino”ではありません。
富士山は「休火山」ではありません。


私が習った“常識”はもう古い!?
あなたの習った常識はいかがですか。

 



現代教育調査班
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11790146c.html
読書 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

オール讀物

勘違いから「オール讀物」を借りたことは11月4日に記事にしましたが、せっかく借りたのだから、読み切りで興味のあるものだけを読みました。


やくみつる(コミックエッセイ)
伊藤理佐(コミックエッセイ)
岸恵子(エッセイ)
酒井順子(エッセイ)
小池真理子(短編)

 



やくみつる 伊藤理佐 岸恵子 酒井順子 小池真理子
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11787759c.html
読書 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

男どき女どき

今年になって68冊目の本を読みました。
向田邦子著「男どき女どき」です。
短編小説とエッセイがおさめられています。


何事も成功する時を「男時(おどき)」、めぐり合わせの悪い時を「女時(めどき)」というそうです。


「平成15年10月15日51刷」とあることから、長い間「積ん読」状態であったことが分かります。
もっと早く読めばよかったと後悔させられる、いい内容でした。

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11787754c.html
読書 | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

巡り合わせの悪いとき「女どき」というなんて、なんて失礼な言葉!!男尊女卑も甚だしいですね・・・。

[ たんぽぽ ] 2018/11/08 21:50:25 [ 削除 ] [ 通報 ]

たんぽぽ様
ほかにもいろいろありますよ。
女々しい、女の腐ったよう、などなど。
腹立たしいですね。

[ 西野宮子 ] 2018/11/09 14:06:41 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

物知らずな私

最初にお断りを。

この記事のカテゴリーは「読書」ですが、今回は本を読んだ話ではありません。

 

第159回直木賞受賞作は島本理生(りお)著「ファーストラヴ」。
新聞記事を読み、興味を持った。


図書館で借りようと思って検索した。
単行本は予約数が非常に多いので、予約の付いていない「オール讀物」を借りた。

 


ページを開いてびっくり。
ファーストラヴという書名の後に「抄」の文字が付いている。
どうやら最初の部分(オール讀物だと約50ページ)だけが載っているようだ。
もの知らずな私、恥ずかしい。

 


改めて単行本の予約をした。
所蔵数11冊で、予約者数178人。
忘れたころに順番が回ってきそう。



第159回直木賞 島本理生 ファーストラヴ オール讀物
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11787272c.html
読書 | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

私も初めて知りました。

[ たんぽぽ ] 2018/11/08 21:54:35 [ 削除 ] [ 通報 ]

たんぽぽ様
同類の人がいて安心しました。

[ 西野宮子 ] 2018/11/09 14:13:04 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

芸人と俳人(又吉直樹・堀本裕樹共著)

今年になって67冊目の本、「芸人と俳人」を読みました。

芸人:又吉直樹が俳人:堀本裕樹から俳句を教わります。

本を読みながら私も又吉さんと一緒に俳句の勉強をしました。

 

西宮市立図書館の書誌紹介(内容紹介)より引用
<作家としても注目を集める芸人・又吉直樹が、気鋭の俳人・堀本裕樹に弟子入り。

ひそやかな2年の学びをまとめる。
書き下ろしエッセイや実作俳句20句も収録。

『すばる』連載「ササる俳句 笑う俳句」を単行本化。>

 

(この記事のカテゴリー:読書)

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11785329c.html
読書 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

バッタを倒しにアフリカへ(前野 ウルド 浩太郎著)

今年になって読んだ66冊目の本は、前野 ウルド 浩太郎著「バッタを倒しにアフリカへ」です。


著者の紹介(著書より抜粋)
<昆虫学者(通称:バッタ博士)。
アフリカで大発生し、農作物を喰い荒らすサバクトビバッタの防除技術の開発に従事。
モーリタニアでの研究活動が認められ、現地のミドルネーム「ウルド(〇〇の子孫の意)」を授かる。>


自分から進んで読むことのないジャンルの本ですが、友人が貸してくれるというので読むことにしました。
生物には興味のない私ですが、軽妙な文章にひかれて最後まで面白く読むことができました。


余談ですが、モーリタニア産のタコは日本に輸入されていて、スーパーの店頭に並んでいます。

 

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11784568c.html
読書 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
西野宮子イメージ
西野宮子
プロフィール公開中 プロフィール
平成27年10月25日に人生初のブログを始めました。
年中無休を目指していますが、パソコン入院中の11日間と、サボりで1日、うっかりミスで1日、計13日お休みしました。

文字でお喋りを楽しみましょう。
みなさんとブログ版「井戸端会議」ができればいいなぁと思っています。
コメントをお待ちしています。

前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 12月 次の月へ
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
今日 合計
ビュー 90 143592
コメント 0 5658
お気に入り 0 4

おすすめリンク

キーワード

エビスタ西宮 大起水産まぐろダイニング| 瀧羽麻子| マルちゃん 東洋水産 パリパリ 無限キャベツのもと うましお味| 銀座鈴屋 栗甘納糖 渋皮付栗甘納糖 黒豆しぼり| 北川景子 志賀晃| 下関巌流創菓「花冠の小次郎」 佐々木小次郎と宮本武蔵 地域共生館ふれぼの 巌流島上陸認定証| 種子島産安納芋| 障害者週間 脇谷みどり 希望のスイッチは、くすっ 晴れ ときどき認知症 ノーマライゼーション| パスコ 敷島製パン こだわりスイーツ| ミツカン 納豆 金のつぶ| ガス展 鯨の大和煮| スマホの再起動| こんなに変わった!小中高教科書の新常識| 天麩羅えびのや エビスタ| 篠山市住民投票 丹波篠山市| 阪急西宮ガーデンズ ゲート館| あんちんの釣鐘まんじゅう 安珍・清姫の鐘 紀州道成寺| 垣谷美雨| 夏井いつき先生の俳句生活〜よ句もわる句も〜 カタログハウス 通販生活| 和顔施 言辞施 和顔悦色施 無財の七施| 現代教育調査班| 神戸屋豆ぎっしり 第一パンマーラーカオ| 脱脂粉乳 鯨肉のノルウェー風| パスコ 三笠 ドラ焼き| 西宮ストークス 男子プロバスケットボールチーム 阿波座10番| やくみつる 伊藤理佐 岸恵子 酒井順子 小池真理子| 紀州南高梅 さとふる| 第159回直木賞 島本理生 ファーストラヴ オール讀物| ツマガリ| 木綿のハンカチーフ|