生まれも育ちも西宮

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/nishinomiyako

窓(乃南アサ著)

[moblog]
窓(乃南アサ著)

今年になって59冊目の本、乃南アサ著「窓」を読みました。
昨日記事にした「鍵」の続編です。

ヒロインは生まれつき耳が聞こえませんが、読話と口話ができ、普通校(高校)へ通っています。
ろう学校高等部へ通う少年も登場しますが、彼の主なコミュニケーション手段は手話です。
ふたりは「筆談」で会話します。

「鍵」も「窓」も面白かったので、続編が出ていれば読みたいと思いました。


鍵 乃南アサ

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11774029c.html
読書 | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

乃南アサは「音道貴子シリーズ」が好きです。全部持っていましたが処分したかもしれません・・・ぐすっ(T_T)
「鍵」のシリーズは未読です。読んでみたいと思います。

[ もりもり ] 2018/09/15 15:25:25 [ 削除 ] [ 通報 ]

もりもり様
「音道貴子」シリーズは読んだことはないと思いますが、テレビドラマで見たかもしれません。
もりもりさんのお気に入りなら面白そうですね。
「鍵」と「窓」は単なるミステリーではないので、おすすめです。

[ 西野宮子 ] 2018/09/15 16:45:47 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

鍵(乃南アサ著)

[moblog]
鍵(乃南アサ著)

乃南(のなみ)アサ著「鍵」を読みました。
今年になって58冊目の本です。
顔見知りの難聴女性に教えてもらったミステリーです。

主人公は聴覚に障害を持つ女子高生。
生まれつき耳が聞こえませんが、読話(話し手の唇を読むこと)と口話(話すこと)ができます。

読書の秋というにはまだ暑いですが、読書づいている私です。


聴覚障害 難聴
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11773749c.html
読書 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

ビブリア古書堂の事件手帖7(三上延著)

[moblog]
ビブリア古書堂の事件手帖7(三上延著)

今日も「カテゴリー:読書」の記事を投稿します。

三上延著「ビブリア古書堂の事件手帖7〜栞子さんと果てない舞台〜」を読みました
今年になって読んだ57冊目の本です。

7はこのシリーズの完結編です。
1〜6はBOOK・OFFで気長に探して読んでいたのですが、完結編の7は早く読みたくて本屋さんで買いました。
なのにずっと「積ん読」でした。

黒木華と野村周平で映画化され、11月1日公開予定だそうです。


篠川栞 五浦大輔
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11772760c.html
読書 | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

私、何処まで読んだかな?3だったかな4だったかな?

[ たんぽぽ ] 2018/09/08 20:41:08 [ 削除 ] [ 通報 ]

たんぽぽ様
最後の巻(7)まで読まないのですか?

[ 西野宮子 ] 2018/09/09 7:50:49 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

ビブリア古書堂の事件手帖6(三上延著)

[moblog]
ビブリア古書堂の事件手帖6(三上延著)

このところ「カテゴリ一:読書」の記事が続いていますが、毎日1冊ずつ読んでいるわけではありません。
記事がたまっているのです。

三上延(みかみ えん)著「ビブリア古書堂の事件手帖6〜栞子さんと巡るさだめ〜」を読みました(1〜5はすでに読んでいます)。
今年になって読んだ56冊目の本です。

古書にまつわる謎を解いていくビブリオミステリです。
何年か前のテレビドラマがきっかけで読み始めました。


篠川栞子 五浦大輔
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11772385c.html
読書 | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

次々と出ているんですね・・・。

[ たんぽぽ ] 2018/09/08 20:42:41 [ 削除 ] [ 通報 ]

たんぽぽ様
第7巻で完結するようです。

[ 西野宮子 ] 2018/09/09 7:54:33 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

俳句で夜遊びはじめました(岸本葉子著)

[moblog]
俳句で夜遊びはじめました(岸本葉子著)

岸本葉子著「俳句で夜遊びはじめました」を読みました。
今年になって55冊目の本です。

(カテゴリー:読書)


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11771986c.html
読書 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

今だけのあの子(芦沢央著)

[moblog]
今だけのあの子(芦沢央著)

芦沢央(おう)著「今だけのあの子」を読みました。
今年になって54冊目の本です。
連作ミステリです。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11771738c.html
読書 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

婚活中毒(秋吉理香子著)

[moblog]
婚活中毒(秋吉理香子著)

今年になって53冊目の本を読みました。
それは秋吉理香子著「婚活中毒」です。

「理想の男」「婚活マニュアル」「リケジョの婚活」「代理婚活」の4作品が収録されています。

本の帯に「人生はどんでん返しの連続だ」と書いてありました。
予想しなかった結末(どんでん返し)には驚かされました。


イヤミス
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11771557c.html
読書 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

英国一家、ますます日本を食べる(マイケル・ブース著)

先日、マイケル・ブースの書いた『英国一家、日本を食べる』を読み、今回は続編の『英国一家、ますます日本を食べる』を読みました。
今年になって読んだ52冊目の本です。

 

著者は英国生まれのトラベルジャーナリスト・フードジャーナリスト。
妻と2人の子どもを伴って来日し、日本を食べ歩きました。

 

2冊の本は表紙の色が違うだけだと思っていましたが、よ〜く見ると微妙に違うことに気が付きました。

例えば、飛行機の形状、忍者の位置とか。

みなさんはほかにも違いを見つけることが出来ましたか。

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11768223c.html
読書 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

英国一家、日本を食べる(マイケル・ブース著)

今年になって読んだ51冊目の本は『英国一家、日本を食べる』です。
著者のマイケル・ブースは英国生まれのトラベルジャーナリストでありフードジャーナリストでもあります。


彼は妻と2人の子どもを伴って来日し、東京→北海道→京都→大阪→福岡→沖縄と食べ歩きました。
外国人の目から見た日本や日本食を知ることは面白かったです。

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11767627c.html
読書 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

ウィスコンシン渾身日記(白井青子著)

白井青子(せいこ)著『ウィスコンシン渾身日記』を読みました。
今年になって50冊目の本です。

青子ちゃんは若い人には珍しく『自分の文体』を持っています。
これはけっこうすごいことです。
という、神戸女学院大学の教授であった内田樹氏の紹介文を読んで興味を持ちました。

作者は神戸女学院大学大学院卒業で、内田氏の教え子です。
夫の仕事の関係でウィスコンシン州マディソンに暮らした2年間の日記です。
夫婦2人で渡米しましたが、帰国時には親子3人になっていました。
現地の出産事情、語学学校や大学(聴講)に通った話が面白かったです。

マディソンと聞き映画『マディソン郡の橋』を連想しましたが、舞台となったのはアイオワ州マディソン郡でした。




マディソン郡の橋
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11765858c.html
読書 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
西野宮子イメージ
西野宮子
プロフィール公開中 プロフィール
平成27年10月25日に人生初のブログを始めました。
年中無休を目指していますが、パソコン入院中の11日間と、サボりで1日、うっかりミスで1日、計13日お休みしました。

文字でお喋りを楽しみましょう。
みなさんとブログ版「井戸端会議」ができればいいなぁと思っています。
コメントをお待ちしています。

前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 9月 次の月へ
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
今日 合計
ビュー 124 129201
コメント 1 5497
お気に入り 0 4

おすすめリンク