生まれも育ちも西宮

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/nishinomiyako

キットカットと手話

9月29日に読話講習会(全4回)が終わり、翌週から始まった手話講習会(全4回)もきのう終わりました。

ボランティア活動を通じて交流のある中途失聴・難聴者と手話でお喋りをしたいと思い、受講しました。

 

私は手話を少しかじったことがありますが、使わないと忘れてしまうので、この講習会はいい復習の場となりました。

難聴者講師の指導のもと、楽しい雰囲気で学習しました。

 

最終回のきのう、講師からご褒美にキットカットが配られました。

袋に手話(ハンド・トーク)表現が載っています。

私がもらったのは「がんばって!」でした。

これって、私の頑張りが足りないっていうことかな(笑)。

 

 

全部で以下の14種類あるそうです。

ハロウィン、I LOVE YOU、いいよ、おいしい、こんにちは、すき、手伝って、ありがとう、おつかれさん、きっと(約束ね)、ごめんね、ともだち、またね、がんばって。



ハンドトーク 手話 ハロウィン

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11674697c.html
ボランティア活動 | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

キットカットはバリエーションが多いですね。

[ たんぽぽ ] 2017/11/01 20:02:27 [ 削除 ] [ 通報 ]

たんぽぽ様
キットカットに関して詳しいのですね。
意外でした。

[ 西野宮子 ] 2017/11/02 15:29:25 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

歯ブラシ1本でできるボランティア

さとっさんのブログで「フィリピン医療を支える会 ハローアルソン(ハロアル)」の活動を知りました。
http://nishinomiya.areablog.jp/page.asp?idx=1000083070&post_idx_sel=11669704


ハロアルでは歯ブラシ・タオル・石鹸・鉛筆・ノート・クレヨン・色鉛筆・夏物衣類などの物資支援活動を行っています。

歯ブラシは「旅館・ホテルの使い捨てタイプも可」なので、送ることにしました。
あと、タオルと鉛筆とクレヨンとノートを少しずつ。

 

ハローアルソンのホームページ
http://helloalson.net/modules/about/index.php?content_id=6

 

「歯ブラシ1本でできるボランティア」と書いてあります。

こんな収集ボランティアなら気軽にできそうです。

因みに、写真に写っている歯ブラシは15本です。

 



ハローアルソン ハロアル
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11671498c.html
ボランティア活動 | コメント( 4 ) | トラックバック( 0)

西野宮子さん、こんにちは(^^♪
さっそく歯ブラシを送ってくれたんですね! それにタオル・鉛筆・クレヨンまでも! ハロアルのHPも貼りつけ頂きありがとうございます!!!!!!!
 今、歯医者に通っていますので菅原先生にお伝えしておきます。

[ さとっさん ] 2017/10/18 17:00:42 [ 削除 ] [ 通報 ]

さとっさん様
品目は多いけれど、数量は少しずつなんです。
恥ずかしいので菅原先生には言わないでください。

[ 西野宮子 ] 2017/10/19 11:27:58 [ 削除 ] [ 通報 ]

西野宮子さん、数量の多少にかかわらず、ハロアルを知って「私にもできる」と、実行されることが素晴らしいと思います。
 簡単なことでも なかなかできないのが現実ではないでしょうか。

[ さとっさん ] 2017/10/19 23:44:29 [ 削除 ] [ 通報 ]

さとっさん様
これからも西川きよしさんのように「小さいことからコツコツと」やっていきたいと思います。

[ 西野宮子 ] 2017/10/20 10:13:33 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

読話講習会C

きのう、4回目の読話(どくわ)講習会に参加しました。

最終回ということで言語聴覚士の先生が楽しいプログラムを用意してくださいました。

カルタ取りと川柳をしました。

 

カルタを読み手が声を出さずに読むので、口の形を読み取って札を取ります。

 

川柳は先生が用意してくださいました。

一部分が空欄になっているので、読み手の口の形を読み取って穴(空欄部分)を埋めます。

 

居場所なし ルンバにさえも 邪魔にされ

ちょっと待て 混ぜるな危険 嫁・姑

育休を 稼ぎで決めて 主夫となり

子の成長 増える学費に 減る会話

孫の名が 読めない 書けない 出てこない

パパも産む? 腹に耳当て 訊く娘

バーゲンと 貼ってやりたい 我が娘

スマートフォン 妻と同じで 操れず

胃カメラじゃ 決して見えない 腹黒さ

前向で」 駐車場にも 励まされ

  ↓

帰り道で見つけました。

 

読話とは話し手の口の形から話を読み取る方法です。

(「読唇術」というとピンとくる人もおられるかもしれませんね。)

中途失聴・難聴者にとって聞き取りの有効な手助けとなります。

私は健聴者ですが、ボランティア活動を通じて交流のある中途失聴・難聴者にとって分かりやすい話し方を学びたいと思い、受講しました。

 

来週から手話講習会が始まります。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11665935c.html
ボランティア活動 | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

このカルタ取りは、健聴者の方が有利になってしまいます。声を出していないつもりでも、かすかに聞こえるんですよ。取ろうかなどうしようかなと、いつも迷いつつも、「は〜い」と取っていました。なかなかできのいい川柳ばかりですね。きっと楽しい講習会だったことと思います。

[ たんぽぽ ] 2017/09/30 20:16:29 [ 削除 ] [ 通報 ]

たんぽぽ様
4人ずつのグループに分かれてカルタ取りをしました。
私たちのグループはたまたま健聴者ばかりでしたが、みなさん声を漏らさずに読むのがお上手でした。
川柳は私たちが作ったのではありません。
誤解のないように、「川柳は先生が用意してくださいました」と補足しておきました。

[ 西野宮子 ] 2017/10/01 14:46:43 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

読話講習会B

先日、3回目の読話(どくわ)講習会に参加しました。

言語聴覚士の先生の指導のもと、読話の練習をしました。

 

「私は西宮へ行きます」を一音ずつ区切って「わ / た / し / は / に / し / の / み / や / へ / い / き / ま / す」なんて話すと読み取りにくいです。

文節で区切って「私は / 西宮へ / 行きます」と話すと読み取りやすいです。

全部は読み取れなくても、「私」「西宮」というキーワードが読み取れれば、それがヒントになり、話の内容が想像できます。

 

文節で区切って話すことに関連して、「なぎなた読み」で遊びました。

文の区切り(句読点を打つところ)を変えると意味が変わります。

昔、「弁慶が、なぎなたを持って、刺し殺したとさ」を

「弁慶が、ぎなたを持って、し殺したとさ」と読んだ人がいたことから

「なぎなた読み」と言われているとか。

 

色っぽいのをいくつかご紹介します。

ぶらしわすれた。→ ブラ、し忘れた。ブラシ、忘れた。

ねえちゃんとふろはいった? → ネエチャンと風呂入った? ねえ、ちゃんと風呂入った?

次のは昔からありますね。

ここではきものをぬいでください → ここでは着物を脱いでください。 ここで履き物を脱いでください。

 

注)なぎなた文の引用に関して

言語聴覚士の先生はなぎなた文を「しろくまくんの部屋HP」から引用されたとのことでしたが、該当するものがありませんでした。

恐らく「しろくま君のホームページ」ではないかと思います。

私も覗いてみたかったのですが、そのサイトはすでに閉じられていました。

 

 無料イラストより

 

読話とは話し手の口の形から話を読み取る方法です。 

(「読唇術」というとピンとくる人もおられるかもしれませんね。)

中途失聴・難聴者にとって聞き取りの有効な手助けとなります。

私は健聴者ですが、ボランティア活動を通じて交流のある中途失聴・難聴者にとって分かりやすい話し方を学びたいと思い、受講しました。



なぎなた読み
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11660157c.html
ボランティア活動 | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

読話の練習をしていて、つくづく思うのは、読み取りやすい人と読み取りにくい人がいるということ。

[ たんぽぽ ] 2017/09/19 20:42:49 [ 削除 ] [ 通報 ]

たんぽぽ様
私は早口です。
もう少しゆっくり話そうと思ってはいるのですが。
読み取りやすい話し方ができるように心がけます。

[ 西野宮子 ] 2017/09/20 12:55:31 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

読話講習会A

2回目の読話(どくわ)講習会に参加しました。

 

言語聴覚士の先生から日本語の音節構造、母音口形、子音の調音点と調音方法についての説明を聞いた後、読み取りの練習をしました。

 

読話とは直接関係ないのですが、先生から興味深い話を聞きました。

 

言語聴覚士は嚥下障害のある人の訓練もします。

「パ」「タ」「カ」「ラ」と、出来るだけ大きくはっきりと発音することで、食べるために必要な筋肉をトレーニングできるそうです。

調べてみると、「パタカラ体操」という名前までついていました。

 

「のどちんこ」の正式名は「口蓋垂(こうがいすい)」だと知りました。
子どものころの私はよく扁桃腺を腫らしましたが、のどちんこと扁桃腺の違いが分かっていないので調べました。

口蓋垂(のどちんこ)の両脇にある扁桃腺(口蓋扁桃)という組織が炎症を起こして腫れてしまう病気が急性扁桃炎なんですね。

無料イラストより

 

読話とは話し手の口の形から話を読み取る方法です。 

(「読唇術」というとピンとくる人もおられるかもしれませんね。)

中途失聴・難聴者にとって聞き取りの有効な手助けとなります。

私は健聴者ですが、ボランティア活動を通じて交流のある中途失聴・難聴者にとって分かりやすい話し方を学びたいと思い、受講しました。



パタカラ体操 言語聴覚士
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11656525c.html
ボランティア活動 | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

3人の息子たちは皆のどが弱くて、長男はアデノイド、次男は扁桃腺の手術をしました。バタカラ体操は私が読話を受講していた時には聞いたことがないのですが、最近、「イキイキ体操」に参加している方から教わりました。

[ たんぽぽ ] 2017/09/10 20:04:59 [ 削除 ] [ 通報 ]

たんぽぽ様
子音の調音点と調音方法について説明されたとき、余談として「パタカラ」についてちょっと触れられただけです。
肝心の話より、こういう余談のほうが記憶に残ります。

[ 西野宮子 ] 2017/09/11 10:20:51 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

読話講習会@

読話(どくわ)講習会に参加しました。

 

読話とは話し手の口の形から話を読み取る方法です。 

(「読唇術」というとピンとくる人もおられるかもしれませんね。)

中途失聴・難聴者にとって聞き取りの有効な手助けとなります。

 

私は健聴者ですが、ボランティア活動を通じて交流のある中途失聴・難聴者にとって分かりやすい話し方を学びたいと思い、受講しました。

 

話し手が配慮すべきことを、配付された資料を基にまとめてみました。

 

1.  ゆっくり話す

2. 口を大きく開けて話す

3. 表情を付けて話す

4. 合図をしてから話す

  (後ろから肩をたたくと驚かせてしまうので、聞き手の視野に手をかざしたりする)

5. 動きながら話さない

  (うなづくなどして頭を動かすと口の位置が動き読み取りにくい)

6.  向かい合って相手の顔を見て話す 

7.  要点はまとめて話す(だらだらと話すと分かりにくい)

8.  話し手の背後に光を持ってこない(口の形が見えにくい)

9.  どなるような大きな声で話さない

  (普通の大きさの声ではっきりと話す。男性は高め、女性は低めの声で)

10.  数字や場所など重要なことは確認する(数字なら指で表したり、場所なら書いたりする)

 

講習会は後3回あるので、また報告します。

 

 

無料イラストより



西宮市コミュニケーション訓練事業
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11653564c.html
ボランティア活動 | コメント( 6 ) | トラックバック( 0)

私は失聴しておらず感音難聴もわりと軽度なんですが、話し声と物的な音が同時に耳に入るとわけがわからなくなります。風切音とか別の話し声とか。なので、これは聞き取れないという時は自然と相手の口を見るのが習慣になりました。
https://www.youtube.com/watch?v=b3u7o7zBH5U
これで試すと40〜12500Hz、16000〜18000Hzが聞こえますが、40以下と14000・15000Hzが穴が穿いたように聞こえません。
なので人の声を聞いて何と言ってるのか解らなくなる感音難聴だというのがはっきりします。

[ せいさん ] 2017/09/02 15:18:20 [ 削除 ] [ 通報 ]

せいさん様
せいさんが書かれているように、読話は聞き取りの助けにはなります。
でも、口を読むこと(読話)はとてもむずかしいです。
よく例に出されるのが「たまご、たばこ、ナマコ」です。

[ 西野宮子 ] 2017/09/03 13:32:14 [ 削除 ] [ 通報 ]

毎年参加していましたが、今年は参加していません。サークルでは難聴者の方々と、時々「読話」の練習をしています。

[ たんぽぽ ] 2017/09/03 19:25:41 [ 削除 ] [ 通報 ]

たんぽぽ様
継続は力なり。
サークルで練習を続けていると少しずつでも上達することでしょうね。

[ 西野宮子 ] 2017/09/05 11:43:52 [ 削除 ] [ 通報 ]

読話の練習のカルタ取りなんかをすると、読話教室でも、サークルでもぴか一ですよ。健聴者はかすかな息も聞こえるので難聴者より有利なんですよ。もちろん継続は力なり。10年くらいは参加したかも。要約筆記始める前から手話の読み取りのためにも参加していましたから。

[ たんぽぽ ] 2017/09/06 20:21:16 [ 削除 ] [ 通報 ]

たんぽぽ様
読話講習会はあと3回。
継続は力なり。
頑張ります。

[ 西野宮子 ] 2017/09/07 14:07:52 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

ご家庭に眠っている食品ありませんか?

図書館に「フードドライブ」のチラシが置いてありました。

 

ご家庭に眠っている食品があれば寄付しませんか?

実施日は10月28日、11月11日、11月12日です。

詳細は下記のチラシをご覧ください。

 

 

 



フードドライブ フードバンク関西 西宮市消費者団体連絡会
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11651641c.html
ボランティア活動 | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

賞味期限を調べてみます。

[ たんぽぽ ] 2017/08/28 13:45:16 [ 削除 ] [ 通報 ]

たんぽぽ様
自分にとって不要な食品が誰かのお役に立てると嬉しいですね。

[ 西野宮子 ] 2017/08/28 22:07:55 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

眠っている食品

社会福祉協議会 × フードバンク関西 コラボ企画
第5回チャリティーイベント☆フードドライブ 


ご家庭にある「眠っている食品」を活用してみませんか!


ご家庭で保存されている食品の中に、賞味期限は切れていないけれど「いらない食品」はありませんか? 

忘れられて保管されたままの「もったいない食品」はありませんか?
このような「食品」をご家庭から持ち寄っていただき、フードバンクを通じて必要としている福祉団体、施設に寄付する活動を「フードドライブ」と言います。
本会では、フードバンク関西と「要援護者食糧等分配支援事業に関する協定書」を提携し、食支援を必要とする人を支える活動を展開しています。

この度、昨年冬に引き続き、「フードドライブ」を実施します。

ご家庭に「眠っている食品」をぜひ社会のために還元してください。

ご提供いただいた食品は、フードバンク関西を通じて支援を必要とする人達に届けられます。

 

☆募集期間 平成29年7月5日(水)〜平成29年8月31日(木)

 

☆ご提供いただきたい食品
 ・常温で保管できるもの
 ・賞味期限まで1ヵ月位のもの
  (例)缶詰、レトルト、お米、乾物等
 ※生ものや野菜・果物などはお断りさせていただきます。
   また開封後のものもお断りさせていただきます。

 

☆回収場所 

 ・総合福祉センター1階 受付左横
 ・地域共生館「ふれぼの」2階 受付
 (回収用ボックスを設置しますので、その中に入れて下さい。)
  
私も少しだけですが協力しました。

 

 



フードドライブ フードバンク関西
goodポイント: 1ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11635765c.html
ボランティア活動 | コメント( 6 ) | トラックバック( 0)

西野宮子さん、とてもいい取り組みですよね。
私は農学部の食品工学科卒。賞味期限なんて気にしないで食べものはとても大事にしています。

[ たくじろう ] 2017/07/20 11:43:06 [ 削除 ] [ 通報 ]

たくじろう様
私の記憶が確かなら、お誕生祝にお嬢さんが買ってくださったケーキを、何日も絶ってから召し上がっていましたね。
賞味期限どころか消費期限も気にされていないことがよく分かるエピソードだと思いました。

[ 西野宮子 ] 2017/07/20 13:57:05 [ 削除 ] [ 通報 ]

余っているものありそうですが、ご縁がない種類の場所なので、どこのことだかよくわかりません。車でもちこめるのでしようか。

[ ふく ] 2017/07/20 18:45:46 [ 削除 ] [ 通報 ]

ふく様
西宮市総合福祉センターは染殿町にあります。
西宮健康開発センターの東隣です。
広い駐車場がありますが障害者優先です。
もし車で行かれるのなら事前に問い合わせたほうが無難かもしれませんね。
総合福祉センターの詳細はこちら↓
http://www.n-shakyo.jp/facility/?page_id=2

[ 西野宮子 ] 2017/07/21 9:56:01 [ 削除 ] [ 通報 ]

JR西宮駅をずっと43号線あたりまで下がったところですね。米とか素麺とか缶詰など、食料品は重いのですから、車でないと無理みたいです。余力があればいってみます。

[ ふく ] 2017/07/21 15:40:01 [ 削除 ] [ 通報 ]

ふく様
場所は書いておられるとおりです。
福祉センター筋という名前がついています。
余力があれば持っていってください。

[ 西野宮子 ] 2017/07/22 10:53:54 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

ボッチャ(スポーツ)

きのう西宮市総合福祉センターの一室で「ボッチャ」をしました。

正式なコートではないので、「壁に当たったらアウト」「机の下に入ったらアウト」というゆる〜いルールで行いました。

 

ボッチャはパラリンピックの正式種目です。

重度脳性まひの方や四肢重度機能障害の方のために考案されたヨーロッパ生まれのスポーツで、年齢や障害の有無にかかわらず、みんなが一緒に楽しむことができます。

 

 

赤チームと青チームで戦います。

先攻チームが目標球(白)を投げます。

その後、それぞれのチームが6球ずつ、投げたり、転がしたり、他のボールに当てたりして、自分のチームの球を目標球に近付けます。

目標球に一番近い球を投げたチームの勝ちです。

 

全部投げ終わったところです。

青い球が審判の右足の陰に隠れているので、5球しか見えませんね。

 

 

6回戦行い、得点の合計で最終的な勝敗が決まります。

(得点の数え方の説明は省略)

 

ボッチャをしたのは2回目です。

前回よりうまく投げられたので楽しかったです。



西宮市総合福祉センター パラリンピック
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11619900c.html
ボランティア活動 | コメント( 7 ) | トラックバック( 0)

この記事以前にも目にしたような?と思ったら二回目とあり納得。「ボッチャ」の名前の由来はなんでしょう??

[ ぷりんまろ ] 2017/06/15 19:57:13 [ 削除 ] [ 通報 ]

「ボッチャ」結構はまりますね。職員の方「ボチャ」って言われる方がいて、少し違和感を感じてしまいます。

[ たんぽぽ ] 2017/06/15 20:03:45 [ 削除 ] [ 通報 ]

そうそう、これ一式、結構高いんですよね。

[ たんぽぽ ] 2017/06/15 20:05:06 [ 削除 ] [ 通報 ]

ぷりんまろ様
前回 目にされたのは「囲碁ボール」ではないでしょうか?
3月23日に記事にしています。
ボッチャを初めてしたのはこのブログを始める前でした。
さて、「ボッチャ」の名前の由来をネットで調べました。
ボッチャはイタリア語で「ボール」のことで、ラテン語の“bottia”に由来するそうです。

[ 西野宮子 ] 2017/06/16 8:00:38 [ 削除 ] [ 通報 ]

たんぽぽ様
初めてボッチャをしたときに一式の値段を聞いてびっくりしたことを覚えています。
(具体的な値段は忘れましたが。)
今、価格com.で調べたら一番安くても30,240円でした。

[ 西野宮子 ] 2017/06/16 8:11:15 [ 削除 ] [ 通報 ]

確認いたしました!あれ?赤と青のボールだったような気がしていたんですが・・・。
ボッチャの意味もありがとうございました♪

[ ぷりんまろ ] 2017/06/16 18:58:42 [ 削除 ] [ 通報 ]

ぷりんまろ様
ボッチャというゲーム名の由来に何の疑問も感じなかった私。
ぷりんまろさんのお蔭で調べて、知ることができました。
こちらこそありがとうございました。

[ 西野宮子 ] 2017/06/16 23:21:57 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

手話辞典は大きくて厚くて重い

私は手話をかじったことがあります。

初心者向けの講座を修了し、手話サークルに入り何年間か活動しました。

 

そのときに買った手話辞典です。

大きさが分かるように郵便はがきと一緒に写しました。

 

 

8年前の家電エコポイントを商品券に交換して買いました。

形のあるもの、あとに残るものを買おうと思ったからです。

 

私は形から入るタイプではありませんが、大枚をはたいて辞書を買えば手話の勉強をやめるにやめられないのではないかと考えました。

でも、数年前に手話サークルをやめてしまいました。

 

せめてNHKのEテレで手話を勉強しようと思うのですが、なかなか実行できません。

こんな私を叱ってやってください(関西弁の言い回し)。

 



NHKEテレ みんなの手話 ワンポイント手話
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11609362c.html
ボランティア活動 | コメント( 10 ) | トラックバック( 0)

私も興味があります。
1冊覚えたら、コミュニケーションがとれるようになるのでしょうか??

[ ぷりんまろ ] 2017/05/28 18:29:09 [ 削除 ] [ 通報 ]

私の手話辞典は、今、知人が活用しています。活用してください。

[ たんぽぽ ] 2017/05/28 19:54:29 [ 削除 ] [ 通報 ]

ぷりんまろ様
単語を覚えることよりもコミュニケーションを取りたいという気持ちが一番大事だと思います。
たとえ拙い手話でも実際に使って聴覚障害者と「お喋り」することが上達の早道だと思います。
なんて先輩面して書きましたが、私は挫折者です。

[ 西野宮子 ] 2017/05/29 0:50:31 [ 削除 ] [ 通報 ]

たんぽぽ様
いつでも使えるように「座右の書」としてデスクに置いていますが、あまり開きませんね。
今後はもっと活用したいものです。

[ 西野宮子 ] 2017/05/29 0:56:21 [ 削除 ] [ 通報 ]

「ご自由に使ってやってください」、「叱ってやってください」って使いませんが、そういえばたまに聞きますが、言われてみると関西弁?。「叱ったってください」...。いつごろからそんなこと言うようになったんでしょう。テレビ???

[ ふく ] 2017/05/29 8:51:34 [ 削除 ] [ 通報 ]

ふく様
私は三代以上続く宮っ子ですが、自分では「〜してやってください」とは普段は言いません。
関西弁と言っても、関西は広いですから。
例えば「来ない」。
同じ関西でも、「きいひん」「こうへん」「けえへん」と方言はさまざまです。
どれが何弁か忘れましたが、神戸弁、大阪弁、京都弁だそうです。

[ 西野宮子 ] 2017/05/29 11:33:34 [ 削除 ] [ 通報 ]

私の職場は、コテコテの大阪弁を話すなかにありながら、同僚や仕事仲間が関東や中部をはじめ色々な場所の人が多かったのですが、叱ってやってください は、やはり関西だけではないような、中部でも使います。標準語でも使った表現のように思います。

[ ふく ] 2017/05/29 13:10:32 [ 削除 ] [ 通報 ]

ふく様
生徒の親が「うちの子を叱ってやってください」と先生にお願いするのは普通の言い回しですね。
生徒自身が「私を叱ってやってください」と先生に、自分自身のことなのに第三者的にお願するのは珍しい言い回しだと思います。
この珍しい言い回しは関西独特のものではなく、中部地方や標準語でも使う表現なのですか?
日本語は奥が深いですね。

[ 西野宮子 ] 2017/05/29 16:04:42 [ 削除 ] [ 通報 ]

関西に住んでいても、関西以外の人がおおいところにいるた、関西弁特有の表現はなんとなくわかります。これは違うような気がします。しかったってください。ですが、叱ったってちょもありかなと思いました。

[ ふく ] 2017/05/30 22:54:40 [ 削除 ] [ 通報 ]

ふく様
やっぱり日本語は奥が深いですね。

[ 西野宮子 ] 2017/05/31 14:08:10 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3  
このブログトップページへ
西野宮子イメージ
西野宮子
プロフィール公開中 プロフィール
平成27年10月25日に人生初のブログを始めました。
文字でお喋りを楽しみましょう。
みなさんとブログ版「井戸端会議」ができればいいなぁと思っています。
コメントをお待ちしています。

前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 11月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 152 81138
コメント 1 4408
お気に入り 0 3

おすすめリンク