生まれも育ちも西宮

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/nishinomiyako

魂の退社(稲垣えみ子著)

私は、アフロヘアーの記者である稲垣えみ子さんを新聞紙上で知っていた。


初めて読んだ本は節電生活痛快エッセイ『寂しい生活』だった。
今回読んだのは『魂の退社』。


彼女が2016年1月に朝日新聞社をやめた。
大学卒業以来28年間勤めていた新聞社を50歳でやめた。
夫なし、子なし。
そして無職になった。
「大企業を定年前にやめるなんて、もったいない」と思った私は、理由を知りたいと思った。


この本には、会社をやめてみて身の回りに起きたこと、「会社で働くこと」について書いてある。
彼女なりに考えた挙句に出した結論が「退社」。
それにしても、もったいない。

 




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11700487c.html
読書 | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

大きな組織は若い間は働きがいがあります。が、五十すぎると管理職になるかならないか。ある種の職種にとっては、どっちもどっちなんです。この方は何を取られたのでしょう。

[ ふく ] 2018/01/12 20:32:34 [ 削除 ] [ 通報 ]

ふく様
アナウンサーという仕事で考えてみたらピンときました。
ABCの道上洋三さんやMBSの角淳一さんのように定年までアナウンサーでいられる人は珍しくて、たいていの人は途中で他の部署へ異動したり、異動しなくても管理職になったらアナウンサーではいられません。
一生マイクの前で喋る仕事をしたい人は独立するしかありませんね。

[ 西野宮子 ] 2018/01/12 21:34:18 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
俳句、はじめました(岸本葉子著)
衣にちにち(群ようこ著)
おらおらでひとりいぐも(若竹千佐子著)
このブログトップページへ
西野宮子イメージ
西野宮子
プロフィール公開中 プロフィール
平成27年10月25日に人生初のブログを始めました。
年中無休を目指していますが、パソコン入院中の11日間と、サボりで1日、うっかりミスで1日、計13日お休みしました。

文字でお喋りを楽しみましょう。
みなさんとブログ版「井戸端会議」ができればいいなぁと思っています。
コメントをお待ちしています。

前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 1月 次の月へ
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
今日 合計
ビュー 29 103323
コメント 0 5002
お気に入り 0 3

おすすめリンク