生まれも育ちも西宮

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/nishinomiyako

福袋(朝井まかて著)

ある日、ラジオをつけると楽しいお喋りが聞こえてきました。
でも、私が聞くことができたのはほんの1分ぐらいで、すぐに終わってしまいました。


分かったことは、その人は『福袋』という本を書いた「朝井まかて」という作家だということだけ。
あんなに楽しいお喋りをする人が書いた本ならきっと面白いだろうと思い、早速図書館に予約しました。


本を借りてびっくり!なんと江戸が舞台の時代小説でした。
時代小説は食べず嫌いで読んだ記憶がありませんが、せっかく予約までして借りたのだから読むことにしました。


結論を言うと面白かったです。
「長編八作分の人生を、一冊に。」と帯に書いてあるように読みごたえがありました。
収められている八作のうちの一作が本のタイトルになった『福袋』です。

 

出戻りの姉は、とんでもない大喰らい。

『福袋』はそんな話です。

 



出戻りの姉は、とんでもない大喰らい。

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11706504c.html
読書 | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

北斎とか西鶴について書いた本をちらっと見たような気がします。北斎の娘の話はテレビドラマになったような...。たしか関西の方でした。

[ ふく ] 2018/02/02 15:44:05 [ 削除 ] [ 通報 ]

ふく様
調べてみると「眩〜北斎の娘〜」というドラマのようです。
原作は「眩(くらら)」。
どうも食指が動きません。

[ 西野宮子 ] 2018/02/03 21:28:04 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
英国一家、ますます日本を食べる(マイケル・ブース著)
英国一家、日本を食べる(マイケル・ブース著)
ウィスコンシン渾身日記(白井青子著)
このブログトップページへ
西野宮子イメージ
西野宮子
プロフィール公開中 プロフィール
平成27年10月25日に人生初のブログを始めました。
年中無休を目指していますが、パソコン入院中の11日間と、サボりで1日、うっかりミスで1日、計13日お休みしました。

文字でお喋りを楽しみましょう。
みなさんとブログ版「井戸端会議」ができればいいなぁと思っています。
コメントをお待ちしています。

前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 2月 次の月へ
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
今日 合計
ビュー 93 124277
コメント 2 5422
お気に入り 0 4

おすすめリンク