生まれも育ちも西宮

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/nishinomiyako

人間椅子(江戸川乱歩著)

seitaroさんが「阪急沿線文学散歩」で紹介された、江戸川乱歩著『人間椅子』を耳で読みました。
「耳で読んだ」と表現したのは、YouTubeで佐野史郎さんの朗読を聞いたからです。


今年になって49冊目の本になります。
『人間椅子』という書名は知っていましたが、詳しいストーリーは知りませんでした。


結末は、私にとっては意外でした。
ネタバレになるので、この小説をこれから読もうと思っている人は、ここから先は読まないでください。


江戸川乱歩の書いた『人間椅子』という小説には、ある男性が書いた『人間椅子』という小説が出てきます。
その男性は自分の書いたものを「拙い創作」だと言っていますが、私は体験談のような気がしてなりません。


文中に「ある理由の為に、原稿の方は、この手紙を書きます前に投函致しましたから、已に御覧済みかと拝察致します。」という記述があります。
「ある理由」というのが意味深で、まだ椅子の中にいるのではないかと想像してしまい、気味が悪くなりました。

 

 画像はAmazonより




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11765684c.html
読書 | コメント( 6 ) | トラックバック( 0)

子供の頃、どなたの作画だったのかもう忘れましたが漫画で読みました。そこそこ長い漫画でした。最初に接した江戸川乱歩作品でした。

[ せいさん ] 2018/08/09 19:49:21 [ 削除 ] [ 通報 ]

耳で読んでいただいてありがとうございます。佐野史郎さんは私の好きな俳優の一人です。「人間椅子」は西宮にも縁のある中山太一が始めたプラトン社の雑誌「苦楽」に発表された作品ですが、その年の作品では一番評価が高かったそうです。少し気味が悪く、谷崎潤一郎に似た世界。女性が読むとどうかなと思っておりました。

[ seitaro ] 2018/08/10 13:52:02 [ 削除 ] [ 通報 ]

せいさん様
子どものころ最初に接した江戸川乱歩作品が『人間椅子』とは、大人っぽいですね。
私は『少年探偵団』ですよ(笑)。

[ 西野宮子 ] 2018/08/10 16:51:39 [ 削除 ] [ 通報 ]

seitaro 様
私にとっての佐野史郎さんといえばいまだにテレビドラマの「冬彦さん」のイメージが強いのですが、今回認識を新たにしました。
『人間椅子』の朗読にぴったりでした。

[ 西野宮子 ] 2018/08/10 16:55:41 [ 削除 ] [ 通報 ]

乱歩、確か持ってたなあとゴソゴソ探すと「江戸川乱歩ベストセレクション1」(角川ホラー文庫)に「人間椅子」が入っていました。この中にも入っている「押絵と旅する男」もいいですよ。
記事にあるアマゾンの画像が怖いです・・・

[ もりもり ] 2018/08/16 18:34:16 [ 削除 ] [ 通報 ]

もりもり様
『押絵と旅する男』は、もりもりさんがブログで紹介された『ビブリア古書堂の事件手帖』に登場しますね。
『押絵と旅する男』はまだ読んでいません。

[ 西野宮子 ] 2018/08/17 1:32:01 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
英国一家、日本を食べる(マイケル・ブース著)
ウィスコンシン渾身日記(白井青子著)
フーテンのマハ(原田マハ著)
このブログトップページへ
西野宮子イメージ
西野宮子
プロフィール公開中 プロフィール
平成27年10月25日に人生初のブログを始めました。
年中無休を目指していますが、パソコン入院中の11日間と、サボりで1日、うっかりミスで1日、計13日お休みしました。

文字でお喋りを楽しみましょう。
みなさんとブログ版「井戸端会議」ができればいいなぁと思っています。
コメントをお待ちしています。

前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 8月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
今日 合計
ビュー 91 123745
コメント 2 5415
お気に入り 0 4

おすすめリンク