生まれも育ちも西宮

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/nishinomiyako

棄霊島(きれいじま)

著者の内田康夫が軍艦島(正式名称:端島)を見て、このタイトルを付けました。
棄てられた島であり、きれいな島であるところから、「棄霊島(きれいじま)」と。
おなじみの浅見光彦が謎を解く、100番目の事件だそうです。


内田康夫は自作解説の中で
「これら三作(西野宮子注:贄門島、氷雪の殺人、棄霊島)は単なる旅情ミステリーにとどまらず、『社会派』とうたってもいい、政治的な色合いの濃い、重厚さが加わっていると思っています」
と書いています。


30年ぐらい前に内田康夫の作品を何十冊と読みましたが、登場人物がこんなに政治について語る作品は初めてのように思います。
上下2冊、とても読みごたえがありました。
本を貸してくれた人に感謝!です。

 



内田康夫 浅見光彦 軍艦島

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11590985c.html
読書 | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

いい本に出会えるとな木か得した気分になりますね。私が買った本は2人の人に回し読みをしています。「私の(選んだ9本はいい本だ」と言ってくれています。たまたま平積みしている本を買っているだけなのですが、本屋さんでそれなりに選別されているのでしょう。最近良かったのは「しゃぼん玉」また別の人からも「良かったよ」とおかげさまでまわってきます。有難いことです。

[ たんぽぽ ] 2017/04/22 13:03:16 [ 削除 ] [ 通報 ]

たんぽぽ様
本屋さんで平積みされているのは新刊ですね。
私は新刊が出てから図書館で予約するので、なかなか読めません。
小川糸さんの「ツバキ文具店」も予約しているのですが、本を読む前にテレビドラマが始まってしまいました。
ほっこりできるドラマです。

[ 西野宮子 ] 2017/04/22 16:50:10 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
右手にメス、左手に花束
上流階級〜福久丸百貨店外商部
コンビニ人間
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
西野宮子イメージ
西野宮子
プロフィール公開中 プロフィール
平成27年10月25日に人生初のブログを始めました。
みなさんと文字でお喋りを楽しみたいので、コメントを心待ちにしています。

前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 5月 次の月へ
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
今日 合計
ビュー 81 62558
コメント 4 3451
お気に入り 0 3

おすすめリンク

キーワード