阪神間の植木屋です。剪定・草刈り・消毒・

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/uekiya-koshien

植木屋 昼食

昼食 お昼ご飯については 何を食べても店が出すようにしている。

自身の経験から、そのことがとてもありがたかったし、うれしかったし、一番印象に残っているから、時代は違えど同じだと思って、そうしている。

何を食べても良いと言ってるが、出てくる領収書は、コンビニが多い。おにぎり、手巻き寿司、スパゲッティー・・・たまに寿司屋のが出てくるが、回る寿司である。

遠慮でなく、それだけ、忙しく働いている証拠だと思う。ゆったりと、椅子に座って昼食をとる時間がないのだろう。たとえあったとしても、椅子に根を張るようなことは避けたいのだ。

食事というより、エネルギー補給の場なんであろう。


剪定、伐採、草刈り、消毒、抜根、料金、評判、オススメ、丁寧、神戸

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000139153/p11638227c.html
植木屋が行く | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

植木屋 甲子園

高校野球の各県代表校が続々と決まる季節、今日もゆっよう候補の秀岳館高校が、九州学院を下し、甲子園出場を決めた。 

泣いても笑っても一発勝負の夏、今年の夏も西宮が熱くなる!
頑張れ!

秀岳館高校の監督の鍛治舎さんは、NHKの名解説者でした。中学時代は次男もお世話になった、名監督、ミスターアマチュアです。最後の夏という噂、春夏春連続ベスト4、今年は頂点とってもらいたいです。



剪定、伐採、草刈り、消毒、抜根、料金、評判、オススメ、丁寧、神戸
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000139153/p11638098c.html
植木屋が行く | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

植木屋

[moblog]
人間も植物も弱酸性が良いのだという。恵の雨も弱酸性で、土壌は酸性に傾きやすい。
ところが、弱アルカリを好む植物も有るので、枯れてしまう事もあったり、酸性が強くなった土壌は、酸度を調整する必要がある。
オリーブも弱アルカリ マグネシウムが必要な植物である。


植木屋
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000139153/p11637647c.html
植木屋が行く | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

植木屋 無料見積

HPを少し改良しました。

料金表のところ、少しわかりやすく・・・・

といっても、実際の見積もりが一番性格なので、無料見積を活用ください。


剪定、伐採、草刈り、消毒、抜根、料金、評判、オススメ、丁寧、神戸
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000139153/p11637042c.html
植木屋が行く | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

植木屋 新人君

昨年8月に入った新人君が、今月で1年になる。

当店の場合は、将来独立をしてもらうために来てもらっているので、最初から、チラシ巻き、お客様対応、道具のメンテナンス等 剪定作業以外の掃除、技術的な裏打ちが必要な部分以外すべて経験してもらう。

もちろん、独立を目指しているのだから、荒天以外は休みなしである。この一年、一度だけ、疲れで1日休んだ覚えがあるが、荒天でも機械のメンテ、勉強会参加とほぼ休みなしで頑張っている。

当店では、新人でも最初から鋏を持ってもらう。伐採、抜根で抜いてしまうような樹木から、剪定作業をさせていただく。ベテランの先輩の見よう見まねで、切り方を覚えていく。失敗しても、その樹木は切り倒してしまうのだから、お客様には、ご迷惑はおかけしない。

半年もすると、お客様から、『その木、やっぱり残しとくわ。剪定してるのみたら置いておきたくなった』という、ありがたいお言葉がもらえる。きれいに剪定出来た木を見て、切り倒すのがもったいなくなったのである。

技術を正しく早く身に付けるには、正しい方法での反復練習が一番である。それも、一番切りたいと思うときに効果がある。先輩がきれいに剪定しているのを見て、自分も切ってみたいと思わないなら、この仕事向かないと思う。

いつまでも、先輩の切った枝を掃除しているだけでは、技術の上達もなく、つまらない。自分で切っていないのに、その道具をメンテナンスなんてしたくないだろう。自分で切るからこそ、道具も磨くし、大事にするのである。

最初から、営業活動を経験させるのも、ご依頼をいただくのにどれだけ努力がいるのかを、肌身で感じ取ってもらう。それが体験できれば、本当の意味で、真心こめた、丁寧な見積もり説明、作業ができるのである。

誰かがとってきた依頼を、ただ、指示待ち族になり、仕事をするのが、いかに効率が良くないか知っているし、僕には合わないと思っている。(指示待ち族の適性がある人たちもいらっしゃり、否定ではありません)

当店のようなやり方をされている、植木屋、造園屋さんはないと思う。なぜなら、組織として利益を上げていくには、悪く言ううと従業員である、職人さんを平均して長く勤めてもらうことが、一般的な風潮で、会社ばかりが大きくなる。

当店は、『お客様に満足していただける事』を第一としているので、上記のそれにはそぐわない。それぞれの職人が、一から九まで、自分でするからこそ、技術習得も早く、効率がいいと考えている。十の部分だけは、私がする。

昨日、この新人君が、大きな仕事を営業してきた。何を気に入られたのか?(この一年の頑張りを見ていてくれたのだろう)、先月剪定に入ったお客様の紹介で、西宮市内の会社のお庭の剪定作業で、先輩たちの応援をもらわないとできないくらいで、本人も驚いている。

想定内の出来事であるが、本人は驚いているのである。こういったありがたい経験が、次の飛躍につながる。(逆になめてしまうこともある)ぜひ、この経験を、2年目の大きな飛躍につなげてほしい。








剪定、伐採、草刈り、消毒、抜根、料金、評判、オススメ、丁寧、神戸
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000139153/p11636222c.html
植木屋が行く | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
植木屋甲子園イメージ
植木屋甲子園
プロフィール公開中 プロフィール
お客様からの、『奇麗になった』『ありがとう』等々のお言葉に感謝です。少しづつ記録していきます。

【植木屋甲子園】
西宮市・芦屋市・神戸市・尼崎市・宝塚市・伊丹市・川西市
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 7月 次の月へ
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
今日 合計
ビュー 14 4410
コメント 0 10
お気に入り 0 1

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト