setsvx

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/eyhseve

 台湾の市場調査会社、トレンドフォースがこのほどまと

 台湾の市場調査会社、トレンドフォースがこのほどまとめたスマートフォン市場に関する最新のリポートによると、今年7〜9月期における世界のスマートフォン出荷台数は(速報値)は3億3200万台となり、4〜6月期から9.1%増加した。   米アップルが最新モデル「iPhone 6s」「同6s Plus」を発売したのは9月25日だったが、それを前に韓国サムスン電子や中国ファーウェイ(華為技術)などが相次ぎ旗艦モデルの新製品を発売した。  iPhone6sケース   その結果、7〜9月期の市場は大いに活気付いたという。 ■「サムスンの出荷台数、初の減少」   出荷台数のメーカー別ランキングの上位5社を見ると、サムスンが24.6%の市場シェアで首位となり、これにアップルが13.7%のシェアで続いた。 iphone6 ケース   そして3位以降はいずれも中国勢で、ファーウェイ、シャオミ(小米科技)、レノボ・グループ(聯想集団)の順。シェアはそれぞれ、8.4%、5.7%、5.7%だった。iphone6 ケース 激安   このうちサムスンは依然首位を維持しているものの、低・中価格帯製品の分野で中国のライバルメーカーにシェアを奪われている。また推計によると、サムスンの旗艦モデルである「Galaxy S」シリーズの今年の年間出荷台数は4000万台にとどまる見通しという。  iPhone6プラスカバー   これにより、サムスンの今年の年間出荷台数は前年比1%減の3億2350万台になると予測。同社の出荷台数が前年実績を下回るのは、初めてのことだとトレンドフォースは指摘している。 グッチ iphoneカバー ■アップルはiPhone 6sが好調   一方、アップルのiPhone 6sシリーズは、新たに加わった「3D Touch」機能や、ローズゴールドのモデルが消費者を引き付けている。   トレンドフォースによると、iPhoneは前モデルの6シリーズが爆発的に売れたことから、6sシリーズがその記録を塗り替えることは難しいという。 iPhone6sケース   だが引き続き採用された大型画面が寄与し、アップルの今年の年間出荷台数は前年比16%増の2億2370万台に達すると、トレンドフォースは予測している。 なぜ『iPhone』は圧倒的な人気なのか?「3D Touch」に秘められたアップルの強さ 『iPhone』からホームボタンが無くなる日はくるのか?  新型『iPhone』が発売されてから3週間あまりが経った。 iphone6sケース売れ筋は3大通信会社ともに『iPhone 6s』の64GBモデルで、携帯電話の売り上げ上位10台を『iPhone』が占めるという圧倒的な人気を誇っている(『iPhone 6』も含む)。 ■初代『iPhone』から操作方法は完成の域にあった  初代『iPhone』が2007年にアメリカで発売され、翌2008年7月11日にソフトバンクが2代目となる『iPhone 3G』を日本で初めて発売した。 超人気 マイケルコースiPhone6ケースその日から日本での『iPhone』の歴史が本格的に始まった。当時はブラックベリーなど各社がスマートフォンを開発し、販売を行っていた中、なぜ『iPhone』が爆発的に売れたのか? その理由は、iTunesの普及などいくつも考えられるが、ハードとして圧倒的だったのは操作性の高さだろう。 iphone6ケース  初代モデルから採用された、静電容量方式の「Multi-Touch」がとにかく正確で、動作がスムーズであった。トンとワンタッチする「タップ」、トントンと2度押しする「ダブルタップ」、長押しの「ロングタップ」、サッと振り払う「フリック」、アイコンの移動などに便利な「ドラッグ」など、指1本で大まかな操作ができた。 iPhone6ケースグッチしかも2本指で行う「ピンチイン」や「ピンチアウト」、さらに指を3本、4本と使う操作までこなすのだ。それも素早く、確実に…。 人気ブランド携帯カバー  ユーザーが1度『iPhone』を使い、完成された操作性の魅力にはまったなら、もうほかのスマートフォンには戻れない。ましてや“ガラケー”にも戻れないのだ。 、『iPhone』ユーザーが爆発的に増え、ソフトバンクに続き、au、ドコモが採用することへとつながっていった。 ■『iPhone』史上初めて液晶が圧力を感知する  初代ですでに完 iphone6s ケースそれが「3D Touch」なのである。『iPhone 6s/6s Plus』に採用された3D Touchとはどのようなものなのだろうか?  まずは、その構造を確認してみよう。  『iPhone 6s/6s Plus』の画面を指で押すと、カバーガラスが微妙に曲がり、「3D Touch搭載 Retina HDディスプレイ」が指先から加わったその圧力を認識する。そして、その奥にあるディスプレイ用のバックライトに組み込まれた「容量性センサー」が圧力の微妙な変化を測定し、そのデータはタッチセンサーと加速度センサーからの信号と組み合わされ、正確で連続的な反応を生み出すのだ。|  iphone6sケース従来の静電容量方式を活用したタッチ操作に、感圧式の操作が加わったことで、新型『iPhone』は登場以来の大きな変化が加わったともいえよう。


 台湾の市場調査会社、トレンドフォースがこのほどまと
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000140940/p11317981c.html
gysve | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
オリジナリティー溢れるレザーアイテム
慌てず実行!【iPhone&Android】の賢い探し方
  1  |  2  |  3  
このブログトップページへ
ブログイメージ
esysgvseff
前年  2016年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2016年 次の年へ 前の月へ 6月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 1 125
コメント 0 0
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

[西宮] mamimiのお部屋
[西宮] 西宮聖地巡礼

最新のコメント

おすすめリンク