サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nishinomiya.areablog.jp/version2

それって、CPUの忖度?


『インテル製のプロセッサーに内在するバグによって、

秘匿性の高い情報がハッキングされるリスクが明らかになった。』


解説記事からの引用―

最近のインテル製プロセッサーは、コードの実行中に

アルゴリズムが入力データ(例えば、口座に取り引きに必要な

残高があるか否か)に基づいて2つに分岐するポイントに来ると、

「投機的に」分岐先の処理を実行し、処理時間を高速化している。

言い換えれば、当てずっぽうであらかじめ命令を実行しているのだ。

間違った道を進んでいたことがわかると

プロセッサは分岐点まで戻り、投機的に実行していた結果を破棄する。

別解説記事からの引用―

「プロセッサーの処理はたいていの場合は先に進みすぎており、

実行すべきでない命令を実行しています」と、

脆弱性を発見した研究チームのメンバーでグラーツ工科大学の

ダニエル・グラスは述べた。


これって、

CPUがユーザーに対して

【忖度】してるってことか?:笑







インテル

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000146826/p11698596c.html
自由帳 | コメント( 0 )
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
アオスジタテハ、へばってた。
スケルトンかたつむり
本格的に鳴きはじめたようだ。
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
tyu2イメージ
にゃぁ〜ぁ

前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 7月 次の月へ
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
今日 合計
ビュー 1401 264185
コメント 2 925
お気に入り 0 4

カテゴリー一覧

お気に入りリスト

おすすめリンク